サイドチェーンアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!

サイドチェーンの意味とは?

サイドチェーンとは、メインとなるブロックチェーンに複数のブロックチェーンを張り巡らせる事で情報を共有し、機能拡張と処理速度の向上を目的として開発された技術です。Blockstream社によって開発され、2014年にホワイトペーパーが発表されました。

サイドチェーン画像

出典:https://blockstream.com/technology/

各仮想通貨のブロックチェーンを繋ぎ合わせる事で全体をひとつのブロックチェーンとし、資産の移動を簡単に行う事ができるとされています。サイドチェーンにはもう1つの意味があり、親チェーン(メインチェーン)に対する子チェーンそのものを指す言葉としても使われています。

サイドチェーンのメリット

Two way Pegという技術により、資産の相互移動が可能になる

Two way Peg とは、親チェーンと子チェーンのデータを連動させる事で、通貨のやり取りができる技術の事です。従来の場合、親チェーンから子チェーンに通貨を移動することはできますが、子チェーンから親チェーンに通貨を移動することはできませんでした。

 

しかし、Two way Pegによって、子チェーンから親チェーンにも通貨を移動することができるようになり、双方向の通貨の移動が可能になりました。

 

親チェーンから子チェーンに通貨を移す場合は、移した分の通貨が親チェーンでロックされて使用不可になります。逆に子チェーンから親チェーンに移す場合は、親チェーンで通貨のロックが解除されて子チェーンにあった分は消滅させれらます。このようなシステムによって通貨の相互移動を素早く行う事ができます。

新たな機能を実装することができる

仮想通貨に新たな機能を実装する場合、ハードフォークソフトフォーク等のアップデートが必要になります。しかし、サイドチェーンを使うと現行の通貨のブロックチェーンに子チェーンを繋ぐ事で、新機能をそのまま追加する事ができるようになります。

ハッキングなどの被害を一部に抑えることができる

メインチェーンだけでトランザクションを管理していると、ハッキングがあった際に甚大な被害を受ける事になります。The DAO事件ではやむを得ずハードフォークを実施し、ブロックチェーンを分離させる事で被害を抑えました。サイドチェーンを使えば、ハッキングされた場合でもサイドチェーンのみを分離すればよいので、被害を最小限に抑える事ができます。

サイドチェーンのデメリット

中央集権になりやすい

サイドチェーンを導入すると、メインチェーンだけでなくサイドチェーンも含めた複数のチェーンをマイニングするようになります。

 

複数のブロックチェーンをマイニングするには相応の大きなマイニングパワーが必要になり、それをできる一部の人や企業にだけ集中して報酬が入り中央集権になりやすい事が懸念されています。また、サイドチェーンで繋がっているブロックチェーン全てから報酬を得られる為、中央集権化がより進むのではないかと危惧されています。

サイドチェーンを実装している仮想通貨やプロジェクト

Lisk

Liskの新しいロゴデザイン画像

Liskスマートコントラクト機能を持った通貨で、サイドチェーンを導入しています。DAppsごとにサイドチェーンが作られ、それをメインチェーンに繋いで実行するのでメインチェーンに負担をかけずに開発を進められます。

 

開発言語には世界的に使用されているJavaScriptを採用している為、独自の言語を学び直す必要は無く開発がしやすい環境になっています。また、サイドチェーンに負担を分散しているのでスケーラビリティ問題が解決されます。

 

Liskについてさらに詳しく知りたい方は、【仮想通貨LISK(リスク)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を徹底解説】を参考にしてください。

Lisk(LSK)のロゴ画像
仮想通貨LISK(リスク)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を徹底解説
仮想通貨LISK(リスク)とは? Lisk(リスク)は、仮想通貨の時価総額ランキングで不動の2位のイーサリアム(ETH)に似た特徴を持っていることから、アメリカ版イーサリアムと例え...

Liquid

Liquid画像

出典:https://www.liquid.com/ja/

Liquidとは、複数のビットコイン取引所やウォレットが共同で使えるビットコインの保管場所を提供するサービスです。ビットコインを共有プールに送り特殊なアドレスによって閉じ込め、サイドチェーン上に同等の価値の通貨を移します。

 

プライバシーに関しては、トランザクションを隠す機能によって保たれています。サイドチェーンを使う事で通貨を瞬間的に移動でき、利用しているそれぞれの企業や取引所は通貨を共同で保管する事で破産するリスクを下げる事ができます。

Rootstock

Rootstockとは、ビットコインのブロックチェーンに、サイドチェーンを利用してスマートコントラクト機能を追加する事を目標としているプロジェクトです。

 

スマートコントラクト機能は勿論、サイドチェーンによって処理速度を向上する事もできます。更に、トランザクション処理システムを導入する事で、10秒程度で送金ができるようになると言われています。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

bitpointレクタングルバナー

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!

仮想通貨用語集の関連記事
  • NEM(XEM)の特徴・将来性
    NEM(ネム)財団とは?活動内容や主要メンバー、コインチェック事件の対応について
  • コインチェック
    和田晃一良(元コインチェック社長)とは?経歴や年収、現在について徹底解説!
  • 仮想通貨デイトレードアイキャッチ
    仮想通貨(ビットコイン)のデイトレードとは?やり方やコツ、おすすめの取引所を解説!
  • Guardian I 仮想通貨税務の心強いミカタ
    Guardian(ガーディアン)とは?仮想通貨の確定申告に詳しい税理士紹介サービスを徹底解説!
  • トークンエコノミーアイキャッチ
    トークンエコノミーとは?メリットやデメリット、事例を徹底解説!
  • ビザンチン将軍問題アイキャッチ01
    ビザンチン将軍問題とは?意味やブロックチェーンとの関係性を徹底解説!
おすすめの記事