コインチェック

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価5円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが運営。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

コインチェックがXMRやDASH、ZEC、REPの4種類匿名通貨の取扱いを停止予定

仮想通貨取引所コインチェック(CoinCheck)が匿名通貨4種類の取扱いを停止する方針であることが分かりました。

 

約580億円の仮想通貨NEM(ネム)が流通した事件を受けてコインチェックは、先日マネックスグループによって買収されました。現在は、2ヶ月後の2018年6月の「仮想通貨交換業者の登録」に向けて経営体制を刷新している同社が、マネーロンダリングなどに利用される懸念が高いと言われる匿名通貨の4種類の取扱いを停止する方向で調整していることが分かりました。

 

5月18日追記:コインチェック社が匿名通貨4種類の取扱い停止が正式に発表しました。

 

取扱いが停止される匿名通貨は、モネロ(XMR)とダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)、Augur(REP)の4種類です。

 

今月4月6日に行われたコインチェックとマネックスの合同会見では、コインチェック前社長の和田氏が「匿名通貨の取扱いに関してはまだ検討中で、特に決まった事実はない。」とコメントしていましたが、2週間経った今では「匿名通貨の取扱いを停止の方向性」が発表されています。

 

参考記事:コインチェック(Coincheck)とマネックス社の記者会見発表内容まとめ

 

匿名通貨とは、匿名で送金等を行える仮想通貨の事で、プライバシー性が非常に高いことが特徴です。

 

コインチェック事件で盗難されたNEM(ネム)も、匿名通貨を通じて資金洗浄されたことで、現在では追跡することが難しくなり、警察の捜査も難航しています。このように匿名通貨は資金洗浄に利用されることが多く、取扱いが難しい仮想通貨と言われています。

 

また、今回の流失事件に多額の訴訟費用が掛かることも、これらの取扱い停止に大きく寄与していると言われています。

コインチェック事件における訴訟には約10〜20億円近いコストがかかると言われているため、コスト削減を行なう目的でも匿名通貨4種類の停止を決めたと言われています。

コインチェック(Coincheck)の登録で分からないことがあったら【コインチェック(Coincheck)口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事