公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



仮想通貨のウェブウォレット(オンラインウォレット)とは?

ウェブウォレットとは、オンラインウォレットの1種で、インターネット上で仮想通貨を管理する財布のことです。

 

取引所のウォレットも、ウェブウォレットと同じくオンラインウォレットですが、取引所のウォレットは自分で秘密鍵を管理しないのに対し、ウェブウォレットは自分で秘密鍵を管理することができるものが多いという違いがあります。

 

後ほど詳しく説明しますが、ウェブウォレットは、好きな端末からアクセスすることができるため、利便性が高いというメリットがありますが、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどと比較して、安全性が低いため、多額のコインの管理に向かないというデメリットがあります。

 

仮想通貨のウォレットには、ウェブウォレット以外にも様々なウォレットがあるため、種類について詳しく知りたい方は、「【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!」を参考にしていただければと思います。

 

ウェブウォレット(オンラインウォレット)のメリット

好きな端末からアクセスができる

ウェブウォレットは、スマホやPCなど好きな端末からアクセスすることができるため、利便性が高いというメリットがあります。以下の表を見ても、分かる通り、ハードウェアウォレットのLedger Nano S、Cool Wallet Sは、操作できる端末に制限があり、少し不便に感じることもあるでしょう。

 

ウォレットスマホ対応PC対応
ウェブウォレット
Cool Wallet S×
Ledger Nano S×

 

無料で複数アカウントの利用ができる

安全性の高いハードウェアウォレットは、1万円以上の価格がするものもあり、価格が高いというデメリットがあります。それに対して、ウェブウォレットは、無料で提供されており、簡単に複数アカウントも作成することができます。

 

ウェブウォレット(オンラインウォレット)のデメリット

安全性が低い

ウェブウォレットは、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットと比較すると、安全性が低く、多額のコインの保管には向いていません。

 

サービスが停止してしまうリスクやハッキングリスクの他にも、秘密鍵をオンラインで入力した際に、フィシングサイトに引っかかり資産を失うケースもあります。

 

実際にDNSサーバーがハッキングされ、MyEtherWalletにアクセスした人がフィッシングサイトにリダイレクトされ、秘密鍵を入力した人が資産を失ったという事件が発生しました。事件について詳しく知りたい人は、【MyEtherWalletから215ETHが流出!DNSサーバーがハッキングされる!】を参考にしてください。

 

このように、ウェブウォレットは、セキュリティの観点から安全性が高いとは言えないため、多額の資金を預けるのは避けるようにしましょう。

おすすめのウェブウォレット

ウェブウォレットは、それぞれ対応通貨が決まっており、通貨ごとにおすすめのウェブウォレットが異なっています。ここでは、ビットコイン、リップル、イーサリアムについてそれぞれ紹介していきます。

Blockchain.info(ビットコイン)

Blockchain.infoアイキャッチ

Blockchain.infoは、ビットコイン以外にもビットコインキャッシュとイーサリアムに対応したウェブウォレットです。世界NO.1の利用者を誇り、日本語対応もしている日本人にも人気のウォレットになります。

Blockchain.infoの使い方などで分からないことがあったら【Blockchain.infoとは?使い方(送金、受け取り、セキュリティ設定)を解説!】を参考にしてください。

 

 

ビットバンク(リップル)

bitbank.ccLP

リップルのウェブウォレットには、信頼性や安全性の観点から、特におすすめできるものがありませんでした。そのため、リップルを少額保管する場合は、国内取引所のビットバンクがおすすめです。

 

ビットバンクは、、リップルをコールドウォレットで保管し、マルチシグ対応(秘密鍵を分割管理すること)も完了していることが公式サイトで発表されています。

ビットバンクの登録で分からないことがあったら【bitbank(ビットバンク)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

 

※ただし、多額のリップルの保管には、Cool Wallet Sなどの安全性の高いハードウォレットを利用することを強く推奨します。

また、Cool Wallet Sの使い方については、【Cool Wallet S(クールウォレットS)の使い方や対応通貨を徹底解説!】を参考にしていただければと思います。

 

また、リップルのウォレットについてさらに詳しく知りたい方は、【リップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!】を参考にしていただければと思います。

 

 

MyEtherWallet(イーサリアム)

MyEtherWallet

MyEtherWalletは、イーサリアム以外にもERC20トークンにも対応したウェブウォレットです。MyEtherWalletは、対応通貨が多く、日本語対応もしているため、非常に利便性が高いウォレットになります。

MyEtherWalletの使い方や登録のやり方で分からないことがあったら【MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方・始め方・登録方法を徹底解説!】を参考にしてください。

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事