• 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!
大切な資産を失うリスクがあるため、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!

金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠bitFlyerセキュリティが世界一と認定された安心・安全の取引所!
7種類のコインを購入可能!
びっくりマークビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

そもそもWowoo(Woobit)とは?

Wowooとは、トークンによる投票権を行使する(投げ銭のようなイメージ)ことによって、参加者やユーザーが感謝の気持ちを示すことができる「Wowoo Platform」からなる仮想エコシステムのことです。

 

Wowooプラットフォームでコンテンツを提供する人や存在、プロジェクトのことを「Wowers」と呼ばれ、Wowerから提供されるサービスを利用する人のことを「Wowees」と呼ばれています。

 

また、Wowooには、国内上場企業であるOKWAVEがマレーシアの子会社を通して出資しており、Wowooのホワイトペーパーでは、OKWAVE(日本最大級のQ&Aサイト)でのWowooの活用例が示されています。

 

OKWAVE上でベストな回答をした回答者に対して、お礼として報酬が支払いされる仕組みになってます。

 

WowooOKWAVE

 

今回、Wowooの記事が複数の中国メディアで話題になっているため、記事の内容を翻訳してお伝えします。

 

Wowoo中国メディアスクショ

出典:https://mp.weixin.qq.com/s/bHGQlJk9DWpmPX42TXrrDg

 

Wowoo中国メディアスクショ2

出典:https://mp.weixin.qq.com/s/hHoSyP9LZ_dWunzrqBPKAQ

 

Wowooが解決を図る問題

コンテンツ制作の分野には、「高品質のコンテンツ制作者が、十分な報酬を得ることができないため、制作のモチベーションが低下する」という問題があり、中央集権型プラットフォーム運営は、クリエイターの労働価値を間接的に搾取していると言えます。

 

Wowooの存在は、このような問題点を打破するために、コンテンツの作成者のために多くの効果的なボーナスを提供し、制作者への感謝の気持ちを表す方法とルートを提供することです。

Wowooの利点や強み

Wowooには、以下のような利点があると述べられています。

・技術的構造が明確で、プロジェクトがスムーズに進行し、コンプライアンスが良好
NEOの創設者やロジャーバーを含むプロジェクトアドバイザーと、優れた技術力を持つチームを持っている
・日本最大のQ&AサイトであるOKWAVEと密接に関連しており、OKWAVEの3,000万のアクティブユーザーを活用し容易にローンチが可能

Wowooのリスク

Wowooには、以下のようなリスクがあると述べられています。

・Wowooと同種類のプロジェクトには、Primas、CNNなどがあり市場競争は非常に激しい
・コードはオープンソースではなく、その技術的な詳細は理解できない

Wowooの競合分析

Wowooのようなブロックチェーンプロジェクトのボーナス提供コンテンツには競合が多いため、生き残りは容易ではありません。国際的にはsteemitのようなプロジェクトがあり、中国国内にも報酬発生型Q&Aコミュニティがあるため、Wowooが直面する国際競争は非常に激しいと言えます。

 

その一方でWowooにも以下のような独自の強みがあります。

・ 他のQ&A系プロジェクトは、正確で実用的な回答に対して高い評価をしますが、Wowooに関しては、徹底して「感動」に重きを置き、人を感動させることに評価基準を置いているため、差別化が可能

Wowooの技術面

サービス対象はコミュニティグループによって違いがあるため、Wowooには、Smart Contract as a Service(SAC)という概念があります。

 

異なるプラットフォーム上で自分のニーズによって異なるSACを設置することができ、SAC機能を通じて、トークン制御が可能になります。これにより開発者はそれぞれ異なる条件とボーナスを設定することができ、様々なケースを柔軟に処理することができます。

 

Wowoo_SAC

 

しかし現在Wowooはソースコードを発行していないため、その技術の詳細について審査することはできません。そのため、少しでも早くWowooにはソースコードを提出することが期待されています。

 

Wowooのプロジェクトの進捗

公開されたプロジェクトのスケジュールによると、Wowooは今年7月から9月に正式にサービスシステムをオープンすることになっています。

 

また、Wowooは現在ウォレットの開発や、日本の一部上場企業および業界団体との提携協議をすでに終えています。その中で最も主要なパートナーは日本の上場企業で、毎月3000万人が利用し、サイトの閲覧回数が1億回を超える、日本最大のQ&Aサイトを運営するOKWAVEになっています。

 

OKWAVEはWowooがローンチできる環境を提供しており、ユーザーはOKWAVEにてWWBの投票を行うことができます。全体的にWowooのプロジェクト進捗状況は良好であり、現在のところ進捗遅れなどは発生していません。

 

Wowooロードマップ

Wowooのトークン「WowBit」

WowooシステムにおけるトークンはWowBit(略称:WWB)といい、Wowooが提供するプラットフォーム上で割引価格でサービスを購入でき、コンテンツに対して投票を行うことできるという役割を持ちます。

 

WWBはすでに海外取引所のBit-Zに上場済みであり、トークンの分配構造は、25%がICOによって販売、25%が予備として保管、50%が創業チームに割り当てとなっています。

 

創業チームメンバーがトークンを売却するのを制限するために、Wowooは以下のようなロックアップも設定しています。

・チームは、トークンセール後にWWBの20%まで販売し、残りの80%は残りの6ヶ月間は販売不可、18ヶ月間毎月10%まで販売することが可能となっている

Wowooの運営チーム

Linkedinやyahoo.jpでプロジェクトメンバーの名前検索すると、検索結果にきちんと本人情報も出てきたため、真偽性に問題はありません。

 

その次に、過去の経歴から見ると、チームは金融機関のサービスを経験したメンバーが多く、Yukio Yamashita氏は東京証券取引所、野村証券など大手の有名な金融機関に技術サービスを提供した経験を持っています。

 

また、システム開発者のAugustin Vidovicは女性の優れた開発者であり、モルガンスタンレーの金融システムの開発を行った経歴があります。特にSBIでは、2日以内に新しいFIXエンジンを完成させたこともあり、技術力に長けていると言えます。

Wowoo運営チーム

Wowooのプロジェクト顧問

Wowooのプロジェクトアドバイザーチームは強力で、ホワイトペーパーによると8人の情報があるが、その中でも特に3人が非常に目を引きます。

 

一人目は日本最大のQ&AサイトOKWAVEの創始者、Kaneto Kanemoto氏。二人目はBitcoin.comの創始者で、ビットコインイエスの愛称を持つRoger Ver氏。三人目はNEOの創始者达鸿飞氏。

 

3人はそれぞれ日本、アメリカ、中国から集まり、商業分野、ブロックチェーン業界においても発言力と権威を持っていると言えます。

 

 

 Wowoo:日本上市公司股价因它暴涨8倍,它要做日本的币乎
参考記事はこちら

 

日本项目,融资300亿日元,区块链知乎
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • bitforexのサイト画像
    BitForexがシミュレーション取引コンテスト開催!総額100万BFを配布!
  • リップルの将来性
    リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ
  • リップル上場アイキャッチ
    リップル(XRP)がルーマニアの取引所CoinFluxに上場!
  • リップル上場アイキャッチ
    リップル(XRP)がChain EXに上場!BTCとUSDTで取引が可能に!
  • BitMEX登録01
    BitMEXのCEOが「ビットコイン(BTC)はまだ底をついていない」と発言!
  • グレースケール社の上半期レポートで機関投資家の資金投入が判明
    機関投資家マネーの流入によって仮想通貨投資信託の投資額が毎週10億円増加!
おすすめの記事