bitflyer(ビットフライヤー)のキャンペーン

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!



bitFlyerがアルトコインの新規上場を発表!

※ビットフライヤーの新規上場のアルトコインは、LISKであることが判明しました。詳細については、【bitFlyerにLISKが上場決定!販売所での取り扱いに!】を参考にしてください。

bitFlyer_LISK
bitFlyerにLISKが上場決定!販売所での取り扱いに!
bitFlyerにLISKが上場決定 bitFlyerのCEOである加納裕三氏が、1月にbitFlyerに新しくアルトコインを導入すると話して話題になっていましたが、1月31日にL...

 

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)のツイッターアカウントで、新規アルトコインの上場を発表しました。アルトコインの新規上場のニュースは、bitFlyer社CEOの加納裕三氏ツイッターアカウントで【10,000フォロワー達成キャンペーン】というツイートの中で、発表されました。

 

当該のツイートの内容は下記です。

XRPかXEMという説が濃厚か?

2017年の年末から高騰を続けていてコミュニティも強いXRP(リップル)Zaif(ザイフ)が取り扱っていて、COMSAなどで将来性に期待が集まるXEM(ネム)だという声がネット上だと一番多く上がっています。

 

bitFlyerは前回の新規上場でモナコイン(MONA)を上場させたことから、国内人気が高い通貨を上場させる傾向にあると言われています。そこで日本でもリップラーと呼ばれる熱狂的な支持者が多いXRPや2017年の1年間で100倍以上の高騰を見せたXEMが候補として上がっています。

XRPとXEMの特徴や将来性などをまとめた内容は下記を参考にしてください。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組みを徹底解説!

ネム(NEM/XEM)とは?特徴、仕組み、将来性や今後を徹底解説!

Lisk(LSK/リスク)の可能性も

仮想通貨界隈のコミュニティでは、ビットフライヤーの新規上場銘柄は、Lisk(LSK/リスク)だという噂が広まっていて、実際にこの発表後にLSKの価格が2600円→3400円まで価格高騰を見せています。

 

しかし、ツイートが述べているように、仮想通貨界隈の噂は恣意的に操作した情報の場合もあり、事実と異なることが多いので注意しましょう。

 

LSKはアメリカ版イーサリアムと呼ばれるなどイーサリアム(ETH)とよく似た特徴を持つ仮想通貨です。スマートコントラクトサイドチェーンを利用していたり、DAppsの開発言語にJavaScriptを採用しているなど本家のイーサリアムより汎用性やセキュリティ面が強いという特徴を持っています。

 

LSKの詳しい特徴や将来性、チャート、今後の価格などをまとめた内容はこちら。

仮想通貨LISK(リスク)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を徹底解説

factomという説も?

仮想通貨界隈で有名なAKAGAMI氏のツイートでは、Factomという説を唱えています。

bitFlyer社のCEO加納裕三氏がフォローしているツイッターアカウントからFactomを予想しています。

これまで、存在感が増してきているXRPやXEMという説やLisk説を紹介してきたので、AKAGAMI氏の唱えるFactom説は一見突拍子もない予想に見えますが、Factomはマイクロソフト財団と提携した「ファクトム・ハーモニー」やアメリカ大手医療プロバイダー「HealthNautica」と提携した「dLOC」など将来性に期待が持てるプロジェクトがいくつかすでに運営されています。

 

Factomの詳しい特徴や将来性、今後の高騰材料などをまとめた内容はこちら。

仮想通貨ファクトム(Factom)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格

 

Factomは、XRPやXEMに比べると可能性は低いと思いますが、Coincheck(コインチェック)も取り扱っている銘柄なので、可能性はないとは言い切れません。また、Factomは今回のビットフライヤーの上場の噂とは関係なく、2018年に期待できる将来性ある暗号通貨なので、購入を検討しても良いと思います。

 

今後、随時最新情報をアップデートしていきます。ビットフライヤー(bitFlyer)をまだ登録していない方は下記から登録しましょう。

 

bitFlyerの登録で分からないことがあったら【ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!



関連キーワード
取引所の関連記事
  • コインチェック
    コインチェック(Coincheck)口座開設、登録、本人確認方法
  • フォビジャパン特徴、手数料、取り扱い通貨
    Huobi Japan(フォビジャパン)とは?取り扱い通貨や手数料など特徴を徹底解説!
  • コインチェックを利用する理由2019年版
    コインチェック(coincheck)事件後の現在、コインチェックを利用するべき理由【2019年版】
  • DMM Bitcoinのロゴ画像
    DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判、口コミ、メリット、デメリット
  • フォビジャパン口座開設方法
    フォビジャパンの口座開設方法・登録方法を画像付きで解説
  • Huobi(フオビ)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証、入金のやり方
おすすめの記事