スイスの画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!



スイスがICOを健全推進する規制を作成!

スイスの金融監査機関FINMA(the Swiss Financial Market Supervisory Authority)がICOに関するガイドラインを作成しました。これにより、今後スイスの規制当局がICOの実施に対しては念入りに調査することになります。

 

韓国や中国などいくつかの国家では、持ち逃げ前提のICO案件(詐欺まがいなもの)が多いことを背景に一律で禁止していますが、今回のスイスが設定したガイドラインでは、ICOを一律で禁止するのではなく、ICOという資金調達方法を評価し推進するために、国家として規制を設けて投資家保護の枠組みを設計することを目的としています。

 

Coin Media注目の仮想通貨ICO案件
当サイト注目のICO案件は、【2018年仮想通貨ICOおすすめランキング!注目案件を一覧で紹介】に掲載しています。是非参考にしてください。 
2018年ICOおすすめランキングの画像
【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
2019年実施のICO案件一覧 2019年に実施予定のICO案件を一覧表でまとめました。期間や概要を紹介していますので、参考にしてください。 また、そもそもICOとはどんなものなの...

ICOの評価項目

イギリスの日刊の経済誌である「Financial Times」によると、FINMAは既に100以上のガイダンス要請を受けていると言われています。評価されるICO案件は、「発行されるトークンの目的」と「ICO時点で取引可能か」という2点を評価した上で、トークンの特徴をもとに3つに分類されます。

 

評価項目は下記の2つとなっています。

FINMAのICO評価項目
1.発行されたトークンの目的
2.ICOの時点で取引可能で譲渡可能か

上記の2点の評価項目からトークンは下記の3つに分類されます。

 

トークンの分類 特徴
決済用トークン
(Payment ICOs)
決済手段としてのトークン
ユーティリティ用トークン
(Utility ICOs)
デバイスやサービスに利用されるトークン
資産用トークン
(Asset ICOs)
株式や債券のような資産としてのトークン

 

分類項目をそれぞれ説明していきましょう。

 

「決済用トークン(Payment ICOs)」は、譲渡可能で支払い手段として機能するトークンです。このトークンは、仮想通貨規制の要因であるマネーロンダリングを防ぐため規制には従わなければならないものの、有価証券として扱われることはありません。

 

「ユーティリティ用トークン(Utility ICOs)」は、多くの場合トークンの発行の目的がアプリやサービス利用において必要になるものです。この場合は有価証券として扱われることはありませんが、投資対象としてトークンが機能する場合には有価証券として扱われます。

 

「資産用トークン(Asset ICOs)」は、株式や債券のように保有者に対して配当が行われるトークンが当てはまります。このトークンは厳しい要件を満たす必要があり、有価証券としてみなされるのが特徴です。

 

今回のスイスの動きは逆説的ですが、「ICOを正しく推進するために、規制するもの」です。国家が自由放任主義的な体制でいるとICOによる詐欺が多発したことで、「ICO=危険性の高いもの」という認識が強まり無秩序的な状態になってしまいます。それに対して中国のように一律で規制をすると、新しいプロジェクトやビジネスチャンスの可能性が狭められてしまいます。

 

こうした課題に対して折衷案的な、つまり規制としてのガイドラインを設置しつつも、ICOへの参加を推進するような今回のスイスの取り組みは今後、広まっていく可能性が高いです。また世界の潮流としてICOへの規制が強まる中で、今回のスイスの取り組みは一定の影響を及ぼすでしょう。

 

また、スイス以外の各国の仮想通貨・ICOへの規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

各国の仮想通貨規制
各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ
各国の仮想通貨・ICOへの規制状況一覧 2018年3月追記:世界的に統一した仮想通貨への規制が作られると言われていたG20が3月19日から20日にかけて、開催されました。 仮想通...

 Switzerland Lays out Guidelines in Support of ICOs

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!



関連キーワード
ICOの関連記事
  • ブレイブブラザーズアイキャッチ
    ブレイブサウンドトークン(BRST)とは?登録方法、評判、口コミを徹底解説!
  • コインカムアイキャッチ
    コインカム(COINCOME/CIM)とは?日本人が関わる注目ICOの特徴を徹底解説!
  • VganPayアイキャッチ
    VganPay(ビガンペイ)とは?フィリピンの有力者一族が関わるICOについて徹底解説!
  • STOとはアイキャッチ
    ICOに代わる資金調達方法として注目されるSTO(Security Token Offering)とは?
  • FOXICOのLP画像
    foxicoの使い方、特徴を徹底解説!
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像
    【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
おすすめの記事