• プレゼントキャンペーン プレゼントキャンペーン
    プレゼントキャンペーン第七弾開催!総額10万円分のADAコインとAmazonギフト券が当たる!
    2018年10月30日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • プレゼントキャンペーン プレゼントキャンペーン
    プレゼントキャンペーン第六弾開催!総額10万円分のリップル(XRP)とAmazonギフト券が当たる!
    2018年10月23日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
アメリカ国旗02

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

SECが80社以上の仮想通貨関連企業に召喚状を発行

SEC(米国証券取引委員会)が、80社を超える仮想通貨関連企業に召喚状を発行しました。80社の中には、アメリカのブログサイト「TechCrunch」の創業者である、Michael Arrington氏が運用するファンドも含まれています。

 

Michael Arrington氏は、召喚状を受け取ったことを認め、「召喚状に特に問題はないが、政府は市場を理解するべきである。」と述べました。

 

また、2017年に実施中のICOの停止を求められたPlexCorps社を担当する、Morrison Cohen法律事務所、訴訟チームのパートナーであるJason Gottlieb氏は、以下のように話しています。

 

「ニューヨーク・ボストン・サンフランシスコのSECのオフィスから召喚状が送付されてきた。SECの調査は年間を通して続くだろう」と述べています。

法律や規制が曖昧である現状への批判の声も

証券に関する法律が仮想通貨に適用されるか否かは、まだ明らかになっていませんが、SECは仮想通貨が規制対象になると主張しています。

 

にも関わらず、仮想通貨の開発者がどのように規制に従えば良いのかという細部については示されていないため、開発会社は、自社が詐欺ではないことを示すために、弁護士に頼るしかないという現状があります。

 

米国では、法的な不確実さ・曖昧さを回避するために、アメリカ人投資家が自社が行うICOに参加するのを禁止することを選ぶ場合もあります。

 

Michael Arrington氏は、「こうしたSECによる調査や法律の不確実性が、仮想通貨関連の活動の海外流出を引き起こしており、恥である」と話しています。

 

また、Jason Gottlieb氏は、「SECの調査結果は、過去の裁判所の判決結果をごた混ぜにしているものであり、明確な法律や規制を基準にしている訳ではないため、最高裁判所が関与しなければならなくなるだろう」と述べています。

 

SEC以外にも、CFTCがTether疑惑の際に、BitfinexとTether Limited社に召喚状を送付しており、アメリカ国内では、仮想通貨やICOに関する詐欺行為への規制を強化し、市場の健全化を図っていることが見受けられます。

 

こうした健全化のための規制強化の動きは、投資家保護のために必要なものですが、規制基準が曖昧であることで、本当に有望なICOプロジェクトが海外流出してしまうリスクもあります。

 

市場成長に水を差さないためにも、規制基準の早期明確化が求められていると言えるでしょう。

 

また、各国のICOや仮想通貨への規制状況はそれぞれ異なっており、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】で詳しく解説してありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

各国の仮想通貨規制
各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ
各国の仮想通貨・ICOへの規制状況一覧 2018年3月追記:世界的に統一した仮想通貨への規制が作られると言われていたG20が3月19日から20日にかけて、開催されました。 仮想通...

 

SEC Subpoenas 80 Cryptocurrency Firms, Including TechCrunch Fund
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
  • ビットコインキャッシュ
    ハッシュウォー:ビットコインABCが50ブロック以上リード!
  • ビットコインキャッシュ
    Binanceが2つのBCHフォークを取引ペアとして上場させたことを発表!
  • Binanceアイキャッチ画像
    BinanceがステーブルコインUSDCの取り扱いの開始を発表!
  • リップルの将来性
    リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ
  • リップル不動産業界参入アイキャッチ
    マレーシアCIMB銀行がRippleNetに加盟!
  • ADAコイン(カルダノ)のロゴ画像
    カルダノ財団の理事長が非難を受け辞職!
おすすめの記事