• 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
セキュリティ

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所ランキングはこちら!
1つしか取引所を持っていない方は、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!大切な資産を失うリスクがあります!
 

【1位】Zaif取引手数料の安さNo.1!本サイトオススメ!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)セキュリティが世界一と評価!

【3位】GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!大手GMOグループで安心・安全!

 

▼草コインが買える注目の海外取引所!

【注目】Binance全銘柄の手数料が0.10%!人数制限付きで新規登録再開!

ハッキングされたNEM(ネム)の一部がダークウェブを通して換金か

警察によると、2018年1月に大手取引所であるコインチェックから盗難された、580億円相当のNEMの一部が、ダークウェブを通して他の通貨と交換されたとのことです。

コインチェックからNEMがハッキングされた事件については、【2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ】にまとめてありますので、こちらも参考にしてください。

 

コインチェック
2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ
1月26日に発生したコインチェックの騒動 1月26日にNEMの不正出金を端に発生したコインチェックの売買停止トラブル騒動を時系列でまとめています。 日時 出来事 1月26日 11...

 

コインチェックの盗難事件は、警察の捜査対象になっており、犯人は資金洗浄(マネーロンダリング)を始めているとのことです。

 

また、NEMの交換の募集は、通常のブラウザではアクセスすることができず、アクセスに特殊なソフトウェアが必要なダークウェブ(闇サイト)が使用されていることが判明しています。ダークウェブは、匿名性が高く、違法薬物などの違法取引に使用されることが多く、犯罪の温床になっています。

 

日本人男性も関与か

警察がダークウェブの存在を確認した時点で、すでに300件近い取引があり、4億円以上のNEMが取引されたようです。そのうち、盗難被害にあったNEMとライトコインを交換した日本人男性に対して、警察は任意聴取を実施しています。

 

 

Police: Some stolen NEM loot laundered into other currency
参考記事はこちら

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

 

【1位】Zaif


モナコインや独自トークンなど、他の取引所で取り扱いが少ない期待銘柄の取り扱い!手数料が主要3社で最も安いのも魅力!

【2位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

関連キーワード
  • OmiseGoのロゴ画像
    決済サービスのOmiseGo(OMG)がタイ政府と国民IDの開発提携に合意!
  • コインチェックロゴ
    コインチェックが資本提携を検討!事業継続に向けて商社や金融機関などが候補か?
  • tetherの画像
    BitMEXの調査部門「Tetherは詐欺ではないが、規制によるリスクが高い」
  • ブロックチェーン
    「ブロックチェーン」という言葉は10年のうちに使われなくなる
  • ドバイの画像
    NEM(ネム)が中東市場の拡大に向け、ドバイ開催の世界政府サミットなどの主要会議に参加
  • リップルグローバル
    ウエスタンユニオンがRipple社(リップル)との提携を発表!
おすすめの記事