• 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • プレゼントキャンペーン プレゼントキャンペーン
    プレゼントキャンペーン第一弾開催!総額約10万円分のビットコインが当たる!
    2018年9月18日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
NEM(XEM)の特徴・将来性

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

NEM財団(ネム財団)とは?

NEM財団(NEM.io財団)とは、「仮想通貨NEMの技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」を目指して活動している非営利団体です。

 

アジアの金融センターであるシンガポールに本拠地を置き、2015年3月31日に仮想通貨XEMが誕生して以来、NEMのさらなる普及に向けて活動しています。NEM財団が運営する仮想通貨NEMの時価総額は、日本円換算ですでに約1000億円を超えており、日々市場規模を拡大している無数の仮想通貨のなかでも上位にランクインしています。

 

仮想通貨NEMについて詳しく知りたい方は「ネム(NEM/XEM)とは?特徴、仕組み、将来性や今後を徹底解説!」を参考にしてください。

nem
ネム(NEM/XEM)とは?特徴、仕組み、将来性や今後を徹底解説!
仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは? NEMとはNew Economy Movementの頭文字をとったもので、「新しい経済運動」という経済に新しい革新をもたらすことを理念とした仮...

 

NEMを購入したい方は「ネム(NEM/XEM)のおすすめ取引所、買い方、購入方法を徹底解説!」からNEM購入にオススメの取引所を見つけてください。

NEM(XEM)の特徴・将来性
ネム(NEM/XEM)のおすすめ取引所、買い方、購入方法を徹底解説!
ネム(NEM/XEM)の取引所を手数料で比較! コイン別おすすめ取引所(国内取引所取り扱いアリ) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ビットコインキ...

NEM財団の活動とは?

ネム財団は、仮想通貨NEM(XEM/ネム)ブロックチェーンの普及を目指して活動しています。これまでの主な活動実績としては、「Blockchain Globalとの戦略的提携」などが挙げられます。「Blockchain Global」はオーストラリア最大の仮想通貨取引所「ACX.io」の運営に携わっているブロックチェーン企業です。

 

NEM財団とBlockchain Globalの提携は、主要領域へブロックチェーン技術の普及促進、そしてNEMの普及範囲を拡大することを目的としていて、実際にこの提携により具体的な取り組みが2つ決まっています。

NEM財団とBlockchain Globalの提携
・NEMエコシステムの拡大にむけた仮想通貨取引所を開設
・マーレシアで起業家の支援、コワーキングスペースの提供を行うブロックチェーンセンターを開設

NEM財団のメンバー(代表、理事)

代表:LonWong(ロン・ウォン)

LonWong(ロン・ウォン)氏は、NEM財団の創業メンバーで代表理事を務めていました。LonWong(ロン・ウォン)氏は仮想通貨の先駆けであるビットコインの利用者フォーラムで、自分あるいは自分たちで新しい仮想通貨を生み出せるのではないかという可能性を感じ、仮想通貨NEM(XEM)の開発を始めました。

 

2018年4月にNEM財団の代表理事の退任を発表しており、現在は顧問というポジションに就いています。現在は、シンガポールのフィンテック企業「Dragonfly Fintech(ドラゴンフライ・フィンテック)」という企業のCEO務めながら、NEM財団の顧問を務めています。

副代表:JeffMcDonald(ジェフ・マクドナルド)

JeffMcDonald(ジェフ・マクドナルド)氏は、2018年4月までNEM財団の副代表を務めていました。韓国の大邱市にある先進的研究機関である啓明大学校などでも勤務していた経歴があり、仮想通貨・ブロックチェーン技術のエキスパートです。ロン・ウォン氏と同様にジェフ・マクドナルドも2018年4月にNEM財団の副代表を退任しています。

理事:朝山貴生

朝山貴生氏は、Zaif(ザイフ)を運営するテックピューロ株式会社の社長で、NEM財団理事を務めています。彼は兵庫県出身で関西学院大学を卒業後、主にEコマース事業の経営者として日本国内で活動してきました。

 

2014年6月に仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社を設立し、現在は仮想通貨取引所を運営しています。現在、NEMはテックビューロの開発したパブリックブロックチェーンである『mijin(ミジン)』を採用しています。

NEM財団のコインチェック事件対応

コインチェック社から約580億円相当のNEMがハッキングされた「コインチェック事件」直後にロン・ウォン氏は「It's unfortunate that CoinCheck got hacked. But we are doing everything we can to help.(コインチェックがハッキングされたことは残念だ、だが私達のできる限りのことをする)」とツイッターで発言したことで、NEM保有者の混乱を収めることに貢献しています。

その後、ホワイトハッカーの「Rin’MIZUNASHI(JK17)」の協力を得て、コインチェック事件で流出したNEMにモザイク(目印)というマーキング技術を用いて、流出NEMの追跡を行いました。

 

しかし、ハッキングされた約580億円のうち約350億円は他の仮想通貨に取引されたため、コインチェック事件の約2ヶ月後の2018年3月20日に追跡の打ち切りを発表しています。

NEM財団の評判は無能?

コインチェック事件の被害を受けたNEM保有者は、被害者の救済策としてNEM財団によるハードフォークを期待していました。しかし、coincheck事件の発端は、コインチェック社のセキュリティ対策の不備が問題であり、NEM自体には問題がなかったことから「ハードフォークは妥当ではない」としてハードフォークは実施されませんでした。

 

このコインチェック事件に対するNEM財団の対応に、コインチェック事件の一部被害者から「NEM財団は無能だ」という声があがりツイッター等で話題になりました。

NEMの購入には、取引量が世界一多く、手数料も0%~0.1%と非常に安いZaifを利用することがおすすめです。

Zaifの登録で分からないことがあったら【Zaif(ザイフ)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

 

NEM(ネム)の関連記事一覧
取引所・買い方 ネム(NEM/XEM)のおすすめ取引所、買い方、購入方法を徹底解説!
ウォレット ネム(NEM/XEM)のおすすめウォレットを比較!使い方や作り方も解説!
ニュース NEM(XEM/ネム)で売買できるフリマサイト「nemche(ネムシェ)」をご紹介!
バーレーン王国のフィンテック企業がNEMにパートナーシップ提携を要請!
盗難されたNEMの一部が他の通貨に交換される!警察が日本人男性を任意聴取
NEM(ネム)が中東市場の拡大に向け、ドバイ開催の世界政府サミットなどの主要会議に参加
【Binance上場】仮想通貨NEM(ネム/XEM)がバイナンスで取扱い開始!

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
仮想通貨用語集の関連記事
  • Telegramアイキャッチ
    Telegram(テレグラム)とは?日本語化のやり方や使い方を徹底解説!
  • リプレイアタックアイキャッチ (1)
    リプレイアタック(攻撃)とは?対策や事例を徹底解説!【5分で分かる】
  • イーサリアムアイキャッチ
    The DAO事件とは?DAOプロジェクト概要やその後の対策を徹底解説!
  • コインチェック
    和田晃一良(元コインチェック社長)とは?経歴や年収、現在について徹底解説!
  • 仮想通貨少女アイキャッチ02 (1)
    仮想通貨少女とは?気になる正体やメンバーをwiki風に紹介!
  • ビザンチン将軍問題アイキャッチ01
    ビザンチン将軍問題とは?意味やブロックチェーンとの関係性を徹底解説!
おすすめの記事