• 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
ビットコインウォレットアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

ビットコイン(BTC)のウォレットの選び方

ビットコインを保管することができるウォレットには、以下のような種類があります。ウォレットごとに「安全性」、「利便性」が全く違うため、目的別にウォレットを使い分ける必要があります。

取引所、ウェブウォレット、ソフトウェアウォレットは、ネットに繋がった状態でビットコインを管理するため、ホットウォレットと呼ばれており、利便性が高く、安全性が低いという特徴があります。

 

その一方で、外部端末や紙など、ネットに繋がっていない場所で秘密鍵(ビットコインの送金に必要)を管理するハードウェアウォレットやペーパーウォレットは、利便性は劣りますが、安全性は非常に高いという特徴があります。

 

こうした特性があるため、多額のビットコインの保管には、「ペーパーウォレット」や「ハードウェアウォレット」が向いており、短期保有で頻繁に取引するビットコインは、「ウェブウォレット」や「ソフトウェアウォレット」が向いています。

 

さらに詳しくウォレットの種類を知りたい方は、「【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!」を参考にしていただければと思います。

 

ウォレット
【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!
仮想通貨ウォレットとは?仕組みを解説! 「ウォレット」とは、「公開鍵」、「秘密鍵」、「アドレス」の3つを管理している仮想通貨の財布のことで、仮想通貨の保管や送金を行うことができます...

ビットコイン(BTC)のウォレット一覧

ビットコインに対応したウォレット20種類を以下の表で一覧でまとめています。日本語対応の有無や、価格、種類などで比較していますので、参考にしてください。

 

ウォレット 説明
Blockchain.info 【種類】

ウェブウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに対応した人気のウェブウォレット

・スマホ対応、日本語対応済

BitGo 【種類】

ウェブウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

なし

【説明】

・マルチシグ対応(秘密鍵を分割管理)であり、ウェブウォレットにも関わらずセキュリティが高い

Coinbase 【種類】

ウェブウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

なし

【説明】

・アメリカの大手取引所Coinbaseが提供しているウォレット

Coinapult 【種類】

ウェブウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

なし

【説明】

・パナマの会社が提供するウォレットサービス

ビットコインの価格をロックできる機能があり、価格変動リスクを抑えることができる

Xapo 【種類】

ウェブウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

なし

【説明】

・デビットカード機能も提供(この機能はヨーロッパのみで使用可能)

コールドウォレット、マルチシグ対応で、セキュリティ性が高い

Bitcoin Core 【種類】

ソフトウェアウォレット(デスクトップウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・完全型のデスクトップウォレットで、インストールに時間がかかり、膨大なPC容量が必要

Electrum 【種類】

ソフトウェアウォレット(デスクトップウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・簡易型のデスクトップウォレット

・二段階認証付き、マルチシグ対応のウォレットを作成することができ、セキュリティ性が高い

GreenAddress 【種類】

ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

なし

【説明】

最も早くSegwitに対応したウォレットで、手数料を抑えることができる

・スマホアプリで操作することができる

・Google Chromeの拡張機能でも利用することが可能

bread 【種類】

ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

あり(IOS版のみ)

【説明】

・ビットコイン専用のモバイルウォレット

・シンプルな設計で、使いやすい

Bitcoin Wallet 【種類】

ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

なし

【説明】

・Androidのみの対応したビットコイン専用のウォレット

Airbitz 【種類】

ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・1つのアプリ内で複数のウォレットの作成が可能

・ビットコインの支払いにも使用することができる

Bitpay(Copay) 【種類】

ソフトウェアウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・PC、スマホの両方に対応

・ビットコインに加えて、ビットコインキャッシュにも対応

・マルチシグ対応

Coinomi 【種類】

ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・100種類以上のコインに対応している

Changellyと連携しているため、アプリ内でコインの両替が可能

Bither 【種類】

ソフトウェアウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

なし

【説明】

・PC、スマホのどちらにも対応したソフトウェアウォレット

Ginco 【種類】

ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・日本の企業が提供するウォレット

17種類の通貨に対応し、使いやすいと評判

Ledger Nano S 【種類】

ハードウェアウォレット

【価格】

15,800

【日本語対応】

あり

【説明】

・20種類以上のコインに対応したハードウェアウォレット

・オフラインの外部端末で秘密鍵を管理するため、安全性が非常に高い

Trezor 【種類】

ハードウェアウォレット

【価格】

12,900円

【日本語対応】

あり

【説明】

・12種類の通貨に対応

・ハードウェアウォレットの中では、値段が安い

・オフラインの外部端末で秘密鍵を管理するため、安全性が非常に高い

Cool Wallet S 【種類】

ハードウェアウォレット

【価格】

23,000円

【日本語対応】

あり

【説明】

・6種類の通貨に対応したウォレット

・PCからではなく、スマホから操作可能

・オフラインの外部端末で秘密鍵を管理するため、安全性が非常に高い

Keepkey 【種類】

ハードウェアウォレット

【価格】

約14,000円

【日本語対応】

不明

【説明】

・7種類の通貨に対応

・オフラインの外部端末で秘密鍵を管理するため、安全性が非常に高い

bitaddress.org 【種類】

ペーパーウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・ビットコイン専用のペーパーウォレット

・オフラインの紙に秘密鍵を記録するため、安全性が非常に高い

 

ビットコイン(BTC)におすすめのウォレット

Blockchain.info

Blockchain.infoアイキャッチ

Blockchain.infoは、ビットコイン以外にも、イーサリアム、ビットコインキャッシュに対応したウェブウォレットです。世界で最も利用者が多いウェブウォレットであり、日本語対応済、PCだけではなく、スマホからも操作可能と、非常に利便性が高いウォレットです。

 

Blockchain.infoは二段階認証にも対応していますが、TrezorやCool Wallet Sなどと比較すると、安全性は低いため、頻繁に取引する予定のあるビットコインのみ保管することを推奨します。

Blockchain.infoの使い方などで分からないことがあったら【Blockchain.infoとは?使い方(送金、受け取り、セキュリティ設定)を解説!】を参考にしてください。

GreenAddress

Greenaddressアイキャッチ

GreenAddressは、Segwitに最も早く対応したモバイルウォレットです。Segwitとは、ブロックサイズは変えずにデータ容量を縮小する方法のことで、ビットコインのスケーラビリティ問題(送金の遅延や手数料の高騰が起こっている問題)の解決に繋がります。

 

GreenAddressは、Segwitに対応しているため、安い手数料で送金を行うことができます。そのため、安い手数料で送金を行えるウォレットを探している人に最適のウォレットになります。

 

Coinomi

Coinomiアイキャッチ

Coinomiは、ビットコインだけではなく、100種類以上の通貨に対応したモバイルウォレットになります。Coinomiの最大の特徴として、Changellyという交換所と提携しているため、アプリ内でコイン同士の両替ができるということがあります。

 

取引所以外のウォレットは、他のコインと変えるためには、一度取引所に送金→取引所で売買というプロセスを踏む必要がありましたが、Coinomiの場合は、アプリ内で操作できるため、こうした手間がかかりません。

 

そのため、草コインに投資している人や、アプリ内で手軽に交換したい人におすすめできるウォレットになります。

Trezor

Trezorアイキャッチ

Trezorは、20種類を超える多くの種類の仮想通貨を保管することができるハードウォレットであり、安全性が非常に高いという特徴があります。

 

また、Trezorはハードウェアウォレットの中では、最も価格が安いため、コストを抑えつつ、安全にビットコインを管理したい人におすすめになります。

 

Cool Wallet S

Cool Wallet Sアイキャッチ

Cool Wallet Sは、他のハードウェアウォレットがUSBのような外観をしているのに対し、カードのような外観をしたハードウォレットになります。Cool Wallet Sは、秘密鍵をオフラインで管理するため、最も安全性が高い種類のウォレットであり、多額のビットコインの保管に向いています。

 

対応通貨は6種類で、ビットコイン以外にも、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、EOSに対応しています。

 

Cool Wallet Sは、PCではなくスマホアプリで操作するため、スマホから仮想通貨の管理をしたい人や、財布などに入れて持ち運びをしたい人におすすめになります。

また、Cool Wallet Sの使い方については、【Cool Wallet S(クールウォレットS)の使い方や対応通貨を徹底解説!】を参考にしていただければと思います。
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

ウォレットの関連記事
  • NEO_ロゴ
    NEOウォレットでおすすめはどれ?種類ごとに比較して紹介!
  • ウォレット
    NEON Wallet(ネオンウォレット)とは?作り方や入金などの使い方を徹底解説!
  • MetaMaskアイキャッチ画像
    MetaMask(メタマスク)とは?使い方(送金、入金、トークン追加)を解説!
  • ウォレット
    【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!
  • ソフトウェアウォレットアイキャッチ画像
    仮想通貨のソフトウェアウォレット(ローカルウォレット)とは?おすすめを紹介!
  • ビットコインウォレットアイキャッチ
    ビットコインのウォレットでおすすめはどれ?種類ごとに比較して紹介!
おすすめの記事