• 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
イーサリアムウォレットアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

モバイルウォレットとは?

モバイルウォレットとは、ソフトウェアをダウンロードして利用するソフトウェアウォレットの一種であり、スマホなどの端末にダウンロードして使用します。端末で秘密鍵を管理するので、オンラインのウェブウォレットと比較して安全性が高く、また持ち運びができるので利便性に優れています。

 

ウォレットには、モバイルウォレット以外にも様々な種類のウォレットが存在しています。ウォレットの種類についてさらに詳しく知りたい方は、「【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!」を参考にしてください。

ウォレット
【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!
仮想通貨ウォレットとは?仕組みを解説! 「ウォレット」とは、「公開鍵」、「秘密鍵」、「アドレス」の3つを管理している仮想通貨の財布のことで、仮想通貨の保管や送金を行うことができます...

モバイルウォレットのメリット

秘密鍵をスマホで管理しているため、ウェブウォレットよりも安全性が高い

モバイルウォレットは秘密鍵を端末で管理しており、ウェブウォレットとは異なり、オンラインで秘密鍵を入力する必要はありません。オンラインで秘密鍵を入力するウェブウォレットでは、フィッシング詐欺などのリスクがありますが、モバイルウォレットはオフライン環境にあるのでそのようなリスクが無く安全性が高いです。

持ち運びに便利

同じソフトウェアウォレットにもPCにダウンロードして使用するデスクトップウォレットがありますが、ウォレットがダウンロードされたPCが無いとウォレットを使用できず、持ち運ぶには不便であるというデメリットがあります。モバイルウォレットは持ち運びがしやすく、どこでも好きな時に使用できるという点で優れています。

決済に利用することができる

持ち運びがしやすいモバイルウォレットならではの機能として、決済機能が挙げられます。仮想通貨決済に対応している店舗で買い物をする際、QRコードを読み取るだけで支払いをする事ができます。

 

ビットコイン決済についてさらに詳しく知りたい方は、【ビットコイン決済とは?決済の方法や使用できる店舗を紹介!】を参考にしていただければと思います。

QRコード決済
ビットコイン決済とは?決済の方法や使用できる店舗を紹介!
ビットコイン決済とは? ビットコイン決済とは、実店舗やサイトなどの様々なシーンで、ビットコインを使って決済をすることです。具体的には、店舗やサイトがビットコイン決済を導入し、店舗側...

モバイルウォレットのデメリット

スマホ故障時に備えて、必ずバックアップを取っておく必要がある

モバイルウォレットは端末内にデータを保存しているので、スマホが故障したりウイルスに感染したりすると、保有している仮想通貨にアクセスできなくなってしまいます。万が一に備えて必ずバックアップを取るようにしておくと、このような事態を防ぐ事ができます。

ハードウェアウォレットやペーパーウォレットと比較して、セキュリティが弱い

ハードウェアウォレットペーパーウォレットなどの、インターネットから完全に隔離されたコールドウォレットに比べると、端末自体がオンライン環境にあるモバイルウォレットはセキュリティが弱いです。

おすすめのモバイルウォレット

Ginco

Gincoアイキャッチ画像

日本語対応の有無 有り
対応通貨 イーサリアム/Ethereum(ETH)

ビットコイン/Bitcoin(BTC)

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)

ライトコイン/Litecoin(LTC)

リップル/Ripple(XRP)

イーサリアムクラシック/Ethereum Classic(ETC)

オーガー/Augur(REP)

ディジックスダオ/DigixDAO(DGD)

エニグマ/Enigma(ENG)

オミセゴー/OmiseGO(OMG)

ゼロエックス/0x(ZRX)

カイバーネットワーク/Kyber(KNC)

ジリカ/Zilliqa(ZIL)

ジラ/Zilla(ZLA)

ステータス/Status(SNT)

ディセントラランド/Decentraland(MANA)

スイスボーグ/Swissborg(CHSB)

トロン/TRON(TRX)

イオス/EOS(EOS)

 

モバイルウォレットには海外のものが多いですが、Gincoは日本で開発されたモバイルウォレットであり、説明書いらずのシンプルなデザインで誤操作を引き起こさないほど使いやすく設計されています。バックアップ設定をする事ができ、アプリからバックアプをするようにリマインドされるのでバックアップを取り忘れる事が少なくなります。

 

指紋認証に対応していたり、仮想通貨が無料で貰えるAirDropに参加できたりと機能面でも充実しており、公式サイトでは今後更に新機能や対応通貨が追加される予定です。現在はiOS版のみですが、2018年下半期にはAndroid版をリリースする予定です。

Copay

Copayの画像

日本語対応の有無 有り
対応通貨 ビットコイン/Bitcoin(BTC)

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)

 

iOSとAndroidに対応しているモバイルウォレットです。スマホ版とPC版があり、それらのウォレットの連携、1人で複数のアカウントを作成、複数ユーザーでウォレットの共有ができるといった機能があります。

 

完全オープンソースなのでシステムの管理や開発がしやすく、仕様変更やバグ対応が早いというメリットがあります。また、マルチシグを導入しているのでセキュリティが強いです。

Bread

breadの画像

日本語対応の有無 iOS版のみ対応(Android版は未対応)
対応通貨 ビットコイン/Bitcoin(BTC)

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)

イーサリアム/Ethereum(ETH)

イーサリアム系トークン

 

以前はBreadwalletという名前でしたがBreadに改名しました。無駄な機能が無くシンプルなUIで操作しやすい人気のアプリです。トランザクション状況を自動で分析し送金手数料が自動的に決定されるので、仮想通貨やウォレットを使った事が無い人でも簡単に使用できます。

 

BreadはBRDトークンを発行しており、その保有量に応じて特典を受けられます。アプリには復元コードがあるので、メモしておくと端末が故障した時や機種変更をした時にアプリを復元する事ができます。Breadではウォレット内の単位が「bits(=0.000001BTC)」になっているので注意が必要です。

Coinomi

日本語対応の有無 有り
対応通貨 ビットコイン/Bitcoin(BTC)

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)

イーサリアム/Ethereum(ETH)

イーサリアムクラシック/Ethereum Classic(ETC)

ライトコイン/Litecoin(LTC)

モナコイン/Monacoin(MONA)

 

など100種類以上の通貨に対応

 

2014年にリリースされてからハッキングなどに遭うこと無く運営しているウォレットです。他のモバイルウォレットと比べて圧倒的な対応通貨の多さが特徴で、様々な通貨を保有している人は通貨ごとにウォレットを使い分ける必要が無くなります。

 

ChangellyやShapeshiftなどの両替所と提携している為、ウォレット内で手軽に通貨の両替をする事ができます。UIの面でも直観的に操作できるように設計されています。

Blockchain

Blockchain.infoアイキャッチ

日本語対応の有無 有り
対応通貨 ビットコイン/Bitcoin(BTC)

イーサリアム/Ethereum(ETH)

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH) ※PC版のみ

 

世界的に利用者が多いウォレットです。他のウォレットが中央集権的であるのに対し、Blockchainはユーザーが自らウォレットを作成・管理する為、運営会社が残高や取引内容を見たりする事ができません。Shapeshiftと提携している為、ウォレット内で両替をする事ができます。

 

製作会社のBitcoin.com社は仮想通貨メディアでもあるので、アプリからニュースサイトにアクセスできます。万が一の事があっても復元コードによってデータを復元でき、データは常に自動バックアップされています。セキュリティに関しては、マルチシグや二段階認証の実装するなどして強化しています。

Blockchain.infoの使い方などで分からないことがあったら【Blockchain.infoとは?使い方(送金、受け取り、セキュリティ設定)を解説!】を参考にしてください。
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

ウォレットの関連記事
  • NEO_ロゴ
    NEOウォレットでおすすめはどれ?種類ごとに比較して紹介!
  • ウォレット
    NEON Wallet(ネオンウォレット)とは?作り方や入金などの使い方を徹底解説!
  • MetaMaskアイキャッチ画像
    MetaMask(メタマスク)とは?使い方(送金、入金、トークン追加)を解説!
  • ウォレット
    【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!
  • ソフトウェアウォレットアイキャッチ画像
    仮想通貨のソフトウェアウォレット(ローカルウォレット)とは?おすすめを紹介!
  • ビットコインウォレットアイキャッチ
    ビットコインのウォレットでおすすめはどれ?種類ごとに比較して紹介!
おすすめの記事