coinbase

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

Coinbase(コインベース)が日本進出を発表!

米国最大の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は「仮想通貨のグローバル統合を加速することを目的に日本市場に参入する計画」を発表しました。同社は、コンプライアンスを遵守するために日本の金融庁と話し合いながら日本進出を計画しています。

 

コインベースは6月4日Dan Romero(ダン・ロメロ)副社長兼ゼネラルマネージャーが日本市場への進出計画を発表しました。

 

私たちは暗号通貨の世界的な普及を加速するために、今日、日本でのCoinbase事務所の立ち上げを発表します。私たちは、日本での展開に向けて慎重で計画的なアプローチを行う予定です。各段階で日本の法令遵守を適切に行いつつ進めるために、金融庁とはお互い手を携えて慎重に進めていきます。

 

さらに、ロメロ氏は「米国において金融当局の規制に準拠している仮想通貨取引所として、日本の新規顧客と同レベルの信頼関係を構築することに重点を置く」と強調しています。

 

Coinbaseは新しく設立する日本オフィスのCEOに北澤直氏の就任を発表しています。北澤氏は投資銀行モルガン・スタンレー・ジャパンで働いた後に、国際法律事務所のメンバーとして数年のキャリアを積み、日本の自動投資アドバイスプラットフォームを先駆けて支援したMoney Designの元COOを務めた人物です。

 

Romero氏は北澤氏について「北澤氏は、業界トップの国際的リーダーの1人として、フィンテック・アソシエーションの理事会に参加している人物である」と説明しています。北澤氏は、Coinbase(コインベース)の日本進出について下記のように発表しています。

私たちの新しい日本オフィスは、日本の暗号投資家がCoinbaseのサービスにアクセスするための基盤を確立することを目指します。日本ユーザー向けのCoinbaseでは、より使いやすくするために、日本語で利用できるようにする予定です。

 

Coinbaseの日本進出はCoinbaseが日本最大の銀行「三菱東京UFJ銀行(BTMU)」と提携した2016年7月以降、日本でのサービス展開を検討していました。2年間の検討期間を経て、アメリカ最大級の仮想通貨取引所が本格的に日本でのサービスを展開を行うCoinbaseの今後の動きに注目です。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事