公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ERC20とは?

ERC20とは、イーサリアムをベースにしたトークンを作成する際に使われる統一された規格の事で、正式名称は「Ethereum Request for Comments: Token Standard #20」といいます。

 

また、ERC20の規格に基づいて作成されたトークンはERC20トークンと総称して呼ばれています。ERC20トークンとは、ビットコインのように特定の1つの通貨を指し示すのではなく、あくまで総称なので注意してください。

 

ERC20トークンを使用すると多くのメリットがあるので、ICOで資金調達をする際にもよく使われます。それについては「ERC20のメリット」で詳しく述べていきたいと思います。

ERC20トークンのメリット

トークン発行が行いやすく、開発工数を削減できる

ICOでトークンを作成する際、今までは送受金方法の設定や専用のウォレットを作るなど、一から全てを作るので開発者の負担が大きいものでした。ERC20に準拠すればその規格に沿って作ればいいので、以前よりも楽に作れるようになりました。

トークンごとに別のウォレットを作成する必要がなく、共通したウォレットを利用できる

ERC20が作られる以前はそれぞれのトークンの規格が違っていた為、トークンごとにウォレットを使い分けなければいけなかったり、送受金の方法が異なったりして管理がしにくいといった問題点がありました。

 

上で述べたように、ERC20トークンだと共通のウォレットを使ってまとめて管理できるようになったので、使用者側としても使いやすくなっています。

取引所側も上場時の審査が容易になり、管理の手間が省ける

ERC20トークンは互換性がある為審査がしやすく、ERC20に準拠している事で規格が統一されており、取引所における管理もしやすいというメリットもあります。

ERC20トークンのデメリット

コントラクトアドレスに送金した場合、トークンを失ってしまう

ERC20トークンにはデメリットがあり、仮想通貨取引所からコントラクトアドレスに送金してしまうと上手くいかずに失敗してしまいます。これについては、取引所からではなく秘密鍵の付いたウォレット(MyEatherWalletなど)からコントラクトアドレスに送金する事で解決する事ができます。

2018年4月に重大なバグが発見される

2018年4月に、ERC20トークンの一部でBatchOverflowという重大なバグが発見されました。このバグを悪用することで、トークンを際限なく生成する事ができてしまうため、一部の取引所では全てのERC20トークンの取引を停止するという事態にまで発展しました。

 

ただし、このバグは全てのERC20トークンではなく、Batch Transferというコードを使っていたERC20トークンでのみ起きたものであり、ERC20の規格に問題があったという訳ではないとされています。

代表的なERC20トークン一覧

BNB(Binance Coin)

binance(バイナンス)のロゴ画像

BNBは、世界最大級の取引所であるBinanceが発行している取引所トークンであり、「Binanceでの手数料の割引に使用することができる」、「四半期ごとに買戻しが行われるため、価格上昇圧力が働く」などの特徴があります。

 

BNBについてさらに詳しく知りたい方は、【BNB(Binance Coin)とは?使い方、購入方法、特徴、将来性を徹底解説!】を参考にしてください。

OmiseGo

OmiseGoのロゴ画像

タイで設立された「Omise」という企業が発行した仮想通貨です。タイの金融庁やマクドナルドがOmiseGoを採用するなど、東南アジアでは普及が進んでいます。

 

OmiseGoについてさらに詳しく知りたい方は、【OmiseGO(OMG)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を徹底解説!】を参考にしてください。

VeChain

Vechainアイキャッチ

VeChainは、商品にチップを埋め込み、その情報をスマートコントラクトによってブロックチェーンに記録し、管理する事によって正規品である事を証明できる仮想通貨です。あらゆる業界の流通において活用する事ができ、身近な例で言えば、偽ブランドを買ってしまう事を防ぐ事などができます。

 

VeChainについてさらに詳しく知りたい方は、【仮想通貨VeChain(VEN)とは?今後や将来性、取引所やウォレットを徹底解説!】を参考にしてください。

ERC20トークンに対応しているウォレット

MyEtherWallet

MyEtherWallet

MyEtherWalletはウェブウォレット(デスクトップウォレット)で、イーサリアムウォレットの中で最も利用者数が多いウォレットです。秘密鍵があるウォレットなのでコントラクトアドレスに送金する事ができ、他のハードウェアウォレットMetaMask等と連携する事できます。

 

さらに詳しくMyEtherWalletについて知りたい方は、【MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方・始め方・登録方法を徹底解説!】を参考にしてください。

MetaMask

MetaMaskアイキャッチ画像

MetaMaskはウェブウォレットで、Firefox、Chrome、Operaで使えます。MyEtherWalletと連携する事で、ログインに必要なパスワードや秘密鍵の入力、Keystore/JSONのアップロードを行う必要が無くなるのでセキュリティが強く、入力する手間も省けます。

 

このMetaMaskを経由してMyEtherWalletにログインする方法は、MyEtherWalletが公式で推奨する方法です。さらに詳しくMetaMaskについて知りたい方は、【MetaMask(メタマスク)とは?使い方(送金、入金、トークン追加)を解説!】を参考にしてください。

Ginco

Gincoアイキャッチ画像

Gincoは、ERC20以外にも、ビットコインなど様々な仮想通貨に対応しているモバイルウォレットで、日本の企業によって開発されました。秘密鍵を自分の端末で管理する事でセキュリティを高めており、アプリをインストールすればスマートフォンで仮想通貨を管理できるという手軽さを実現しています。

 

シンプルで分かりやすいUIや利用者へのエアドロップの開催などが話題になり、利用者も少しずつ増えているウォレットになります。さらに詳しくGincoについて知りたい方は、【Ginco(ギンコ)の使い方!日本発の仮想通貨ウォレットアプリを紹介!】を参考にしてください。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事