Binance(バイナンス)がSYSの不正取引の対応を発表!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Binance(バイナンス)がSYSの不正取引の対応を発表!

Binanceは、SYS/BTCの取引で不規則な観測をし、内部リスクマネジメントシステムが作動したため、緊急メンテナンスを行っていました。詳しくは、【Binance(バイナンス)が緊急システムメンテナンス!SYS/BTCで異常取引を確認!】を参考にしてください。

 

 

Binanceはメンテナンス後に、今回のSysCoin(SYS)の不正取引に対する以下の対応内容を公式サイトで発表しています。

SYSの不正取引に対する対応内容
①APIユーザーの安全を保護するため、既存のAPIキーを削除し、利用者に対して再度APIキーを作成するよう旨のアナウンスを実施済
SYSの価格上昇により悪影響を受けたユーザーは、2018年7月5日から7月14日に手数料が無料に
(もし事件の間にSYSを取引して悪影響を受けた場合、サポートに問い合わせする必要あり)
全てのユーザーは、2018年7月5日から7月14日に70%の手数料の支払いの払い戻しを受けることができる
(払い戻しは、2018年7月14日の終値で計算された分のBNBによって行われる)
④万が一の際に、顧客と顧客資産を保護するため、新たにSAFU(Secure Asset Fund for Users)を作成し、2018年7月14日から受け取り手数料の10%をSAFUに割り当てる
(SFAUの資金はコールドウォレットに保管される)
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事