公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ライトコイン(LTC/Litecoin)の将来性・今後の価格

ライトコインの価格は今後も上がっていくと予想されます。ライトコインには今後の価格上昇に繋がると判断できる材料が多くあります。簡潔にまとめると5つの価格向上要因があります。

 

  • ビットコインの欠点を改善した特徴
  • ビットコインの代替投資先としての価値
  • SegWit(セグウィット)の成功
  • ライトニング・ネットワークのメリット
  • 開発者がライトコイン開発にフルタイムコミット

 

これらの要因をそれぞれ説明してきましょう。

 

関連記事:ライトコイン(LTC/Litecoin)がLitePayの発表により約30%高騰!(2/15)

関連記事:ライトコイン(LTC)が1000ドルに到達すると考えられる理由(2/9)

ビットコインの欠点を改善

ライトコイン4

ライトコイン(Litecoin)はビットコイン(BTC)の欠点である決済スピードを改善した仮想通貨として2011年に発表された仮想通貨です。

 

 

開発者のCharlie Lee氏は、ライトコインの設計思想について「ビットコインが金であるならば、ライトコインは銀である」と語っています。開発者自らが銀であると表明したライトコインの特徴としては、大きく3つ挙げられます。

 

  • 決済スピードの速い(ビットコインの4倍の速さ)
  • 総発行枚数が多い
  • マイニングがやりやすい

 

決済スピードに関して、ビットコインは一つの取引の承認が得られるまでの決済に約10分かかるのに対して、ライトコインは所要時間が約2.5分と実に4倍のスピードで済ませることができます。これによって、総発行枚数もビットコインの4倍の8400万枚(ビットコインは2100万枚)となっています。

 

マイニングに関しては、ビットコインとは異なるアルゴリズムを導入していて、マイニングにかかる電力が抑えられていたり、マイニングに必要なコンピューターの性能が低くても問題ないようになり、マイニングする人にとって扱いやすいです。

 

このようにライトコインはビットコインの欠点を改善した仮想通貨であり、発行枚数がビットコインより多く1コインあたりの単価が安いことからビットコインが急騰(価格が上がる)すると、ライトコインが代替投資先として有力な選択肢として選ばれて価値が上がることが多いという特徴もあるので、今後の価格上昇に期待が持てます。

Segwit(セグウィット)の成功

ライトコインは、ビットコインより先にSegwit(セグウィット)というスケーラビリティ問題を解決する大型のアップデートに成功したことで話題になりました。

 

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンのブロックの容量が小さいことが原因で、今後ビットコインの取引量の増加が続くとデータの処理スピードがどんどん遅くなってしまう問題です。

 

今後ビットコインの取引量の増加が予想される中で、ブロックチェーンのブロックの容量の限界によってこのスケーラビリティ問題がまだ解決されていませんが、ライトコインはビットコインをはじめ、他の仮想通貨に先立ってこのスケーラビリティ問題を解決したことでコインの評価が急上昇しました。

 

さらに後述のライトニングネットワーク(LN)と組み合わせることでライトコインの利便性が飛躍的に上がると言われています。また、Segwitについてさらに詳しく知りたい方は、【Segwit(セグウィット)とは?仕組みやメリット、導入された仮想通貨を徹底解説!】を参考にしてください。

ライトニングネットワークのメリット

ライトニングネットワークは、ビットコインがSegWitをアクティベートすることで利用可能になります。ライトニング・ネットワークが利用可能になることによりコインの利便性などが飛躍的に向上します。具体的には、下記の3つのポイントが改善されます。

 

  • 処理速度が劇的に早くなる
  • 手数料が安くなる
  • 少額支払いが可能になる

処理速度が劇的に早くなる

ライトニング・ネットワークを利用することでトランザクション(取引処理)の速度が大幅に改善されます。これまで2.5分かかっていた処理時間が1秒かからず終わるようになる言われています。

 

手数料が安くなる

ライトニング・ネットワークを利用すると、マイナーに支払う手数料が安くなります。これによって取引量が増加すると見られています。

 

少額支払いが可能になる

ライトニングネットワークを利用することで少額支払いが可能になります。極端に言うと、(0.00000001BTC(1satoshi)単位での支払い)も可能になります。さらに手数料もほとんど掛からなくなるため、利便性が飛躍的に改善されると言われています。

LTC開発者がフルタイムにシフト

ライトコインの開発者Charlie Lee氏が、ライトコインの開発にフルタイムで取り組む事を発表しました。また、この動きに伴ってビットコインのコア開発者の数名もライトコインの開発に参加することも明らかになるなど開発体制が大幅に強化されていることが分かりました。Twitterでもライトコイン開発にフルタイムでコミットすることを表明しています。

ライトコイン(LTC/Litecoin)の価格は今後上がる可能性が高い

ライトコイン(LTC)は、ビットコインから派生している仮想通貨なだけあって、ビットコインと比較対象になることが非常に多いです。

 

ビットコインは仮想通貨の代表的な存在であり、「仮想通貨 = ビットコイン」と考えている人も多いため、圧倒的な人気を誇っていますが、通貨としての利便性などを考えると、ライトコインがビットコインより優れている点が多いです。

 

とくに、ライトコインはビットコインよりも日常利用に適しています。仮想通貨の利用目的が現在のような投資リターンを求められている「投資利用」から「日常利用」にが変わった時、ライトコインが注目を浴びる可能性が高いです。実際、カナダではライトコインで決済できるATMが設置されるなど、仮想通貨が日常の決済方法のスタンダードになる日が来る可能性も十分にあると言われています。

 

まだ仮想通貨を購入したことがない人でも、ライトコインはビットコインなどと比べると安いため、少額保有しておくだけでもオススメです。

 

ライトコインは、ディーカレット(DeCurret)GMOコインで購入することができますので、まだ口座を持っていない方は早めに登録しておくことをおすすめです。

 

 

ライトコインの関連記事一覧
特徴ライトコインとは?特徴、仕組み、ビットコインとの違いを徹底解説!
取引所ライトコイン(LTC)におすすめの取引所、買い方、購入方法を解説!
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事