• 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
bitFlyer

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所ランキングはこちら!
1つしか取引所を持っていない方は、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!大切な資産を失うリスクがあります!
 

【1位】Zaif取引手数料の安さNo.1!本サイトオススメ!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)セキュリティが世界一と評価!

【3位】GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!大手GMOグループで安心・安全!

 

▼草コインが買える注目の海外取引所!

【注目】Binance全銘柄の手数料が0.10%!人数制限付きで新規登録再開!

ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料

仮想通貨取引所の手数料には様々な種類があり、ビットフライヤーには以下の6種類の手数料があります。手数料は重要であるものもあれば、それほど気にする必要がないものもありますので、まずは各種手数料の「重要度」と「評価」を理解しておきましょう。

 

bitFlyerの手数料の評価
手数料 重要度 評価
ビットコイン売買手数料 普通
アルトコイン売買手数料 ※やや高い
スワップポイント 普通
ビットコイン送金手数料 普通
日本円入出金手数料 普通
口座開設手数料 無料

 

上記の表を見ても分かる通り、ビットフライヤーの手数料は他の取引所と比較したときに、特別高いという訳ではありません。ただし、詳しくは後述しますが、アルトコインを販売所で購入したときの手数料はやや高いため、その点だけは認識しておきましょう。

bitFlyerの登録で分からないことがあったら【ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

 

また、各種手数料の比較は、【仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料を比較】でしてありますので、手数料が安い国内取引所について知りたい方は、是非参考にしていただければと思います。

 

ビットコイン
仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料を比較!29社を徹底検証!
仮想通貨・ビットコイン取引所の選び方 仮想通貨・ビットコイン取引所を選択するときは、「手数料」という切り口以外にも、考慮するべき項目が多数あります。以下の表にまとめてありますので、...

 

ビットフライヤーの6つの手数料について細かく見ていきたいと思います。

 

ビットコイン売買手数料(普通)

ビットフライヤーでは、ビットコインを取引所と販売所で購入することができます。「販売所」とは、ビットフライヤーからビットコインを購入する場所のことで、「取引所」とは、ビットフライヤーの利用者同士でビットコインを売買する場所になります。

販売所と取引所では、手数料が全く異なっていますので、それぞれ見ていきましょう。

 

また、販売所と取引所の違いについてさらに詳しく知りたい方は、【ビットコイン「販売所」と「取引所」の違いと使い方】を参考にしてください。

 

仮想通貨取引所
ビットコイン「販売所」と「取引所」の違いと使い方を徹底解説!
仮想通貨・ビットコイン販売所と取引所の違い 仮想通貨・ビットコインの「販売所」と「取引所(交換所)」には、明確な違いがありますが、各社の表現も違っていますので、なかなか理解すること...

 

取引所の場合

ビットフライヤーの取引所の手数料は、直近1か月間の取引量によって、0.01%から0.15%までの間で変化します。またmaker手数料とtaker手数料に差異はありません。

 

maker手数料とは、値段を指定して注文する指値注文をしたときにかかる手数料のことで、taker手数料とは、値段を指定せずに注文する成行注文をしたときにかかる手数料のことです。

 

さらに詳しく2つの手数料の違いについて知りたい方は、【make・taker手数料(指値注文・成行注文)の意味と違い】を参考にしてください。

 

maker/taker手数料の説明画像
make・taker手数料(指値注文・成行注文)の意味と違いを徹底解説!【仮想通貨取引】
maker手数料、take手数料(指値注文/成行注文)の意味と違い 仮想通貨取引所を利用していると、maker手数料、taker手数料という記載を頻繁に見かけると思います。それぞれ...

 

ビットフライヤーの取引所の手数料
直近1か月の取引量 手数料
10万円未満 0.15%
10~20万円未満 0.14%
20~50万円未満 0.13%
50~100万円未満 0.12%
100~200万円未満 0.11%
200~500万円未満 0.10%
500~1,000万円未満 0.09%
1,000~2,000万円未満 0.07%
2,000~5,000万円未満 0.05%
5,000~1億円未満 0.03%
1億円~5億円未満 0.02%
5億円以上 0.01%

 

国内取引所でビットコイン現物取引の手数料が最も安いのは、手数料がマイナスで取引の度に逆にビットコインをもらうことができる、Zaifになります。そのため、ビットコインをお得に購入したい人は、ビットフライヤーと合わせて、Zaifも登録しておくことをおすすめします。

 

Zaifの登録で分からないことがあったら【Zaif(ザイフ)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

 

販売所の場合

販売所の実質的な手数料は、「スプレッド」と呼ばれる購入価格と売却価格の差になります。記事執筆時のビットフライヤーでのビットコインの「購入価格」は、944,308円になっており、売却価格は893,712円になっています。そのため、実質的な手数料は50,596円かかっていることになります。

ビットフライヤースプレッド

販売所での手数料は、取引所での手数料と比較して大幅に高いため、ビットフライヤーを利用してビットコインを購入するときは、取引所を利用することをおすすめします。

 

アルトコイン売買手数料(※やや高い)

ビットフライヤーは、イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)イーサリアムクラシック(ETC)モナコイン(MONA)LISK(LSK)の6種類のアルトコインの取り扱いをしています。

 

イーサリアムとビットコインキャッシュは、bitFlyer Lightningという取引ツールを利用することで、取引所形式で購入することができ、0.2%という安い手数料で取引することができます。

 

しかし、それ以外の4種類のアルトコインは、販売所でしか購入することができないため、実質的な手数料は先ほど説明した、売値と買値の差である「スプレッド」になるため、手数料は高いと言えます。

 

ビットフライヤーのアルトコイン売買手数料
通貨ペア 種別 手数料
ETH/BTC 取引所

(bitFlyer LIghtning)

0.2%
BCH/BTC 取引所

(bitFlyer LIghtning)

0.2%
ETH/JPY 販売所 スプレッド
BCH/JPY 販売所 スプレッド
LTC/JPY 販売所 スプレッド
ETC/JPY 販売所 スプレッド
MONA/JPY 販売所 スプレッド
LSK/JPY 販売所 スプレッド

 

アルトコインを安い手数料で購入したい人は、海外取引所の利用をおすすめします。特に中国の取引所であるバイナンスは、100種類以上の銘柄を手数料0.1%で購入することができます。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

スワップポイント(普通)

ビットフライヤーでは、bitFlyer Lightningを利用して、手元資金以上の大きな金額の取引ができる「レバレッジ取引」をすることができます。

レバレッジ取引には、「スワップポイント」と呼ばれる金利が一定期間ごとにかかり、ビットフライヤーの場合は1日あたり、0.04%のスワップポイントが発生します。

 

ビットフライヤーのスワップポイント
ポジション 手数料
ロング 0.04%/日
ショート 0.04%/日

 

また、スワップポイントが安い取引所について知りたい方は、【仮想通貨・ビットコインFXの取引所を比較】を参考にしてください。追証の有無やレバレッジ倍率なども比較しています。

 

仮想通貨
仮想通貨・ビットコインFXの取引所を比較!【レバレッジ最大倍率・追証】
仮想通貨・ビットコイン取引所の選び方 仮想通貨・ビットコイン取引所を選択するときは、「FX・レバレッジ取引」という切り口以外にも、考慮するべき項目が多数あります。以下の表にまとめて...

 

ビットコイン送金手数料(普通)

ビットコインを送金するときに、ビットフライヤーの場合は、0.0008BTCかかります。

 

ビットフライヤーのビットコイン送金手数料
送金手数料 0.0008BTC

 

ビットフライヤーの送金手数料は他の取引所と比較して高くはありませんが、GMOコインなど送金手数料が無料である取引所もありますので、送金手数料を気にする人は、GMOコインの利用をおすすめします。

GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。

 

また、ビットコインの送金手数料については、【ビットコインの送金手数料や送金方法の手順、かかる時間】でも詳しく解説していますので、そちらも参考にしてください。

 

ビットコインの送金方法、送金手数料の説明画像
ビットコインの送金手数料や送金方法の手順、かかる時間を徹底解説!【永久保存版】
ビットコインの送金手数料を比較 ビットコインの価格が高騰するにつれ、送金手数料も高額になっています。例えば、コインチェックでビットコインを送金する場合、0.001BTCかかるため、...

 

日本円入出金手数料(普通)

ビットフライヤーは、銀行振込とクイック入金をすることができ、それぞれの手数料は以下のようになっています。

 

ビットフライヤーの入金手数料
入金方法 手数料
銀行振込 銀行の振込手数料
クイック入金 324円

 

ビットフライヤーの入金については、【ビットフライヤー(bitFlyer)の入金方法、反映時間、手数料、注意点】に詳しくまとめていますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

bitFlyer
ビットフライヤー(bitFlyer)の入金方法、反映時間、手数料、注意点
ビットフライヤー(bitFlyer)の入金の手数料、反映時間、上限金額 ビットフライヤーで日本円を入金するとき、銀行口座からの入金とクイック入金の2種類の方法がありますが、手数料と...

 

また、ビットフライヤーの日本円出金手数料は、三井住友銀行の口座に出金する場合、安くなります。

 

ビットフライヤーの出金手数料
銀行 手数料
三井住友銀行 216円(出金額が3万円未満)

432円(出金額が3万円以上)

三井住友銀行以外 540円(出金額が3万円未満)

756円(出金額が3万円未満)

 

日本円入出金の手数料は、取引手数料やスワップポイントと比較して重要度が低いため、それほど気にする必要はないでしょう。

口座開設手数料(無料)

ビットフライヤーの口座開設手数料は、他の国内取引所と同じく無料になっています。ビットフライヤーは高セキュリティで知られている安心・安全の取引所で、取引量も多いため、まだ登録していない人は、口座開設しておきましょう。

 

bitFlyerの登録で分からないことがあったら【ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

 

ビットフライヤーの関連記事一覧

 

 

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

 

【1位】Zaif


モナコインや独自トークンなど、他の取引所で取り扱いが少ない期待銘柄の取り扱い!手数料が主要3社で最も安いのも魅力!

【2位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

関連キーワード
取引所の関連記事
  • アルトコイン取引所ランキング02
    アルトコイン取引所おすすめランキング!仮想通貨ごとに徹底比較!
  • GMOコインロゴ
    GMOコインの出金方法、手数料、反映時間を徹底解説!
  • GMOコインロゴ
    GMOコイン送金方法、手数料、反映時間、受取方法を徹底解説!
  • GMOコインロゴ
    GMOコインの手数料は高い?各種手数料を徹底解説!
  • GMOコインロゴ
    GMOコインの入金方法・反映時間・手数料を徹底解説!
  • zaifのマイナス手数料
    Zaif(ザイフ)の手数料は高い?各種手数料を徹底解説!
おすすめの記事