リップル(XRP)がChain EXに上場!BTCとUSDTで取引が可能に!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル(XRP)がChain EXに上場!

Chain EXは公式Twitterで、XRPの取り扱いを開始し、ビットコイン(BTC)とUSDTで取引ができるようになることを発表しました。

 

Chain EXは南アフリカに拠点を置く取引所であり、基軸通貨は、ビットコイン、USDT、ZARの3種類になっています。また、Chain EXは南アフリカの人に対して、デジタル資産の売買ができるプラットフォームを提供する唯一の取引所になっています。

 

同取引所のミッションについて、取締役のOtto Lessing氏は、「南アフリカの人々がグローバルな仮想通貨市場に対して簡単にアクセスできるようにすることによって、全ての南アフリカの人々に対して利益を与えるワールドクラスなプラットフォームを提供すること」としています。

 

また、南アフリカは、「ビットコイン」のグーグル検索数でトップになるなど、仮想通貨への関心が急激に高まっており、Chain EXは絶えずに増加している仮想通貨への欲求を満たすための役割を果たしているとしています。

 

「より多くの人がこのエキサイティングな機会に関わろうしている中、仮想通貨への関心が増えていくのは驚くべきことではありません。」

 

一方で、ユーザーの流入が大規模になることで、取引所は苦労しており、Chain EXは安全で、ユーザーが使いやすく、信頼性が高く、十分にテストされた拡張性のあるマッチングエンジンを備えた取引プラットフォームを提供することで、この問題を解決しようとしています。

 

7月に入り、XRPの新たな取引所への上場が続いており、今後も動向には注視していく必要があります。XRPの7月の新規上場については、【Paybisにリップル(XRP)が上場!クレジットカードでXRPの購入が可能に!】や【リップル(XRP)がオーストラリアの取引所「Independent Reserve」に上場!】を参考にしてください。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 Digital Asset Exchange launched in SA
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事