• 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
トークンアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!

トークンの意味とは?

仮想通貨業界では、トークンとは、「企業や個人がブロックチェーン上で発行した独自のコイン」という意味で使用されています。

 

しかし、元々トークンという言葉は、価値のあるものと交換できる代用貨幣・代用紙幣といった意味で使われていました。そのため、商品券や引換券、ポイントサービスで貯めて使えるポイントなども、発行元が提供する商品やサービスと交換する事ができるので、トークンであると言えるでしょう。

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンは、価値のあるものと交換できるので、広義ではどちらもトークンであると言えますが、仮想通貨業界では両者を分けて使っています。

 

仮想通貨は、通貨毎に独自の技術を用いてブロックチェーン上で発行や流通をしています。トークンは独自の技術ではなく、既存のブロックチェーンを利用して発行や流通をしているという違いがあります。仮想通貨とトークンの違いは、独自のブロックチェーンを使っているか否かで見分ける事ができます。

仮想通貨とトークンの違い

トークンや仮想通貨のタイプ

トークンや仮想通貨は2種類のタイプに分けられます。その違いについて説明していきます。

アセットタイプ

アセットタイプは、発行元が存在しており、発行元が発行枚数の管理や運営をしている中央集権的な通貨を指します。仮想通貨としての性質よりも「株」に近い性質を持っています。代表的な通貨には、イオス(EOS)トロン(TRX)、テザー(USDT)などがあります。

カレンシータイプ

カレンシータイプは、発行元が存在せずにマイニングによって通貨を発行する非中央集権的な通貨を指します。通貨の発行上限が決められており、予め構築されたシステムに基づいて自動的に運営されている為、発行枚数を意図的に調整するなどといった事はできません。

 

代表的な通貨には、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)などがあります。

トークンのメリット

開発のコスト、工数を削減することができる

トークンは既存のブロックチェーンを利用するので、新しくブロックチェーンを構築したりせずに、誰でも簡単に発行する事ができます。

 

また、新たに通貨を発行した際にはそれに応じてウォレットも開発しなければなりませんが、トークンであれば既存の通貨のウォレットを使う事ができます。この他にも、マイナーを確保する必要が無い事や、分散型取引所(DEX)への上場がしやすいといったメリットもあります。

発行することで資金調達することができる

トークンは株よりも安く簡単に発行して資金を調達する事ができます。トークンの発行による資金調達をICOと呼び、プロジェクトが立ち上げに成功した後には、トークンの保有者にサービス等の還元やトークンそのものの価値が上がるといったメリットがあるので、売り手と買い手共にメリットがある仕組みになっています。

トークンのデメリット

購入するリスクが高い

トークンのデメリットとして挙げられるのが、購入する際のリスクです。ICOでトークンを購入したとしても、投資先のプロジェクトが必ず成功するとは限らないので、投資損失の可能性があります。

 

また、ICOには詐欺案件が紛れている事があり、資金を持ち逃げされてしまうといった事も起きています。ICOの詐欺については、「ICO詐欺の見分け方と事例【ディールコイン・ジュエルコイン】」を参考にしてください。

 

トークンを購入する際には、これらのリスクを考慮した上で慎重に選ぶ必要があります。

代表的なトークン

カウンターパーティー(Counterparty)

カウンターパーティー画像

カウンターパーティー(Counterparty)とは、ビットコインのブロックチェーン上に構築されたプラットフォームで、そこから発行されるトークンがカウンターパーティートークン(XCP)です。

 

XCPを使用する事でカウンターパーティーで独自トークンを発行する事ができるようになります。XCPはPoB(Proof of Burn)と呼ばれるシステムを初めて導入したコインです。

 

カウンターパーティーについてさらに詳しく知りたい方は、【Counterparty(カウンターパーティー/XCP)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格】を参考にしてください。

counter_partyのロゴ画像
Counterparty(カウンターパーティー/XCP)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格
仮想通貨Counterparty(カウンターパーティー/XCP)とは? CounterParty(カウンターパーティー)は、ビットコイン(BTC)のブロックチェーンを利用した「分散...

Binance Coin(BNB)

BNBトークン

Binance Coin(BNB)とは、世界最大手の取引所であるBinanceが発行している独自トークンで、ERC20の規格に基づいて開発されたトークンです。

 

BNBで手数料の支払いをするとBinanceの取引手数料が半額になる、四半期に一度Binanceが買い戻しをする事でBNBの価値を上げるといった特徴があります。

 

BNBについてさらに詳しく知りたい方は、【BNB(Binance Coin)とは?使い方、購入方法、特徴、将来性を徹底解説!】を参考にしてください。

BNBトークン
BNB(Binance Coin)とは?使い方、購入方法、特徴、将来性を徹底解説!
BNB(Binance Coin/バイナンスコイン)とは? BNBとは、香港(現在はマルタ共和国に移転)に拠点を置く、世界最大手の取引所であるBinanceによって発行されている独...
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

bitpointレクタングルバナー

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!

仮想通貨用語集の関連記事
  • NEM(XEM)の特徴・将来性
    NEM(ネム)財団とは?活動内容や主要メンバー、コインチェック事件の対応について
  • コインチェック
    和田晃一良(元コインチェック社長)とは?経歴や年収、現在について徹底解説!
  • 仮想通貨デイトレードアイキャッチ
    仮想通貨(ビットコイン)のデイトレードとは?やり方やコツ、おすすめの取引所を解説!
  • Guardian I 仮想通貨税務の心強いミカタ
    Guardian(ガーディアン)とは?仮想通貨の確定申告に詳しい税理士紹介サービスを徹底解説!
  • トークンエコノミーアイキャッチ
    トークンエコノミーとは?メリットやデメリット、事例を徹底解説!
  • ビザンチン将軍問題アイキャッチ01
    ビザンチン将軍問題とは?意味やブロックチェーンとの関係性を徹底解説!
おすすめの記事