ビットコイン年末価格アイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事株式会社や株式会社電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

専門家が「BTC価格は4,000ドルに下落後、2019年までに1万ドルに反発する」と予測

TradingAnalysis.comの創業者であるTodd Gordon氏は、2019年までにビットコイン価格が1万ドル以上に反発する前に、4,000ドルに下落することを予測しました。

 

同氏は、市場の大幅なボラティリティを主な理由に挙げ、ビットコインは5,000ドルを下回った後、年末までに1万ドルに到達することを述べています。

 

価格の推測について説明を求められたとき、同氏は「美しい上昇傾向」を挙げ、2015年からのビットコインの価格上昇を考慮すると、2018年に入ってからの1万9,000ドルからの下落は、重要ではないとしています。

 

また、同氏は、現在のビットコインの高値と安値の範囲の平均値は17%であり、これまでで最も低い水準であることも述べています。

 

「1週間の数値が20%、30%、40%であったこともあるため、もし、たった今ビットコインの価格が30%下落したとしてもそれは何の問題でもなく、2週間で回復することも可能です。」

 

同氏が創業したサイトである「TradingAnalysis.com」は、市場分析とトレード戦略を提供しており、同氏は、原油のようなコモディティを含む他の市場の予測も行っています。

 

2015年には、原油は41ドルで取引されていましたが、彼は50%近い下落になる、26ドルになることを予測していました。翌年の2月には、原油は26.05ドルで取引されており、彼の予測は当たっていました。

 

先月、ウォールストリートのアナリストであるSpencer Bogart氏も、「主要な仮想通貨(ビットコインのことを指す)は、年末までに少なくとも1万ドル以上で取引されるだろう」と述べています。

 

また、同氏は、仮想空間がより深く制度化されている現実は、長期的なストーリーを確保しており、ビットコインの未来は全体的に明るいとしています。

 

 Analyst Predicts Bitcoin Price Rebound Above $10,000 by 2019
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(Coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事