フェイスブックが仮想通貨広告の禁止を撤回!ICOとバイナリーオプション以外は容認へ!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

フェイスブックが仮想通貨広告を許可!ICOとバイナリーオプション以外は容認へ!

Facebook(フェイスブック)は、今年1月に発表した「仮想通貨広告の全面禁止」を撤回し、部分的に仮想通貨広告の出稿を許可する方針を発表しました。

 

今回改定された「禁止されている製品とサービスポリシー」では、引続き禁止される仮想通貨広告の種類としては、下記の2点が記載されています。

フェイスブックが禁止する仮想通貨広告
・イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の広告
・仮想通貨のバイナリーオプションの広告

フェイスブックは今年1月に仮想通貨広告を禁止を発表しましたが、広告禁止の目的は「ユーザーの誤解を生むような、欺瞞的な宣伝が多く見受けられる金融商品やサービスを宣伝する広告」を防止することを目的としていました。

 

一方で、今回の変更についてフェイスブックは「安全と確認できた仮想通貨関連の広告掲載を許可するため、過去数ヶ月間最善の方法を検討してきた」と語っています。以上のことから、ICOプロジェクトはプロジェクトの正当性を検証することが難しいため、引続き禁止となっていると考えられます。

 

また、新しく更新された利用規約では、広告出稿者はフェイスブックに対して申請書を提出する必要があるなど広告出稿審査もアップデートされており、今後もユーザーからのフィードバックを受けつつ、広告規制や出稿プロセスについてアップデートを行っていくと発表しています。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事