公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)とは?

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)とは、直訳すると「資産保有量による証明」であり、Proof of Workの改善策として開発されたコンセンサスアルゴリズムです。コンセンサスアルゴリズムとは、管理者のいない仮想通貨において取引の内容をチェックする人を選出する方法のことで、Proof of Stakeでは保有している通貨の量によって決められています。

 

Proof of Stakeを採用している通貨には、ピアコイン(PPC)、エイダ(ADA)、ネクスト(NXT)などがあり、イーサリアム(ETH)も今後導入を予定しています。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)の仕組み

Proof of Stakeは、Proof of Workと違い計算能力は関係無く、資産保有量に応じてブロック承認の成功率が上がります。Proof of Stakeにおける資産保有量の決め方には、CoinAgeとRandomized Proof of Stakeの2種類があります。

CoinAge

CoinAgeとは「保有しているコインの量」×「コインの保有期間」で決められている概念のことです。Proof of Stakeは、Proof of Workの仕組みにCoinAgeの概念を合わせたようなシステムになります。

 

Proof of Workと同じように計算してマイニングを行いますが、CoinAgeが大きいほどマイニングで求める値が簡単になり、マイニングの成功率が上がります。また、マイニングに一度成功するとCoinAgeが減る設定になっているので、特定の人や企業が連続してマイニングに成功するという事態を回避しています。

Randomized Proof of Stake

直訳すると「ランダムなProof of Stake」となりますが、これはつまりブロックを承認する人をランダムに選ぶということです。コインの保有量が多いほど選ばれやすくなります。このシステムではマイニングと対比してフォージング(鋳造)と呼ばれています。単純に保有量の多さで決められるので、特定の人や企業が連続してマイニング報酬を得ることができます。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)のメリット

電気代が安く承認時間も短縮される

Proof of Workで問題となっていた電気代と承認スピードの遅さを解消しています。Proof of Stakeではコンピューターの計算力はそれほど必要としないので、Proof of Workより電気代がかかりません。また、ブロックの承認者を選出するのに複雑で時間のかかる計算をする必要が無くなったため、取引の承認時間が短縮されました。

51%攻撃のリスクが低い

Proof of Workでは、全体の計算速度の50%以上を占める計算力を持つ参加者がいた場合に、ブロックチェーンを改ざんされるなどといった51%問題がありました。Proof of Stakeにおいては、51%攻撃をするためには全体の50%以上のコインを保有する必要があるため大きなコストがかかり、仮に51%攻撃を行ったとしても自分が保有している通貨の価値が下がってしまうので、51%攻撃は起こりづらいと言われています。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)のデメリット

貧富の格差が生まれ、コインの流動性が低下する

Proof of Stakeの仕組みでは基本的にコインの保有量が多い人ほど優遇されるため、保有量が多い人は更に多く、少ない人は少ないままとなり、貧富の格差が広がるというデメリットがあります。また、コインの保有量や保有期間がマイニングの成功率に影響するため、より多くのコインをより長く保有しようとし、コインの流動性が低下しやすいという問題点があります。

Nothing at Stake

Proof of Workでは、最も長いブロックチェーンにブロックを繋いでいかなければ報酬がもらえない仕組みになっています。一方でProof of Stakeでは、コインを保有さえしていればブロックチェーンのどのフォークに対しても承認することができ、不正な取引承認が可能になってしまっています。その結果、ブロックチェーンの分岐が収束せずに伸びていってしまうことが懸念されています。この状態を「Nothing at Stake」といいます。

 

Proof of Stakeと比較されるProof of Workについて知りたい方は【Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)とは?その仕組みやメリット等を解説!】の記事を参考にしてください。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事