公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



プーマペイ(PumaPay)とは?

プーマペイ(PumaPay)とは、イーサリアム(ETH)のプラットフォーム上で開発されている、仮想通貨でのプル型決済の実現を目的としたプロジェクトの事であり、使用されるトークンはPMAです。ICOは2018年5月7日で終了しています。初期のプレセールでは最低購入価格が15万ドルから、4月27日~5月7までのセールでは5万ドルからとなっており敷居の高い通貨であったにもかかわらず、多くの企業や投資家が出資し最終的には117,019,041ドル(100億円以上)を調達しました。このICO調達額は歴代7位となる額です。

 

おすすめのICOについて詳しく知りたい方は【【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!】の記事を参考にしてください。

 

プーマペイの決済の方法にはプッシュ型決済とプル型決済の2種類があります。

  • プッシュ型決済:送金側が処理をする事で相手へ送金する方法
  • プル型決済:事前に契約を結ぶことによって受取側が処理をしてお金を引き出す方法

普段のお店などでの支払いはプッシュ型決済にあたり、口座からの引き落としはプル型決済にあたります。従来の仮想通貨はプッシュ型決済にしか対応していませんでしたが、プーマペイはプル型決済が可能になりました。

プーマペイ(PumaPay)の特徴

プル型決済

現在はクレジットカードによる自動引き落としが利用されていますが、銀行やカード会社を仲介することにより手数料が発生します。プーマペイでは、仲介がいないことによりコスト削減を実現しました。また、ブロックチェーンスマートコントラクトの技術を用いることで、詐欺などの不正行為のリスクが無くせるというメリットがあります。

プーマペイ(PumaPay)の利用例

仮想通貨でのプル型決済ができるようになったことで、以下のような様々な方法での利用が可能になりました。

 

利用例説明
金額固定定期支払い定額制の会員など、毎月同じ料金を支払うシステムで利用できます。
利用毎支払い課金制のサービスや使用量に応じて料金が変動するサービスなどの支払いに利用できます
期間固定定期支払い公共料金や光熱費、ガス代などといった、一定期間内の使用量で料金が変動する定期支払いに利用できます。
一回/一括支払いオンライン、オフラインに関わらず、ウォレットアプリから支払いすることができます。
割り勘複数人に対して均等払いが可能になり、アフィリエイトのプログラムなどでの利用も可能です。
制限付き支払い決済額の上限を設定することができ、子供が利用する際に制限をかけることができます。
返金保証ユーザーが返金請求をして、それが設定された条件に合った場合は返金をするなどといったことが可能になります。

プーマペイ(PumaPay)の今後や将来性

大手企業との提携

決済機能に特化した仮想通貨は多く開発されていますが、プル型決済ができるのはプーマペイのみとなっています。他の通貨と差別化がされており、今までにない通貨として注目されています。

 

30以上の企業と提携を組んでおり、Forbesなどのメディアでも取り上げられました。利用時間の長さで支払いができることから、ホームページの無料作成ツールで有名なWix.comなどをはじめとする大手企業と提携し話題になりました。

PumaPay_1

出典:PumaPay公式サイト(https://pumapay.io/?lang=ja)

 

PumaPay_2

出典:PumaPay公式サイト(https://pumapay.io/?lang=ja)

プーマペイの価格

2018年の6月下旬に分散型取引所IDEXに上場しましたが大幅にICO割れとなり、その後も下落が続きました。8月8日にはHitBTCに上場するものの価格は下落を続け、相場全体の下落もあり最低でICO価格の20分の1になってしまいました。それでも10月24日にBittrexに上場した際、一時的に5倍以上に価格が上昇しました。

 

今後の価格予想としては、ICO価格まで回復するのは難しいのではという意見がある一方で、特に価格下落した原因がわかっていないため、プル型決済という通貨の実用性を期待して今後も開発が進み、価格が上昇していくのではないかという意見も出ています。

プーマペイ(PumaPay)の取引所

プーマペイは国内取引所では取り扱っておらず、海外取引所でのみ取り扱われています。

BITTREX(ビットレックス)

BITTREX(ビットレックス)はアメリカに拠点を置く世界最大級の取引所の1つであり、取扱通貨が約200種類と非常に多いことが特徴です。ICOやICO直後の通貨の新規上場が頻繁に行われるため、そのような通貨に早期から投資できる取引所です。BITTREXでは法定通貨(日本円、ドル)が使えないため、ビットコイン(BTC)やイーサリアムを入手する必要があります。

 

BITTREXは日本語に対応していないので英語のみとなっていますが、売買など基本的な作業は国内取引所とそれほど変わらないので、操作に慣れてしまえば問題ないでしょう。サポートに関しても英語での対応となりますが、カスタマーサポートはしっかりしていると評価が高いです。

プーマペイ(PumaPay)の買い方や購入方法

プーマペイは国内取引所では取り扱っていないため、海外取引所で購入することになります。海外取引所は基本的に日本円に対応していないので、利用する前に国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入しておき、海外取引所に送金します。

 

BITTTREXでプーマペイを購入する際は、以下のような手順で購入します。

 

  1. 国内取引所で、ビットコイン(BTC)またはイーサリアム(ETH)を購入する
  2. 購入したビットコインやイーサリアムをBITRREXのウォレットに送金する
  3. BITTREXでプーマペイを購入する

プーマペイ(PumaPay)のウォレット

プーマペイはイーサリアムベースのコイン(ERC20トークン)であるため、MyEtherWalletMetaMaskを利用できます。この2つはイーサリアムやイーサリアムベースのトークンを保管できるウェブウォレットとして広く使われており、手軽に使える便利なウォレットとして有名です。

 

これら2つのウォレットについて詳しく知りたい方は【MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方・始め方・登録方法を徹底解説!】、【MetaMask(メタマスク)とは?使い方(送金、入金、トークン追加)を解説!】の記事を参考にしてください。

 

これ以外にも、プーマペイの公式ウォレットであるPumaPay Cryptocurrency Walletというものがあります。これはウォレットアプリであり、iOS版とAdroid版がリリースされています。今後は、ウォレットアプリのアップデートやChromeウォレットのリリースなどが予定されています。

プーマペイ(PumaPay)の口コミや評判

ツイッターでのプーマペイの口コミや評判を見たところ、提携や開発が着々と進んでいることもあり、今後に期待しているという声が多いようでした。

 

https://twitter.com/tousikafx/status/1071559629711110144

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事