bitFlyer

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

SFDの概要と問題点

SFD(Swap For Difference)とは、bitFlyer Lightningの現物取引とFX取引のビットコイン価格の乖離を縮小するために、先日導入された制度です。

具体的には、FX取引で価格乖離を縮小する注文をした際(新規・決済時のどちらも)に、SFDが付与され、価格乖離が拡大する注文をした際には、SFDが徴収されるというものです。

 

例えば、現物取引のBTC価格が110万円、FX取引のBTC価格が120万円のとき、さらにFXのBTC価格上昇に繋がるロング(買い)をした場合には、SFDが徴収され、ショート(売り)をした場合には、SFDが付与されていました。

 

徴収・付与されるSFD比率は、価格の乖離率によって決定され、10%以上から発生し、15%、20%ごとに大きくなっていく仕組みになっていました。

 

そのため、乖離率9%、14%、19%など、あと少しでSFD比率が高くなるタイミングでは、かえって価格乖離を拡大する注文をした方が得になるという問題点が指摘されていました。

 

(例えば、乖離率9%のときに価格拡大の新規注文をいれても、SFDは徴収されませんでしたが、乖離率10%になったタイミングで価格縮小の決済注文を入れることで、SFDが付与されることになります。)

 

bitFlyerの登録で分からないことがあったら【ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

ビットフライヤーのSFDの仕様が3月17日から変更

ビットフライヤーはSFDの仕様を3月17日午前4時から変更することを発表しました。変更される点は、「約定時のSFDの付与の有無」と「SFD比率」の2点になります。

 

約定時のSFDの付与

これまでは新規注文と決済注文のどちらの際にも、価格乖離を縮小する注文をした場合には、SFDが付与されていました。

しかし、今回の変更で、価格乖離を縮小する決済注文を行った際に付与されていた、SFDがなくなりました。

 

項目変更前変更後
価格乖離を拡大する新規注文SFD徴収SFD徴収
価格乖離を縮小する新規注文SFD付与SFD付与
価格乖離を拡大する決済注文SFD徴収SFD徴収
価格乖離を縮小する決済注文SFD付与なし

 

SFD比率

ビットコイン価格の乖離率に応じて付与されるSFD比率が、以下の表のように変更になりました。

 

乖離率変更前変更後
5%以上10%未満なし0.25%
10%以上15%未満0.5%0.5%
15%以上20%未満1%1%
20%以上3%2%

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事