ネム(NEM/XEM)のおすすめウォレットを比較!使い方や作り方も解説!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ネム(NEM/XEM)のウォレットの選び方

仮想通貨を保管できるウォレットには、以下のような様々な種類があり、「安全性」や「利便性」が種類ごとに大きく異なっています。そのため、目的ごとに使い分けることが大切になってきます。

ハードウェアウォレットやペーパーウォレットは、ネムの送金に必要になる秘密鍵をオフライン(インターネットに繋がっていない状態)で管理しますので、安全性は高くなっています。

 

その一方で取引所やウェブウォレット、ソフトウェアウォレットと比較すると、送金に少し手間がかかってしまうため、利便性の面では優れているとは言い難いです。

 

さらに詳しくウォレットの種類ごとの特徴などについて知りたい方は、「【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!」を参考にしてください。

 

 

そのため、長期保有用や多額のNEMを保管する場合は、安全性の高い「ハードウェアウォレット」や「ペーパーウォレット」の利用がおすすめで、短期保有用や少額のNEMの保管は、「取引所」、「ウェブウォレット」、「ソフトウェアウォレット」の利用がおすすめになります。

ネム(NEM/XEM)のウォレット一覧

ネムを保管することができるウォレットを「価格」、「種類」、「日本語対応の有無」などで比較して、一覧で紹介しています。

 

ウォレット名説明
Nano Wallet【種類】

ソフトウェアウォレット(PC上で操作するデスクトップウォレット)

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・ネムの公式のウォレット

・一定量以上のNEMを保有し、既得バランスの条件を満たすことで、ハーベスティングが可能

NEM Wallet【種類】

ソフトウェアウォレット(スマホから操作するモバイルウォレット

【価格】

無料

【日本語対応】

あり

【説明】

・Nano Walletと連携することが可能

Trezor【種類】

ハードウェアウォレット

【価格】

12,900円

【日本語対応】

あり

【説明】

・10種類以上のコインに対応したハードウェアウォレット

・安全性が非常に高い

 

ネム(NEM/XEM)のおすすめのウォレット

Nano Wallet(ナノウォレット)

Nano walletアイキャッチ画像

Nano Walletは、NEMの公式が提供しているウォレットになります。Nano Walletはある一定額以上のNEMをしばらく預けておき、「既得バランス」と呼ばれる数値の条件を満たすことによって、ハーベスティングを行い、NEMを増やすことができます。

 

Nano Walletは、後述するTrezorほどは安全性は高くありませんが、取引所やウェブウォレットと比較すると安全性は高く、利便性も高いため、ネムを管理するのに非常に便利なウォレットになります。

Nano Walletの作り方や使い方で分からないことがあったら【Nano Wallet(ナノウォレット)の作り方、使い方(入金・送金・ハーベスティング)】を参考にしてください。

 

Trezor

Trezorアイキャッチ

Trezorは、NEMを始めとした12種類の通貨に対応したハードウォレットになります。Trezorは、NEMの送金に必要になる秘密鍵をオフラインで管理するため、NEMに対応したウォレットの中でも最も安全性が高いものになります。

 

そのため、多額のNEMを保有していてとにかく安全に管理したい人や、長期保有用のNEMの保管に使いたい人には最もおすすめできるウォレットになります。

 

Trezorは、価格が1万円以上するため、Nano Walletなどと比較するとコスト面で弱みがありますが、ハードウェアウォレットの中では、比較的安い値段になっています。

NEM(ネム)の関連記事一覧
特徴・仕組み・将来性ネム(NEM/XEM)とは?特徴、仕組み、将来性や今後を徹底解説!
取引所・買い方ネム(NEM/XEM)のおすすめ取引所、買い方、購入方法を徹底解説!
ニュースNEM(XEM/ネム)で売買できるフリマサイト「nemche(ネムシェ)」をご紹介!
バーレーン王国のフィンテック企業がNEMにパートナーシップ提携を要請!
盗難されたNEMの一部が他の通貨に交換される!警察が日本人男性を任意聴取
NEM(ネム)が中東市場の拡大に向け、ドバイ開催の世界政府サミットなどの主要会議に参加
【Binance上場】仮想通貨NEM(ネム/XEM)がバイナンスで取扱い開始!
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事