公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



リップル(XRP)を唯一の基軸通貨とするDCEXがユーザー登録を開始!

XRPを唯一の基軸通貨とする最初の取引所であるDCEXが、プラットフォームへのユーザー登録を開始しました。月曜日にされた発表によると、DCEXは今後数週間で取引を開始する予定であるとされています。

 

DCEXはXRPをベースとし、以下のコインなどの15の通貨ペアを提供しています。

また、公式サイトによると、今後数日でさらに通貨ペアを加えていくとしており、機関投資家向けにUSD/XRPの通貨ペアがサポートされる可能性があるとされています。

 

現在、DCEXはすでにFinCEN(金融犯罪取締執行ネットワーク)には登録が完了しており、SECには登録の申請がされている最中になっています。

XRPが基軸通貨とされる理由

DCEXの運営会社であるAlphaPoint社は、発表の中で以下のように述べ、XRPが基軸通貨となることで、アービトラージにおける利点があることが述べられています。

 

「XRPブロックチェーン上の取引が4秒以内に処理されることによって、ユーザーは取引所間での素早い移動を行うことができます。XRPが基軸通貨として使用されることによって、取引所間での途切れがなく、高速な取引が可能となり、価格の非効率性をうまく利用することができます。

 

また、DCEXのネットワークは、1秒あたり100万回までの取引を容易にするという特徴を持っています。さらに、XRPのブロックチェーンによって、低コストでユーザーが出金を行うことができるため、ユーザーは低コストで、DCEXと他の取引所間の送金を行うことができます。

 

これまで、基軸通貨はビットコインを始め、イーサリアムやUSDT、各取引所トークンによって担われてきました。今回新たにXRPのみを基軸通貨とする取引所が誕生したことは、XRPにとって大きな出来事であると考えることができるでしょう。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 Ripple’s XRP to be exclusive base currency for DCEX crypto exchange
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事