Lisk(LSK)ウォレットでおすすめはどれ?種類ごとに比較して紹介!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Liskのウォレットの選び方

Liskを保管するウォレットの種類としては5種類あります。その使い分けの際には、安全性や利便性なども考慮して考えるとよいでしょう。

下記にウォレットの5種類を紹介します。

オンラインウォレット、ローカルウォレットは、オンラインで管理されているという特徴があります。そのため送金などのアクセスを手軽に実施できるというメリットがあります。

一方で、オンラインで管理していることからハッキングなどのリスクには晒されています。その点ではハードウェアウォレットやペーパーウォレットに安全性では劣るということになります。

 

ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットは、オフラインで管理しているのが特徴です。そのため安全性が非常に高いというメリットがあります。

一方で、オフラインでの管理となるため、コインを送金するのに手間がかかるというデメリットがあります。

 

以上のウォレット同士の比較から、Liskの保管時にはウォレットを以下のように使い分けると良いでしょう。

・頻繁に少額の資産を送金 → 取引所、オンラインウォレット、ローカルウォレット

・長期的に大量にの資産を保有 → ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット

 

また、仮想通貨のウォレットの種類について詳しく知りたい方は、「【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!」を参考にしてください。

Liskのウォレット一覧

Liskに対応しているウォレットを以下に一覧表でまとめ、日本語対応の有無、種類、料金などを比較しています。

 

ウォレット名説明
bitFlyer【種類】
取引所
【価格】
無料
【日本語対応】
あり
【説明】
・資本金、取引量、ユーザー数で三冠達成
・初心者に使いやすく、セキュリティが強い
Lisk Nano Wallet【種類】
ローカルウォレット(デスクトップウォレット)
【価格】
無料
【日本語対応】
なし
【説明】
・公式のLisk専用のウォレット
・DPoSに参加可能
Lisk Hub【種類】
ローカルウォレット(デスクトップウォレット)
【価格】
無料
【日本語対応】
なし
【説明】
・Lisk Nano Walletを発展させたウォレット
・チャートやブロックチェーンエクスプローラーにアクセスできる機能などが追加
Lisk Wallet by Freewallet【種類】
ローカルウォレット(モバイルウォレット)
【価格】
無料
【日本語対応】
なし
【説明】
・iOS、Androidに対応したLisk専用のウォレット
Ledger Nano S【種類】
ハードウェアウォレット
【価格】
1万円~2万円
【日本語対応】
なし
【説明】
・30種類の通貨に対応
・Windows、Mac、Linuxに対応
Lisk Paper Wallet【種類】
ペーパーウォレット
【価格】
無料
【日本語対応】
なし
【説明】
・Lisk専用のペーパーウォレット

 

Liskにおすすめのウォレット

Lisk公式ウォレット

Liskの公式ウォレットには、Lisk Nano WalletLisk Hubのデスクトップウォレットがあり公式サイトから無料でダウンロードできます。

以前はLisk Nano Walletが公式ウォレットとして提供されていましたが、2018年に発展版としてLisk Hubが登場しました。公式からは、Lisk Nano Walletは引き続きサポートされると発表されています。また、Lisk Nano WalletとLisk Hubは情報を共有できるようになっているので、移行がしやすくなっています。Lisk Hubでは、ウォレットからチャートを見たり、ブロックチェーンエクスプローラーにアクセスできるなどといった機能が追加されています。

 

Liskには、トランザクションをまとめたブロックをブロックチェーンに追加するフォージングという作業があり、フォージングを行う人を投票で選ぶというルールをDPoSといいます。Lisk Nano WalletやLisk HubではDPoSに参加する事ができるので、取引をしなくてもLiskが貰える可能性があります。また5Lisk(約1万円)でセキュリティを強化する事ができます。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事