bitflyerでイーサリアムを購入するには?利益を出しやすい方法を紹介!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

2021年はイーサリアムの年といっても過言ではないほど、イーサリアムの価格は大きく上昇しています。2020年12月に行われた、イーサリアムの関係者でも話題となっていたイーサリアム2.0へのアップデートをきっかけに、より今後に期待が高まっている状況となっています。

 

市場全体を見てもメジャーな仮想通貨は上昇の一途を見せており、日経新聞や街中のニュースでも色々目にすることも多くなっていることでしょう。

 

イーサリアムもそろそろ買っておきたいと考えている投資家も多く、海外の機関投資家でもイーサリアムの長期的な期待から少しずつビットコインと併せて保有する枚数を多くしている投資家も増えつつあります。

 

ここではイーサリアムを購入するためにはというテーマでbitflyerを例として解説します。

 

一般的な買い方から、投資家も利用するようなより利益を出しやすい買い方まで初心者向けに説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

bitflyerでイーサリアムを購入するには?利益を出しやすい方法を紹介!

 

最初にbitFlyerの特徴について解説致します。

 

bitflyerは日本でシェアNo1の仮想通貨取引所

 

日本にはCoincheckやGMOコインなど数多くの仮想通貨取引所があります。bitFlyerはその中でビットコイン取引量5年連続日本一を誇る日本最大の仮想通貨取引所です。

 

ビットコインは取引規模が世界で最も大きな仮想通貨であることから、bitFlyerは日本でシェアNo1と言ってもいいでしょう。

 

現在日本の暗号資産レバレッジ取引のシェア率もbitFlyerがNo1です。bitflyerがそれほどレバレッジ取引を行いたいユーザーから支持されていることの現れです。

 

bitflyerは信頼性が高い

 

bitFlyerがシェアNo1を誇る背景には、経営陣をはじめとする信頼性の高さがあります。

 

bitFlyerを立ち上げた加納裕三氏はプロのトレーダーであると共に金融系ソフトウェアの専門家です。加納氏は東京大学大学院を卒業後、あのゴールドマンサックスでエンジニアをしており、2014年にbitFlyerを設立しました。

 

今やbitFlyerは仮想通貨取引所では古参組です。日本の暗号資産業界発展に大きく寄与した1社とも言えるでしょう。

 

bitflyerの出資者も大手企業が連なっており、資本力も潤沢です。セキュリティ面に関しても日本トップクラスの堅固な体制を整えており、これまで目立った流出事件を起こしたことはありません。

 

bitFlyerは経営陣、資金力、セキュリティと隙がなく、ユーザーからすると安心して取引できる仮想通貨取引所と言えるでしょう。

 

ツールが使いやすい

 

またbitflyerのbitflyer Lightningは画面1枚でトレーダーが欲しい情報が網羅できるという、優れたインターフェースに定評があります。

 

bitFlyerは取引サービスの利用率や利用経験率、使いやすさなどの分野で国内No1を記録しており、その評価は高いものです。

 

次にbitflyerの取引時の特徴について紹介します。

 

bitflyerは取引のバリエーションも日本でNo1!

 

bitflyerの取引の特徴は「注文のバリエーションも日本でNo1」ということです。

 

他の仮想通貨取引所では「成行注文」、「指値注文」と言ったエントリー時に利用する注文方法のみを揃えるケースが大多数です。他にあったとしても、「逆指値注文」、「IFD注文」と言ったあたりに留まります。

 

bitflyerは上記の注文に加え「トレール注文」と呼ばれる手法を取り入れた、「トレーリング・ストップ注文」というバリエーションが用意されています。

 

トレーリング・ストップ注文とは、逆指値注文(ストップ注文)が約定される「トリガー価格」が市場価格に合わせて自動的に調整(トレール)される取引方法です。

 

トレーリング・ストップ注文はFXでは一般的な取引バリエーションですが、ここまで専門的な手法を取り入れた仮想通貨取引所は日本ではbitFlyerくらいです。そのためbitFlyerは初心者から、より本格的な取引を志向するトレーダー向きの取引所と言えます。

 

bitFlyerはトレーダーにとって利便性が高く、多くの資金が集まりやすいです。レバレッジ取引を行う場合、流動性が豊富にあるbitflyerにユーザーが集まるため、いい循環ができています。

 

次にイーサリアムの購入方法についてご紹介します。

 

bitFlyerでイーサリアムを購入するなら「取引所形式」がオススメ

 

bitFlyerでイーサリアムを購入する方法は2つあります。

 

これは他の仮想通貨取引所と同様に、「販売所形式」で購入する方法と「取引所形式」で購入する方法です。

 

もしbitFlyerでイーサリアムを購入するなら取引所形式を選ぶことをオススメします。

 

販売所取引の場合は、取引相手はbitFlyer自身となります。

 

販売所の特徴は「bid-askのスプレッドが広い」点にあります。つまりbid(売る価格)がask(買う価格)よりも安く設定されており、大きな差額(スプレッド)が発生するということです。

 

スプレッドは取引時の実質的な手数料となるため注意すべき点でしょう。

 

取引所形式はbitFlyerが運営する「板」というプラットフォームの中でユーザー同士が取引を行う方法です。こちらの場合の手数料はスプレッドに加え、maker(指値注文を出す側の手数料)とtaker(指値注文を受ける相手方の手数料)と呼ばれる取引手数料となっています。

 

takerはmakerよりも高く設定されるケースが多いですが、スプレッドと合わせても販売所形式で発生するスプレッドよりは低いです。

 

そのため取引手数料だけで考えると取引所形式で取引を行うことがオススメです。

 

bitFlyerの豊富な注文方法を活用しよう

 

bitFlyerでイーサリアムを購入するときにはbitFlyerの特殊注文という画面で豊富な注文方法を活用することで、より利益を出しやすい買い方ができます。

 

特殊注文とはIFDやIFO、逆指値注文でエントリーを出すなど、色々な注文バリエーションを組み合わせることができる画面です。

 

イーサリアムはトレンドが上昇方向で続いているものの、仮想通貨の特徴としてたびたび急落が起きることがあります。

 

初心者はこの急落を狙うだけで大きなリターンを出すことができるでしょう。急落したときに買い、再び上昇したタイミングで売ることで利益を出すことができます。

 

当然この急落は頻繁には起きないため、じっくりとタイミングを待つ必要が出てきます。

 

IFD注文を有効活用

 

そこで、更にbitFlyerのIFD注文を活用して注文を出して待っておくと取引が効率化しやすくなります。

 

IFD注文とは「If Done」、すなわち「もし注文が成立したら別の注文を成立させる」、2つの注文をセットとする注文です。価格が下がったタイミングで買う注文と価格が上がったタイミングで売る注文をセットにすることで、利益を出しやすくなります。

 

IFD注文を活用するときには、まずチャート上で明らかにサポートラインとなっている水準をチェックします。サポートラインとは「下値支持線」とも言い、この水準まで価格が下落すると価格が上昇に転じる傾向にある線のことです。

 

そしてそのサポートラインでIFD注文のエントリーの水準に合わせます。利益確定のラインを3%-5%あたりで設定しておくと利益を取りやすくなるでしょう。サポートラインで買い、反転したタイミングで売ることで利益を出すのです。

 

このトレード手法は数日から数週間程度を期間として設定しています。しっかりと購入して保有したいという方は、bitflyer Lightningで現物を取引できるところがあるため、そこの板取引で購入することをおすすめします。

 

リスク分散も大切

 

長期間保有する場合においても資金すべてを一気に投資するようなことはやめましょう。価格を分散させることも大事ですが、トレードは期間分散という概念も常に頭に入れておかなくてはいけません。

 

相場には常にサイクルがあります。そのサイクルを見誤ると悪いタイミングでエントリーをせざるを得ないことになったりもしますので注意しましょう。価格の高いタイミングで全額を投じると、得られるイーサリアムの量も少なくなってしまいます。

 

そのため購入を期間に応じて分散し、ゆっくりと時間が経過してから価格の水準が一緒でも購入するというのも立派なリスク管理の手法の一つです。

 

紹介した短期間のトレードであれ長期的なトレードであれ、初心者は注文方法の種類にどのようなものがあるのかをまず理解してください。そしてその使い方に慣れることが最初のステップです。

 

いきなり本格的に取引をしても利益は出にくく、価格の上下でいたずらに心理的な負担を背負ってしまいます。初心者のうちは仮想通貨や仮想通貨取引について学び、慣れることが最優先です。

 

そして仮想通貨取引に慣れることで無理なく心理的な負担の少ないトレード手法を模索する中で、上記で説明したような無駄なリスクを取らない手法を利用したり、また別の手法を考えて色々試すといいでしょう。

 

まとめ

 

イーサリアムは日本でもリップルを抜いて知名度は上がってきています。

 

世界的にはリップルよりもイーサリアムの技術や今後の行方に期待が高まっている状況なので、これを機会に少し興味を持つという意味でイーサリアムを資産運用の一貫で購入してみてはいかがでしょうか。

 

bitFlyerは特にセキュリティが強いため信頼の高い仮想通貨取引所です。一度口座開設を行って色々と機能を使ってみてください。

 

bitFlyerの登録で分からないことがあったら【ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事