公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



「XRPは証券ではなく通貨」元SECメンバーが語る根拠とは?

元SEC(米国証券取引委員会)のメンバーMichael Didiuk氏は、「XRPは証券ではなく、通貨である」ことを述べました。また同氏は、その主張の根拠として、資産が証券であるかどうかを判断するために、1946年に最高裁判所によって策定されたHoweyテストが、以下の4つの要素に基づいていることを言及しました。

Howeyテストの4つの要素
①資金の投資
②共同事業
③利益の見込み
④利益を押し上げる第三者もしくはプロモーターの取り組み

同氏によると、上記の要素の1つでもあてはまらない場合、それは証券ではなく、「XRPはリップル社がなくても存在、動作し続けることができるため、そのような場合、第三者のプロモーターが存在しない可能性があるため、XRPを通貨であると見なすことができる」としています。

 

ビットコインイーサリアムは、有価証券への分類は否定されていますが、XRPは証券であると主張する訴訟が起こされるなど、XRPが証券と見なされるのかどうかに注目が集まっています。

 

それぞれのニュースについてさらに詳しく知りたい方は、【SECがイーサリアム(ETH)を有価証券に分類しないと発表!】や【リップル(XRP)が証券であると主張する訴訟がアメリカで新たに提起される】を参考にしてください。

 

今回SECの元メンバーによって、XRPが証券ではない根拠が示されましたが、引き続き今後のSECの判断には注視していく必要があります。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

XRP is a currency, not a security; former SEC member reveals the reason
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事