公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



WealthNavi(ウェルスナビ)とは

WealthNavi(ウェルスナビ)とは、人口知能(AI)を用いて株・債権などの資産を自動的に運用する投資一任型ロボアドバイザーサービスです。

 

従来の資産運用は、「どれだけのお金を分配するのか」「どの商品に投資をするのか」「運用結果を踏まえて、どのように調整するのか」などを全て自身で決める必要がありました。

 

これが投資の一つの醍醐味と言えますが、投資初心者にはリスクが高く、ハードルが高い作業と言えますよね。

このようなハードルの高い作業を、ウェルスナビが全て自動で行なってくれるのです。

 

手数料についても掛かるのは預かり資産300万円までなら、年率1.0%(税別)のみ。
この金額は10万円の預かり資産であれば、年間1000円の出費で利用出来るのです。

 

このような自動で資産運用をサポートしてくれるサービスを「ロボアドバイザー」と呼んでおり、「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類に分類されます。

 

アドバイス型は主に、「運用のアドバイスだけをしてくれるもの」であり、実際の運用は全て自分で行う必要があります。

ウェルスナビは投資一任型に分類され、自動的に運用投資を行ってくれるタイプのサービスです。

 

ウェルスナビの口座開設方法について知りたい方は、こちらの記事『ウェルスナビ(WealthNavi)の口座開設、登録方法を解説!【5分で分かる】』をご覧ください。

ウェルスナビ以外のロボアドバイザーに興味がある方は、当サイトおすすめのロボアドバイザーを「ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較!おすすめ業者をランキング形式で紹介!」の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

WealthNavi(ウェルスナビ)の安全性

ウェルスナビでは、ユーザー保護の観点から多くの安全対策を講じています。

ウェルスナビセキュリティ対策

分別管理

WealthNavi(ウェルスナビ)では、会社保有資産とお客様用の資産を明確に区分して管理を行っています。

 

まず安全性で不安になる点として、「ハッキングなどによって投資したお金を盗まれること」が挙げられます。

現金は三井住友銀行、りそな銀行、みずほ信託銀行に保管されており、また投資中のETFについては、米国の世界最大規模の証券預託機関(Depository Trust Company/DTC)で分別管理されており、ウェルスナビが保管しているということがありません。

 

そのためウェルスナビへの直接のハッキングで資産が盗まれる心配がありません。

 

明確に資産を分けていることで、運営会社に万が一のことが起きても資産は保証されるのです。大切な資金を保証してくれるのは、投資初心者にとっても安心と言えます。

日本投資家保護基金に加入

WealthNavi(ウェルスナビ)は投資家保護基金に加入をしており、万が一トラブルがあった場合に、最大1,000万円までの支払いが保証されています。

 

投資家保護基金では、「証券会社の破綻等、万が一の事故により支払いに支障が出た場合に顧客一人あたり最大1,000万円を限度として支払いを保証する仕組み」と定義されています。

 

これはつまり、加入が義務付けられている銀行・証券会社等と同じ安全性が担保されていることを表します。

 

ウェルスナビを含めたロボアドバイザーは、ここ数年で生まれた比較的新しいサービスです。しかし、新しいサービスである為に、この日本投資家保護基金に加入していない会社は多く存在します。
自身の投資金に何かあった場合に、1,000万円まで保証されているのは心強いですね。

 

また、金融商品取引業者として関東財務局長(金商)第2884号を取得している部分も安心の裏付けとなります。

個人情報の保護

ウェルスナビでは、全ての通信に対してSSL暗号通信方式を採用したり、マイナンバーの管理なども厳重に行われています。

 

近年、Webサイト通信の脆弱性を付いた攻撃から、個人情報・口座情報などが流出するケースが多くみられます。全ての通信を暗号化することにより、第三者のデータ盗聴・なりすまし・改ざんなどを防ぐことが可能です。

 

使われている通信方式も「256bit SSL通信方式」を採用しており、これは、一般に知られている暗号化技術と比較しても最高レベルの強固さを誇ります。

 

また、ユーザーから提出されたマイナンバーは、施錠された部屋で管理を行う上に、常に監視カメラが動いている場所にて取り扱いが行われています。

 

このような強固な個人情報保護の対応も、ウェルスナビを選定するメリットになるでしょう。

2段階認証

ウェルスナビでは、2018年8月よりシステムにログインを行う場合には、「2段階認証」が導入されています。

 

このような認証方法は、ネットバンキングなどの強固なセキュリティが必要とされるものでしか使われることは普段ありません。

 

2段階認証とは、通常行われているIDとパスワード認証を行なった後に、ウェルスナビではスマートフォンアプリの認証アプリにおいて生成される「認証コード」を入力することで認証が完了します。

 

通常のID・パスワードのみの認証だけであれば突破されてしまう可能性があっても、ログイン後に発行される使い捨ての認証コードを利用する認証は、安心してサービスを利用出来ると言えるでしょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)と他社の安全性・信頼性を比較

ウェルスナビの安全性は上述の通りですが、ウェルスナビと並んで有名なロボアドバイザーサービスを提供するTHEO(テオ)と比較して解説します。

 

ウェルスナビとTHEOのより詳しい比較について知りたい方は【ウェルスナビ(WealthNavi)とTHEO(テオ)を徹底比較!】を参考にして下さい。

ウェルスナビ THEO
分別管理の有無 あり あり
二段階認証の有無 あり なし
投資家保護基金の有無 あり あり
提携会社の数 10社 21社
運用者数 12万人超 5万人超
預かり資産 1,400億円超 360億円超
資本金 37億998万円(資本剰余金含む)
※2019年5月24日現在
1億円
資本準備金120億2,392万4,861円
※2019年3月22日現在
資金調達
  • インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ(IVP)
  • グリーベンチャーズ
  • 三菱UFJキャピタル
  • 未来創生ファンド
    グローバル・ブレイン
  • Sony Innovation Fund
  • DBJキャピタル
  • SMBCベンチャーキャピタル
  • みずほキャピタル

など

  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス
  • 東京大学エッジキャピタル
  • グロービス・キャピタル・パートナーズ
  • 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
  • 電通デジタル・ホールディングス
  • 伊藤忠商事
  • 丸井グループ
  • NTTドコモ

など

 

図を比較すると、ウェルスナビでは備わっている二段階認証が、THEOには備わっていないことが分かります。

 

ネットバンキングや仮想通貨などを扱うサイトでは堅牢性を高める為に必ずと言っていいほど取り入れられているものであり、この点を見ると、ウェルスナビの方が、高い安全性を持っていると言えるでしょう。

 

ウェルスナビの提携サービスについて詳しく知りたい方は【ウェルスナビ(WealthNavi)の他社提携サービスでもっとお得に資産運用!】を参考にして下さい。

ウェルスナビ(WealthNavi)の関連記事一覧
口座開設方法 ウェルスナビ(WealthNavi)の口座開設、登録方法を解説!
安全性・信頼性 ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性と信頼性
評判・口コミ ウェルスナビ(WealthNavi)の評判、口コミ、メリット・デメリットを徹底解説!
手数料・入金方法 ウェルスナビ(WealthNavi)の手数料と入金方法について徹底解説!
分配金確認方法・支払い時期 WealthNavi(ウェルスナビ)の分配金の支払い時期と確認方法は?複利についても解説!
マメタス ウェルスナビが提供するマメタスとは?仕組みやメリット・デメリット、評判について解説!
運用プラン・リスク許容度 ウェルスナビ(wealthnavi)の運用プランとリスク許容度
自動積立 ウェルスナビ(wealthnavi)の自動積立の設定方法やメリット
他社連携サービス ウェルスナビ(WealthNavi)の他社提携サービスでもっとお得に資産運用!
比較 ロボアドバイザー(AI投資)とは?メリット、デメリット、評判、口コミを徹底解説!
【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較】おすすめ業者をランキング形式で紹介!
ウェルスナビ(WealthNavi)とTHEO(テオ)を徹底比較!
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事