• 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
分散型取引所アイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所とは、ブロックチェーン上に存在する、非中央集権型の仮想通貨取引所の事で、Decentralized EXchangeを略してDEXとも呼ばれています。イーサリアムブロックチェーン上にあるEtherDelta(イーサデルタ)ビットコインブロックチェーン上にあるCounterparty(カウンターパーティー)などが分散型取引所にあたります。

 

分散型取引所は、取引板の表示をする程度のシステムしか持っていません。管理者が存在しないので、資産の取引や管理はユーザーがブロックチェーンを利用して行い、秘密鍵の管理などもユーザーが個人で行います。

分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所(CEX)の違い

取引所には分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所(CEX)がありますが、主に以下の表にある通り、「秘密鍵の管理」、「本人確認の有無」、「基軸通貨」、「ユーザー数」の4つの項目で両者には違いがあります。

 

項目 分散型取引所 中央集権型取引所
秘密鍵の管理 ユーザーが自己管理 取引所が管理
本人確認の有無 なし 資金決済法が改訂されてから、国内では必須
基軸通貨 プラットフォーム上の通貨や独自通貨 法定通貨やビットコインなどの流通量が多い通貨
ユーザー数 少なく、取引量も少ない 多く、取引量も多い

 

分散型取引所のメリット

ハッキングの対象になりにくい

中央集権型取引所ではユーザーの資産を取引所で預かって運営しており、資産が集中している為ハッキングの対象にされやすいです。

 

分散型取引所の場合、ユーザーが自身の資産をブロックチェーンを利用して個別に管理しているので、ハッキングされにくいというメリットがあります。勿論、ハッキングリスクがゼロになるというわけではありません。

カウンターパーティーリスクがない

マウントゴックス事件でも疑われているように、中央集権型取引所では内部の人間による不正行為といったカウンターパーティーリスクがあります。また、他にも運営主体の倒産などのカウンターパーティーリスクがあります。

 

一方で、分散型取引所には管理者がいない為、カウンターパーティーリスクが無いというメリットがあります。

本人確認が不要

取引所を運営するには、国内では金融庁による認可が必要になり、ユーザーは本人確認が必須となりました。その為、中央集権型取引所では本人確認をしなければ利用できないようになっています。分散型取引所は、そもそも運営が存在していないので本人確認が不要であり、個人情報漏えいのリスクがありません。

分散型取引所のデメリット

新しい取引所であるため、利用者が少なく流動性が低い

分散型取引所は新しいシステムなので認知度が低く、ユーザーが少ない為に流動性が低いというデメリットがあります。結果として、取引が成立しにくいといった状況になっています。今後、分散型取引所が普及し認知度が上がる事で、徐々に解消されていくのではないかと言われています。

通貨ペアが限定的

分散型取引所では、そのプラットフォーム上の通貨や独自通貨が基軸通貨となります。その為、中央集権型取引所と比較すると通貨ペアがかなり限定的になってしまうというデメリットがあります。

 

また、ほとんどの分散型取引所では法定通貨を取り扱っていないので、特定の仮想通貨を持っていないと取引所を利用できません。

サポートを受けることができない

中央集権型取引所の場合は、管理者が存在するため、サポートを受けることができ、ハッキング被害が発生した場合も、補償を受けることができるケースがあります。

 

しかし、分散型取引所には管理者が存在せず、サポートを受ける事ができないので、全て自己責任で利用する必要があります。

本人確認が不要であるため、犯罪に利用される可能性がある

本人確認が不要である事のメリットについては先ほど説明しましたが、匿名で利用できるが故にマネーロンダリングといった犯罪に利用されてしまう可能性があります。今後はこのデメリットについての対策が大きな課題になります。

フロントランニング

フロントランニングとは、攻撃者が先に注文を処理することによって、不利なレートで取引させる方法のことです。分散型取引所では、フロントランニングが可能であることが指摘され、対策が必要であるとされています。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

取引所の関連記事
  • フィスコ仮想通貨取引所ロゴ
    フィスコ仮想通貨取引所でのモナコイン(MONA)の購入方法を徹底解説!
  • フィスコ仮想通貨取引所ロゴ
    フィスコ仮想通貨取引所のビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法を徹底解説!
  • bitbank.ccLP
    ビットバンク(bitbank.cc)でのライトコイン(LTC)の購入方法を徹底解説!
  • BitPoint(ビットポイント)ロゴ
    BITPoint(ビットポイント)でのビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法を解説
  • BitPoint(ビットポイント)ロゴ
    BITPoint(ビットポイント)でのビットコイン(BTC)の購入方法を解説
  • BITPointロゴ
    BITPoint(ビットポイント)の口座開設、登録、本人確認方法
おすすめの記事