BAT(basicattentiontoken)のロゴ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在対象者全員に2,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

※国内取引所GMOコインが2020年3月18日、BAT(Basic Attention Token)の取り扱いを発表しました。日本では初の取り扱いとなります。今後他の取引所でも取り扱いが始まる可能性も出てきました。

新規取引所上場は価格上昇のきっかけとなることがあります。GMOコインへの登録がまだの方は早めに登録をしておきましょう。

GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。

BAT(Basic Attention Token)とは?

BAT(Basic Attention Token)とは、インターネット広告業界の抱える課題解決を目指すプロジェクトで、ICOではわずか24秒間で38億円を調達したことでとても話題になりました。

 

現在、インターネットブラウザを利用する人口はとても多いです。そして、そこに広告価値が生まれることで多くの企業が広告出稿しています。しかし、「広告が氾濫することでユーザーにとって使いづらくなる」といった課題や、広告を自動クリックするボットや広告ブロッカーなどによって「広告費が適切に利用されない」といった課題があります。

 

  • 広告の氾濫:「読み込みに時間が掛かる」「データ通信量が多くなる」
  • 広告費が適切に利用されない:「広告ブロック」「自動クリックボット」

 

これらのインターネット広告業界が抱える課題を解決するために、「Braveブラウザ」「BAT」を開発しています。また、同じインターネット広告業界の巨人「打倒Google」を掲げていますが、わずか24秒で38億円調達するICOなどとても注目度が高く期待が集まっています。

BAT(Basic Attention Token)の仕組みや特徴

BAT(Basic Attention Token)は、Web広告における課題を解決するために、BraveブラウザとBATを開発しています。Braveブラウザが注目されているポイントを解説します。

Braveブラウザの読み込み速度の速さ

Braveブラウザ

Braveブラウザは、現在のブラウザが抱えている課題である大量の広告が貼られることで、「ページ読み込み時間」や「データ通信量が多くなる」といった問題を解決するために、Googleの広告を自動的に非表示にします。これによりデータ通信量も大幅に減り、ページ読み込み時間が高速になります。

 

Google経由の広告は非表示となりますが、Brave経由での広告は表示される仕様となっています。しかし、Googleと大きく異なる点は、広告費をブラウザが独占するのではなく、広告の閲覧者に対しても、閲覧に対する対価/シェアに対する対価としてBATが付与されます。

 

Braveブラウザはすでに利用可能となっています。興味ある方はぜひダウンロードしてみてください。

Braveのダウンロードはこちら

 

※ちなみに、当サイト運営者もBraveブラウザをダウンロードして利用しましたが、ページの読み込みがサクサクでとても高速でストレスを全く感じませんでした。

 

BraveブラウザとBATについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの動画もご覧ください。

BAT(Basic Attention Token)の将来性、今後の価格

BAT(Basic Attention Token)のチャート



2017年12月から2018年の1ヶ月の間に3倍ほど上昇しました。YouTuberへの寄付をBATで行えるようにするなど新しい取り組みも増えてはいるものの、いまだ知名度が低いですが、今後YoutuberがBATの仕組みを導入して若いユーザーに広がり始めた場合、価格が高騰する可能性が高いです。

BATを購入するのにおすすめの取引所ランキング

1位 Binance(バイナンス)

binance

Binance(バイナンス)は、中国に拠点があり、100種類以上のアルトコインを購入することができる海外取引所です。バイナンスは海外取引所にも関わらず、日本語に対応しており、英語が苦手な人でも使いやすいです。

 

BAT(Basic Attention Token)も手数料0.1%とかなり割安な手数料で購入することができるため、お得にBAT(Basic Attention Token)を購入したい人は登録しておきましょう。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

2位 GMOコイン

「GMOコイン」は国内通信大手GMOグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。セキュリティに定評があり、ここ1年では活発に新規暗号資産(仮想通貨)を上場させています。

 

暗号資産(仮想通貨)FXをする方には、出先でも使いやすいアプリ「ビットレ君」が使いやすいと好まれています。

 

GMOコインでは、より自由度の高い取引が可能な取引所方式と、初心者でも手軽に変える販売所方式が用意されており、自身にあった取引方法が可能です。

 

販売所方式では、スマホでタップしていくだけで暗号資産(仮想通貨)が買えるといったメリットがある反面、スプレッドの開きが大きいと言ったデメリットがあります。

ですが、暗号資産(仮想通貨)はボラティリティの高さが醍醐味とも言え、一日で数十%の上昇・下落があったりと、広いスプレッドもすぐに飲み込んでしまうような値動きがあります。

 

より安くでBATを買いたいならバイナンス。より手軽に早く買いたいならGMOコインで買うのが良いと言えるでしょう。

GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。

BAT(Basic Attention Token)の買い方・購入方法

取引所の分類取引所
国内取引所GMOコイン
海外取引所

 

海外取引所でBATを購入するためには、基本的に日本円の入金に対応していないため、最初に国内取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入して、海外取引所に送金する必要があります

 

Binance(バイナンス)でBATを購入する場合は、以下のような手順で購入します。

 

  1. 国内取引所で、ビットコイン(BTC)または、イーサリアム(ETH)を購入する
  2. 購入したビットコインまたは、イーサリアムをBATのウォレットに送金する
  3. BinanceでBATを購入する

 

また、当サイトでは【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較を掲載しています。
約50社以上の国内・海外取引所に実際に登録し、取引を行った当サイトの運営チームがおすすめする仮想通貨取引所をぜひご覧ください。
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット 口座開設

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事