• 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
【G20】7月までに加盟国が規制案を準備

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!
大切な資産を失うリスクがあるため、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!

金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠bitFlyerセキュリティが世界一と認定された安心・安全の取引所!
7種類のコインを購入可能!
びっくりマークビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

7月までに仮想通貨への規制案を加盟国が準備

今回開催されたG20では、グローバルな仮想通貨規制の実施が決定されることはありませんでした。しかし、アルゼンチンの中央銀行総裁であるFrederico Sturzenegger氏は以下のように述べ、各国が仮想通貨への規制案を7月までに準備することを明らかにしました。

 

「G20加盟国は仮想通貨はより調査される必要があることで一致しましたが、何かしらの規制が提案される前により多くの情報が必要になります。
加盟国は7月に、何を規制するのかだけではなく、我々が必要なデータは何なのかまで踏み込んだ、非常に具体的な規制案を提出しなければなりません。」

 

規制への参加義務や強制力は現時点では不明

現在、全ての国がG20のこの計画に賛同している訳ではなく、ブラジルの中央銀行総裁のIlan Goldfajn氏は、「ブラジルでは仮想通貨は規制されないだろう」と述べたことが報道されています。

 

またブラジルは将来、国際的な規制が制定された際、必ずしも従っているとは限らないことが伝えれています。(つまりG20で制定される国際的な仮想通貨規制は、強制力を持つかどうかは現時点では明らかになっていません。)

 

7月まではFATFの基準が適用

G20は、以下のような声明を出し、具体的な規制が制定されるまでの仮想通貨への対応について説明しています。

 

「しばらくの間は、FATF(ファトフ)というマネーロンダリングやテロ資金への対策を行っている国際機関の基準に従います。
また、SSBs(国際基準設立機構)に要請し、引き続きの仮想通貨資産やリスクの監視を継続し、必要に応じて多国間の反応を評価します。」

 

G20のまとめ、仮想通貨の未来

フランスとドイツなどが、「仮想通貨は投資家にかなり大きなリスクをもたらす可能性がある」という内容を共同文書で述べたり、日本やアメリカが「仮想通貨が違法行為に悪用されることへの懸念」を指摘するなど、G20では仮想通貨への厳しい規制がされる可能性も指摘されていました。

 

しかし、蓋を開けてみれば、FSBが各国の仮想通貨への規制の呼びかけを拒否をしたり、黒田日銀総裁が仮想通貨に前向きな発言をするなど、当初の予想よりも仮想通貨業界にとってポジティブな結果になりました。

 

しかしながら、どれほどの強制力を持ち、どれほどの制約がされるものになるのは現時点では分かりませんが、今後国際的な規制が制定されるのは間違いないと考えて良いでしょう。

 

今回のG20では、「仮想通貨は一定の評価がされていること」、その一方で「マネーロンダリングや犯罪への利用、投資化保護が必要」という両面の姿勢を見ることができましたので、「仮想通貨市場を健全に発展させる」ための規制内容になることが予想されます。

 

今後制定されるであろう規制は、仮想通貨の未来に大きく影響しますので、引き続き注視していく必要があります。

 

各国の個別の規制などについては、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

各国の仮想通貨規制
各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ
各国の仮想通貨・ICOへの規制状況一覧 2018年3月追記:世界的に統一した仮想通貨への規制が作られると言われていたG20が3月19日から20日にかけて、開催されました。 仮想通...

 

G20 Calls for Crypto Regulation Recommendations By July
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連キーワード
  • 機関投資家仮想通貨アイキャッチ
    世界最大の資産運用会社BLACKROCK(ブラックロック)が仮想通貨市場参入か!
  • G20FSBアイキャッチ
    G20の監督機関FSBが「仮想通貨を監督する枠組み」を策定!
  • リップル上場アイキャッチ
    リップル社CEOが米国最大の取引所、CoinbaseにXRPの上場を依頼!
  • リップルアイキャッチ
    リップル(XRP)はウエスタンユニオンやCoinbaseを必要としない
  • coinbase
    CoinbaseがCustodyサービスを開始!機関投資家に仮想通貨の預け入れサービスを提供!
  • coinbase
    Coinbaseが5つのアルトコインの上場を検討していることを発表!
おすすめの記事