ブロックチェーンとプライバシーについての問題と各国の規制-Overbit News

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

今週のオーバービットニュースでは、いつもとは異なるアプローチをとります。

 

仮想通貨ブロックチェーンを取り巻くニュースに焦点を当てて結論を出すのではなく、仮想通貨の世界に存在する重要なテーマを取り上げ、そこから今後どのような視点でニュースを読み解いていくべきなのかを考察します。

仮想通貨による中央政府支配からの脱却と規制の戦い

ビットコインの誕生以来、最も激しい議論の一つはプライバシーをめぐるものでした。

 

一方では、ビットコインが持つ、透明性が高く不正ができない公開台帳は、公正な通貨システムを構築するために不可欠であると主張され、一方では、この透明性はプライバシーを侵害すると警戒されていました。

 

秘匿性がなければ、誰もが政府や公安などの監視対象となります。

 

ここ数年で、いわゆる匿名性コインの利用が増加していますが、一般的にアクセス可能なブロックチェーンにて大量の仮想通貨が取引されていることは事実です。

 

このため、仮想通貨の世界の大部分は、まだ伝統的な金融システムの管理下にあります。

 

これは確かにいくつかのケース(マネーロンダリング、詐欺防止など)には良いことですが、この事実は善良な一般市民にとっては歓迎されることではありません。

 

現在、何百万人もの人々が、政府の金融・経済的な支配下から抜け出すために仮想通貨に群がっています。

 

そして、私たちは、それが社会に与える影響を目の当たりにしています。

ナイジェリアでの法規制

ナイジェリアでは、仮想通貨取引が厳しく監視されています。

 

ナイジェリアの証券取引委員会は最近、投資家の保護と透明性の提供を目的に、仮想通貨取引の規制を開始すると発表しました。

 

"規制の一般的な目的は、技術を阻害したり、技術革新を阻害したりすることではなく、倫理的な慣行を奨励する基準を作ることである"

 

とアブジャに本拠地を置く規制当局は月曜日に電子メールによる声明を発表しています。

 

これらの規制は基本的には既存の証券規制を仮想通貨市場に適用しているだけなので、どのように展開されていくのか興味深いところです。

 

ここ数年、ナイジェリアは仮想通貨・ブロックチェーンの採用率が高い国の一つですが、その理由の大部分は、その人口の多さと、仮想通貨の規制システムが十分に定義されていないことにあります。

 

これらの規制は投資家を保護するだけで、イノベーションを阻害するものではないとの意見に反響を呼び、これらの措置を支持する複数の人物が名乗りを上げています。

 

政府が官僚主義とイノベーションのバランスをとることは、新しい時代にとって偉業と言えるでしょう。

海外のプライバシー政策

ここから、政府のプライバシー政策の詳細を解説します。

 

ブロックチェーン(公開台帳)の最大のメリットは、その最大の欠点でもあるかもしれません。
ブロックチェーンはプライバシーを扱うのに最適ではないとの声も挙がっています。

 

高度に発達したAIと機械学習技術によって洗練された技術は、政府、規制当局、そしてカジュアルな「スヌーパー(詮索好きな人)」でさえも、ブロックチェーンウォレットが誰のものかを特定し、場所を特定し、追跡することができるようになっています。

 

実際のところ、現在の形では、ブロックチェーン上でのプライバシーの確保はほぼ不可能です。

 

追跡不可能な方法で匿名性コインを取得する手段はありますが、99.9%の人にとっては、仮想通貨通貨取引は、十分な権力と技術(またはその両方)を持った誰にでも監視されることができるというのは当然のことです。

 

そこで一部の人たちは、仮想通貨でプライバシーの自由を維持するための代替手段を探しています。

 

CoinTelegraphの最近の記事では、皮肉にも"ブロックチェーンは政府や法律自体がプライバシーを高める唯一の方法である"と主張し始めている人が増えていると報じています。

EUのGDPRプライバシーポリシーで人々が感じる矛盾

EUのGDPRプライバシーポリシー(EU一般データ保護規則-2018年5月25日にスタートした、欧州経済領域における個人データ保護のためのルール)にあるように、一部の人々は、ブロックチェーンの匿名性を保護するためにEUが再びステップアップし、企業が取引を「盗み見」する能力を制限することを期待しています。

 

この話題の皮肉は、かつて人々は政府の個人データの「盗み見」から自分たちを守るために戦ってきたことが、最終的に政府に頼ることになってしまったことです。

 

ブロックチェーン業界にいる私たちは、この10年間、規制のない本格的なオープンマーケットを見てきましたし、企業や政府の全面的に支援を受けたFacebookのLibra構想による新たなアセットクラスを見てきました。

まとめ

今後の業界の動向を見る上で、政府、ブロックチェーン、プライバシーの三位一体が、将来の仮想通貨の重要な構成要素になることを常に念頭に置くことが重要です。

Overbit.comでは、常にグローバルで安全な仮想通貨エコシステムを維持するため、法規制を重視しています。

 

今後もユーザーの一人ひとりがOverbit.comが安全な仮想通貨取引所であることを実感していただけるよう最新情報を配信していきます。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事