仮想通貨RChain(アールチェーン/RHOC)とは?将来性や今後、取引所や買い方を徹底解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨RChain(アールチェーン/RHOC)とは?

RChain(アールチェーン/RHOC)は2017年に公開された比較的新しい通貨で、仮想通貨を実用的に決済に使う事を目標とした、産業向けブロックチェーンプラットフォームの開発を行なっています。

 

現在決済として使われているクレジットカードブランドのVisaは、トランザクション処理スピード1秒あたり50,000件以上を実現しています。実際に世界中で決済手段として使われるとなるとこのレベルの処理能力が求められてきますが、現時点でそれを実現できている仮想通貨は存在しておらず、RChainはVISAに匹敵する処理スピードを目指しています。

 

また、RChainはコンテンツ配信プラットフォームとしても機能するように設計されており、将来的にはFacebookに匹敵する規模のプラットフォームになる事を目指しています。

 

RChainの開発にはRChain CooperativeとRChain Holdingsの二つの組織が関わっています。前者はRChainのプラットフォームやソフトウェア関連の開発を担当しており、もう一方はスタートアップの支援やベンチャー企業設立、製品開発などを行なっている営利目的の企業になります。

RChain(アールチェーン/RHOC)の特徴や仕組み

独自に開発された仮想マシンRho-VM

Rho-VMは(the Rho Virtual Machine)の略でRChainにおける仮想マシンを指します。このマシンは独立性、スケーラビリティ、パフォーマンスの三つを強化する役割を担っています。

 

項目説明
独立性・Rho-VMは時にRChainのブロックチェーン上においてスマートコントラクトを処理する

・RChainはデフォルトの状態で区切られており、スマートコントラクトの結果は並列なブロックチェーン上に現れる

スケーラビリティ・Pho-VMにはプラットフォームの成長に伴って初期化が行われる

・これによってデータは常に整理されており、プラットフォームの拡大スピードにも追いつく事ができ、ネットワーク全体のスムーズさを保つことができる

パフォーマンス・Pho-VMはそれぞれが少量のデータのみを有しており、平行して実行しやすいので一つのノードに複数のPho-VMが存在しても軽快な動作を保つ

・その結果、RChainのネットワーク自体の応答速度や処理能力も高い水準に保つ事ができる

独自のプログラミング言語(Rholang)の採用

RChainではRholangという独自のプログラミング言語が採用されています。これはPho-VM上で実行するスマートコントラクトを記述するための言語になります。

 

この言語は並行言語とも呼ばれており、コンピューターに並行で処理をするのに適している言語の事を指します。並行言語では一つのプログラムを元に、複数のプロセスを生成する事ができるので、分散型のネットワーク構築に非常に向いている言語だと言えます。

 

しかし、RholangはRChainのために開発された独自の言語なため、使いこなせる技術者は少なく、その点をいかに克服するかが重要になってきます。

プラットフォーム上でDappsの提供が可能

先ほど紹介したPho-VMはスマートコントラクトを実行するプラットフォームとして機能するほかにもDapps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとしても役割を果たします。

 

RChainではメインのブロックチェーンの他に独立したブロックチェーンが形成されているため、開発者はそれぞれのブロックチェーン上で開発を行えるという優位性も持ち合わせています。

RChain(アールチェーン/RHOC)の将来性や今後

イーサリアム財団の開発者Vlad Zamfir氏が取締役に就任

RChainはチームの一員にイーサリアム財団の開発者を迎え入れています。Vlad Zamfir氏の傘下は2017年後半に噂されていましたが、現在は取締役に就任しており、公式ウェブサイトでもそのプロフィールを確認する事ができます。

 

スマートコントラクトやDappsなどイーサリアムに近い点を持ち合わせている事から彼の参加は大きな影響をもたらすのではないでしょうか。

RChain(アールチェーン/RHOC)の取引所

RChainは記事執筆時点では、時価総額で117位につけているマイナーな通貨であるため、主要な海外の取引所では取り扱いがありません。現在RChainを取り扱っている取引所にはKucoin、Bitinka、CHAOEXなどがあります。

 

取引量はKucoinとBitinkaがほぼ全てを占めており、両者の合計は取引高の95%以上に登ります。

RChain(アールチェーン/RHOC)の買い方や購入方法

RHOC(RChain)は、国内取引所で取り扱っていないため、海外取引所で売買することになります。基本的に、海外取引所は日本円の入金に対応していないため、最初に国内取引所でビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を購入して、海外取引所に送金する必要があります

 

Kucoin(クーコイン)でRHOCを購入する場合は、以下のような手順で購入します。

 

  • 国内取引所で、ビットコイン(BTC)または、イーサリアム(ETH)を購入する
  • 購入したビットコインまたは、イーサリアムをKucoinのウォレットに送金する
  • KucoinでRHOCを購入する

 

また国内取引所は複数のアルトコインを取引所形式で売買できるビットバンク(bitbank.cc)】がおすすめですので、まだ口座開設していない人は早めの登録をおすすめします。 ビットバンクの登録で分からないことがあったら【bitbank.cc(ビットバンク)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

RChain(アールチェーン/RHOC)のウォレット

RChainはイーサリアムの規格に準拠したERC20トークンのうちの一つであるため、MyEtherWalletなどのウォレットが利用可能です。このウォレットは無料で利用できる上に初めての方でも使いやすいと評判なのでぜひ試してみてください。

 

また、RChain以外におすすめの仮想通貨について知りたい方は、【仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!】を参考にしてください。

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事