• 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • プレゼントキャンペーン プレゼントキャンペーン
    プレゼントキャンペーン第六弾開催!総額10万円分のリップル(XRP)とAmazonギフト券が当たる!
    2018年10月23日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
BitMEX_LP

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

BitMEXのビットコイン取引手数料

BitMEXのビットコインFXの際の手数料は、以下の4種類があります。

 

BitMEXの手数料(ビットコイン)
maker手数料 -0.0250%
taker手数料 0.0750%
資金調達(ロング) 変動

※8時間ごとにポジションを持っている場合に発生

資金調達(ショート) 変動

※8時間ごとにポジションを持っている場合に発生

決済手数料 0.05%

 

maker、taker手数料

maker手数料とは、1XBTあたりのレートを決めて注文する「指値注文」をしたときにかかる手数料で、taker注文とは、1XBTあたりのレートを決めずに注文する「成行注文」をしたときにかかる手数料になります。

 

maker、taker手数料については、【maker・taker手数料(指値注文・成行注文)の意味と違い】でさらに詳しく説明してありますので、こちらも参考にしてください。

 

maker/taker手数料の説明画像
maker・taker手数料(指値注文・成行注文)の意味と違いを徹底解説!【仮想通貨取引】
maker手数料、take手数料(指値注文/成行注文)の意味と違い 仮想通貨取引所を利用していると、maker手数料、taker手数料という記載を頻繁に見かけると思います。それぞれ...

 

BitMEXの場合、指値注文をした場合は手数料は、-0.0250%となっており、手数料を払うのではなく、逆にビットコインをもらうことができます。

 

成行注文をした場合の手数料は、0.0750%となっており、手数料を支払うことになります。そのため、手数料を気にする人は、指値注文を中心に使用していくと良いでしょう。

 

また、レバレッジをかけた場合、元本をもとに手数料が計算されるのではなく、取引量をもとに手数料がかかるため、注意が必要になります。

 

例えば、元金(証拠金)0.5BTCで、レバレッジ倍率100倍をかけて、43.8440XBTを取引する場合、手数料は以下のように計算されます。

〇→43.8440×0.0750%=0.032833XBT

×→0.5×0.0750%=0.000375XBT

 

つまり元手資金0.5BTCで、レバレッジ倍率100倍で成行注文をした場合、約0.03XBT(1XBT=100万円と仮定すると約3万円!)もの手数料がかかってしまいます。

 

証拠金に対してではなく、取引額に対して手数料がかかってくるため、BitMEXのtaker手数料は高いと言われることが多いです。

 

BitMEX成行注文手数料

 

資金調達手数料(スワップポイント)

資金調達手数料とは、スワップポイントと呼ばれる「金利」のことです。BitMEXの場合、ロングポジション(買い)を保持している場合、8時間ごとに金利を受け取ることができ、ショートポジションを保持している場合、8時間ごとに金利を支払うことになります。

 

金利が発生する時間は、日本時間の場合、5時、13時、21時と決まっていますので、その時間にポジションを持っていた場合に限り、手数料が発生します。(例えば、4時59分にショートポジションを決済した場合、手数料はかかりません。)

 

BitMEXのスワップポイントは、変動制を取っており、取引画面の左下で現在の資金調達率を確認することができます。

 

記事執筆時点では、ロングポジションを取っている場合の資金調達手数料は、-0.1755%となっており、ショートポジションの場合は、0.1755%となっています。

BitMEX資金調達率

 

決済手数料

BitMEXでは、ポジションを決済したときに決済手数料がかかります。決済手数料は、ビットコインの場合、0.05%になっています。

 

BitMEXのアルトコイン取引手数料

BitMEXでは、11種類のアルトコインのレバレッジ取引を行うことができます。

2018年4月追記:BitMEXで取引できるアルトコインが5種類に減りました。

 

BitMEXの手数料(アルトコイン)
maker手数料 -0.0500%
taker手数料 0.25%
決済手数料 0.25%

 

ビットコインと比較すると、maker手数料と決済手数料はお得になっていますが、taker手数料がビットコインの3倍以上かかります。

 

また、アルトコインのレバレッジ倍率は、コインごとに異なっていますが、最大がイーサリアムの50倍となっており、ビットコインよりも低いものになっています。

 

コイン名 レバレッジ倍率
ビットコインキャッシュ(BCH) 20倍
イーサリアムクラシック(ETC)

※取り扱い廃止

20倍
イーサリアム (ETH) 50倍
カルダノ (ADA) 20倍
ジーキャッシュ (ZEC)

※取り扱い廃止

5倍
ステラ (XLM)

※取り扱い廃止

20倍
ダッシュ (DASH)

※取り扱い廃止

20倍
ネオ (NEO)

※取り扱い廃止

20倍
モネロ (XMR)

※取り扱い廃止

25倍
ライトコイン (LTC) 33.33倍
リップル (XRP) 20倍

 

BitMEXの登録で分からないことがあったら【BitMEXの登録、口座開設方法、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

 

 

BitMEXの関連記事一覧
登録・口座開設 BitMEXの登録、口座開設方法、二段階認証のやり方
入金 BitMEX(ビットメックス)の入金・送金・出金方法
使い方 BitMEX(ビットメックス)の使い方
評判、口コミ 【追証なしレバレッジ倍率100倍】BitMEXの評判、口コミ、メリット、デメリット
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
取引所の関連記事
  • HitBTC_LP
    HitBTCの登録、口座開設、使い方(入金、取引、出金)を徹底解説!
  • Binanceアイキャッチ画像
    Binance(バイナンス)の入金、送金、出金方法を徹底解説!
  • アルトコイン取引所ランキング02
    アルトコイン取引所おすすめランキング!仮想通貨ごとに徹底比較!
  • Bitfinexアイキャッチ
    Bitfinex(ビットフィネックス)とは?登録、口座開設方法と使い方を解説!【5分で分かる】
  • フィスコ仮想通貨取引所ロゴ
    フィスコ仮想通貨取引所でのビットコイン(BTC)の買い方や購入方法を徹底解説!
  • フィスコ仮想通貨取引所ロゴ
    フィスコ仮想通貨取引所の評判、口コミ、メリット、デメリットを解説!
おすすめの記事