BAT(Basic Attention Token)とは?おすすめ取引所や買い方、特徴、将来性!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

大手仮想通貨取引所であるGMOコインは2020年3月にBATトークンを国内で初めて上場しました。続いてビットフライヤー(Bitflyer)が4月に、コインチェック(Coincheck)が7月に取り扱いを開始しました。

 

さらに、BraveブラウザのTVCMのナレーションが俳優の山田孝之氏ではないか?と憶測を呼び話題となっています。この記事では、ベーシックアテンショントークン(BAT)とBraveブラウザの関係性についても見ていきましょう。

 

今後も取り扱い取引所の数が増加し、価格上昇につながっていくと見られています。GMOコインへの登録がまだの方は早めに登録をしておきましょう。

 

GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。

この記事をまとめると
  • BATは既存の広告モデルを覆す革新的なプロジェクト

 

  • 主要プロダクトのBraveブラウザは月間利用者数1,500万人を突破!

 

  • 国内でGMOコインが最初に取り扱いを開始

 

BAT(Basic Attention Token)とは?

BAT(Basic Attention Token)とは、インターネット広告業界の抱える課題解決を目指すプロジェクトで、ICOではわずか24秒間で38億円を調達したことでとても話題になりました。

 

現在、インターネットブラウザを利用する人口はとても多いです。そして、そこに広告価値が生まれることで多くの企業が広告出稿しています。しかし、「広告が氾濫することでユーザーにとって使いづらくなる」といった課題や、広告を自動クリックするボットや広告ブロッカーなどによって「広告費が適切に利用されない」といった課題があります。

 

  • 広告の氾濫:「読み込みに時間が掛かる」「データ通信量が多くなる」
  • 広告費が適切に利用されない:「広告ブロック」「自動クリックボット」

 

これらのインターネット広告業界が抱える課題を解決するために、同プロジェクトでは「Braveブラウザ」「BAT」を開発しています。また、同じインターネット広告業界の巨人Googleが提供するChromeからシェアを奪えるかが注目の的となっています。

BAT(Basic Attention Token)の仕組みや特徴

BAT(Basic Attention Token)は、Web広告における課題を解決するために、BraveブラウザとBATを開発しています。Braveブラウザが注目されているポイントを解説します。

Braveブラウザの読み込み速度の速さ

Brave-プライバシーを重視した高速かつ安全な次世代ブラウザ-Brave-Browser-Brave-Browser

 

Braveブラウザは、現在のブラウザが抱えている課題である大量の広告が貼られることで、「ページ読み込み時間」や「データ通信量が多くなる」といった問題を解決するために、Googleの広告を自動的に非表示にします。これによりデータ通信量を大幅に削減し、ページ読み込み時間が高速になります。

 

Googleの広告は非表示となるものの、ユーザーは広告の有無を選択することができる仕様になっています。ユーザーは広告を表示させることで閲覧数に応じて報酬のBATトークンを受け取ることができます。これらの広告にはGoogleのような仲介者がおらず、広告費を効率的に利用することができます。

 

Braveブラウザはすでに利用可能となっています。興味ある方はぜひダウンロードしてみてください。

 

Braveブラウザのダウンロードはこちら

 

※ちなみに、当サイト運営者もBraveブラウザをダウンロードして利用しましたが、ページの読み込みがサクサクでとても高速でストレスを全く感じませんでした。

 

また、ユーザーは受け取ったBATトークンを使ってお気に入りのサイトの運営者を支援することもできます。

 

広告主は広告費をより効率的に利用でき、ユーザーは広告を閲覧するだけでBATトークンを受け取れます。一方のサイト運営者もクオリティ重視の運営ができたり、収益率の改善が期待できます。このように、Braveブラウザはすべての利用者にメリットを提供する革新的な広告モデルを提唱しています。

日本のホワイトリスト入り

日本の仮想通貨取引所で取り扱う通貨は金融庁が定めるホワイトリストに登録されている必要があります。海外取引所のように新規の仮想通貨を次々と上場できないのはそのためです。

 

2020年3月にGMOコインがBATトークンの上場を発表したことで、同トークンがホワイトリスト入りを果たしたと考えられます。ホワイトリスト入りに当たっては金融庁が一定の審査を行うため、最低限の安全性や信頼性が確認されたとみなされます。

 

BATトークンは数少ない日本のホワイトリスト入りを果たした有望な通貨だといえるでしょう。

日本でテレビCM放映

Braveブラウザは2020年9月、テレビCMを放映しました。

真っ黒な画面から最終的に検索バーだけが出てくる奇抜なCMに、山田孝之氏のような声でナレーションがされており、ツイッターで話題になりました。

BAT(Basic Attention Token)の将来性、今後の価格

BAT(Basic Attention Token)のチャート


2017年12月から2018年の1ヶ月の間に3倍ほど上昇しました。YouTuberへの寄付をBATで行えるようにするなど新しい取り組みも増えてはいるものの、いまだ知名度が低いですが、今後YoutuberがBATの仕組みを導入して若いユーザーに広がり始めた場合、価格が高騰する可能性が高いです。

 

また、国内の仮想通貨取引所で扱われ始めた2020年3月から8月にかけても価格が3倍に上昇しています。今後より多くの取引所での取り扱いが開始されれば知名度や価格は上昇していくと考えられます。

BATを購入するのにおすすめの取引所ランキング

現在国内取引所では3社(GMOコイン、ビットフライヤー、コインチェック)で購入できます。しかし、国内仮想通貨取引所は販売所方式での取り扱いのため、スプレッドの開きが大きく、購入時には割高・売却時には割安になってしまいます。

販売所方式は2タップで購入ができるため、即時・手軽に購入が可能ですが、より安く購入したい方は販売所方式ではなく取引所方式で売買ができる仮想通貨取引所を選択しましょう。(現在国内では取引所形式でのBAT取り扱いは無いため、海外仮想通貨取引所となります)

1位 Binance(バイナンス)

binance

 

Binance(バイナンス)は、中国に拠点があり、100種類以上のアルトコインを購入することができる海外取引所です。バイナンスは海外取引所にも関わらず、日本語に対応しており、英語が苦手な人でも使いやすいです。

 

BAT(Basic Attention Token)も手数料0.1%とかなり割安な手数料で購入することができるため、お得にBAT(Basic Attention Token)を購入したい人は登録しておきましょう。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

2位 GMOコイン

 

「GMOコイン」は国内通信大手GMOグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。セキュリティに定評があり、ここ1年では活発に新規暗号資産(仮想通貨)を上場させています。日本で最初にBATトークンを上場したのもGMOコインになります。

 

GMOコインでは、より自由度の高い取引が可能な取引所方式と、初心者でも手軽に変える販売所方式が用意されており、自身にあった取引方法が可能です。

 

販売所方式では、スマホでタップしていくだけで暗号資産(仮想通貨)が買えるといったメリットがある反面、スプレッドの開きが大きいと言ったデメリットがあります。

 

ですが、暗号資産(仮想通貨)はボラティリティの高さが醍醐味とも言え、一日で数十%の上昇・下落があったりと、広いスプレッドもすぐに飲み込んでしまうような値動きがあります。

 

より安くでBATを買いたいならバイナンス。より手軽に早く買いたいならGMOコインで買うのが良いと言えるでしょう。

 

GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。

BAT(Basic Attention Token)の買い方・購入方法

取引所の分類取引所
国内取引所
海外取引所

 

海外取引所であるBinanceやHuobiでBATを購入するには、国内の取引所で仮想通貨を購入してから送金する必要があるため、国内取引所での購入をおすすめします。

 

ここではGMOコインでの購入方法を解説していきます。まずはトップページから口座を開設します。ログインを完了させ、左側のメニューから「入出金」をクリックします。日本円で購入したい場合は「日本円」、仮想通貨(暗号資産)の場合は「暗号資産」をクリックします。

 

 

日本円の場合は入金に利用する銀行を選択し、画面の指示に従って進めていきます。

 

 

仮想通貨の場合は入金する通貨を選択し、表示されたアドレス宛に送金します。ネットワークの混雑状況にもよりますが、反映されるまで少し時間がかかります。

 

 

入金が完了したらいよいよ購入を行います。GMOコインではユーザー間で取引を行う現物取引と取引所が仕入れ販売を行う販売所の二つの形式がありますが、BATトークンは現物取引での取り扱いがないため、販売所で購入する必要があります。左側のメニューから「販売所」をクリックし、BATを選択します。

 

 

右側上部に表示されているのが現時点での売値、買値になります。金額を指定して購入したい場合は「金額指定」の数量欄に金額を入力します。BATトークンの数量を指定して購入したい場合は「数量指定」の欄に数量を入力します。金額を確認し、購入ボタンをクリックすると購入が完了します。以上がGMOコインでBATトークンを購入する方法になります。

 

また、当サイトでは【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較を掲載しています。
約50社以上の国内・海外取引所に実際に登録し、取引を行った当サイトの運営チームがおすすめする仮想通貨取引所をぜひご覧ください。

 

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事