• 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint現物取引応援キャンペーン開催中!最大5,000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは?

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは、大手IT企業であるDMMグループが運用している仮想通貨取引所です。東京ビットコイン取引所からリニューアルする形で、2018年1月から運営開始しました。

 

DMM Bitcoinは日本円の入出金やクイック入金、仮想通貨送金手数料が無料(マイナーへの手数料は有料)となっており、現物取引とレバレッジ取引の2種類を取り扱っています。まだ口座を開設していない方は、公式サイトから口座登録をしておきましょう。

DMM Bitcoinの登録で分からないことがあったら【DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、口座開設、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

 

DMM Bitcoinでは販売所形式でのみ通貨の売買を対応しています。販売所形式とは、ユーザーと取引所が直接取り引きをする形式のことで、簡単なので初心者向きではありますが、取引所形式と異なってスプレッドが存在するので、取引する際にはスプレッドの大きさに注意する必要があります。

 

販売所と取引所の違いについて詳しく知りたい方は【ビットコイン「販売所」と「取引所」の違いと使い方を徹底解説!】の記事を参考にしてください。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い通貨

DMM Bitcoinでは現在7種の仮想通貨を取り扱っています。以下一覧表で、取り扱い通貨、通貨ペア、現物取引・レバレッジ取引の対応の有無をまとめました。

取り扱い通貨 通貨ペア 現物取引 レバレッジ取引
ビットコイン(BTC) 円(JPY)
イーサリアム(ETH) 円(JPY)、ビットコイン(BTC)
ネム(XEM) 円(JPY)、ビットコイン(BTC) ×
リップル(XRP) 円(JPY)、ビットコイン(BTC) ×
ライトコイン(LTC) 円(JPY)、ビットコイン(BTC) ×
イーサリアムクラシック(ETC) 円(JPY)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH) ×
ビットコインキャッシュ(BCH) 円(JPY)、ビットコイン(BTC) ×

 

レバレッジ取引の倍率は最大5倍となっています。現物取引はビットコインとイーサリアムの2種類にしか対応していませんが、レバレッジ取引に対応しているアルトコインが6種類と多いのが特徴です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取り扱っている通貨の特徴

DMM Bitcoinで取り扱っている各通貨の基本的な情報や特徴について、以下にまとめました。

ビットコイン(BTC)

通貨名(通貨単位) ビットコイン(BTC)
運用開始 2009年1月
発行上限 2100万枚
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)
取引承認時間 約10分

ビットコインはサトシ・ナカモトの論文を元に開発された有名な仮想通貨です。世界初の仮想通貨であり、かつ、現在一番多く流通している通貨で、時価総額は1位となっています。取引所では基軸通貨として使用されなど、仮想通貨業界では欠かせない存在です。海外ではビットコイン決済やビットコインATMの設置が進められ、日本でもビットコイン決済の導入が進んでいます。

イーサリアム(ETH)

通貨名(通貨単位) イーサリアム(ETH)
運用開始 2014年7月
発行上限 設定無し
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)へ移行予定

取引承認時間 約15秒

イーサリアムは、契約を自動で遂行するスマートコントラクトという機能が初めて実装された仮想通貨で、当時19歳であったヴィタリック・ブテリン氏によって提唱されました。ヴィタリック・ブテリン氏は現在も中心となってイーサリアムの開発を進めています。イーサリアムは決済としてよりも分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォームとなる事を目的に開発が進められた通貨であり、現在はそのプラットフォームを利用したサービスや事業が多く開発されています。

ネム(XEM)

通貨名(通貨単位) ネム(XEM)
運用開始 2015年3月31日
発行上限 約90億枚(発行済)
コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス/PoI)
取引承認時間 約1分

NEMという名前は、新しい経済圏を創出することを目的に作られたプロジェクトのことであり、そのプラットフォーム上で流通している通貨をXEMといいます。NEMにはスマートコントラクトが実装されています。最初に全ての通貨が投資家に均等に配布されたためマイニングというものは無く、今後新規に発行されることはありません。「ユーザーの重要度」という独自の指標があり、それによって与えられる報酬が変動する仕組みになっています。通貨を保有しているだけでなく取引の頻度など様々な点で評価されるようです。このNEM独自の承認作業はハーベストと呼ばれています。

リップル(XRP)

通貨名(通貨単位) リップル(XRP)
運用開始 2012年9月
発行上限 1000億枚
コンセンサスアルゴリズム Proof of Consensus
取引承認時間 約3秒

リップルは、送金時間の長さや手数料の高騰といった国際送金に関する問題を解決することを目的に作られた通貨です。ブロックチェーンを利用しておらず、リップル株式会社によって管理されています。仮想通貨としては珍しい中央集権型の通貨ですが、中央管理者を置き、各国の金融機関と提携を組むことで送金時間の短縮や安価な手数料を実現しています。海外との取引が多い企業から注目を集めており、日本国内においての人気が非常に高い通貨です。リップルの愛好家は「リップラー」と呼ばれています。

ライトコイン(LTC)

通貨名(通貨単位) ライトコイン(LTC)
運用開始 2011年10月
発行上限 8400万枚
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)
取引承認時間 約2分30秒

ライトコインは、ビットコインよりも日常的に使いやすい決済機能に特化した通貨として開発されました。ビットコインと比較して、決済にかかる時間は4分の1に短縮、発行上限枚数は4倍多く設定されています。そのため決済方法として導入しやすく、手に入りやすい通貨となっています。Segwitを導入しており、スケーラビリティ問題やマリアビリティ問題を解決しています。

イーサリアムクラシック(ETC)

通貨名(通貨単位) イーサリアムクラシック(ETC)
運用開始 2016年7月20日
発行上限 約2億1000万枚
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)

※Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)へ移行予定

取引承認時間 約12秒

イーサリアムクラシックとは、イーサリアムのハードフォークによって誕生した通貨です。過去にイーサリアムを利用したThe DAOというプロジェクトにおいて、イーサリアムの不正送金が行われた「The DAO事件」が発生しました。その際に、イーサリアムはハードフォークによって事件が発生する前まで戻すという方法で解決しましたが、それを中央集権的であるとして反発した一部のコミュニティによってイーサリアムクラシックが開発されました。

 

非中央集権を理念に掲げているため、ブロックチェーンの記録には手が加えられておらず、不正流出の記録が残ったままになっています。イーサリアムと異なっている点として、発行上限が設定されている事と、発行枚数の減少期が設定されている事が挙げられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)

通貨名(通貨単位) ビットコインキャッシュ(BCH、BCC)
運用開始 2017年8月
発行上限 2100万枚
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)
取引承認時間 約10分

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークにより分裂して誕生した通貨です。ユーザー数の増加による取引の遅延や手数料の高騰といったスケーラビリティ問題を解決するためにハードフォークを行いましたが、方向性の違いからビットコインとビットコインキャッシュに分かれました。ビットコインと比較すると、容量が8倍である8MBに増加しています。

 

DMM Bitcoinの口座開設をまだしていない方は、公式サイトから口座登録をしておきましょう。

DMM Bitcoinの登録で分からないことがあったら【DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、口座開設、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

 

DMM Bitcoinの関連記事一覧
評判・口コミ DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判、口コミ、メリット、デメリット
手数料 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料は高い?各種手数料を解説!
入金・出金・送金 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の入金、送金、出金方法
アプリ・使い方 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方(アプリ・買い方)を解説!
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
取引所の関連記事
  • BITPOINT(ビットポイント)のロゴ画像
    BITPointの取り扱い仮想通貨とその特徴を徹底解説!
  • Bittrade(ビットトレード)のロゴ画像
    BitTrade(ビットトレード)の取り扱い通貨やその特徴を徹底解説!
  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い仮想通貨とその特徴を徹底解説!
  • GMOコインLP
    GMOコインのイーサリアム(ETH)の買い方、購入方法を徹底解説!
  • GMOコインのロゴ画像
    GMOコインの取り扱い仮想通貨やその特徴を徹底解説!
  • ビットバンクトレードロゴ
    bitbank.cc(ビットバンク)の取り扱い仮想通貨とその特徴を徹底解説!
おすすめの記事