公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



リップル(XRP)の価格が67%増加し、9月のベストパフォーマンスコインに!

2018年9月は、ビットコインは8%、イーサリアムは22%価格を下落させた一方で、リップル(XRP)の価格は67%上昇し、時価総額5,000ドル以上のコインの中で、ベストパフォーマンスを達成したコインになりました。

 

また、XRP以外には、ビットコインダイヤモンドビットコインゴールドStellarなどが二桁パーセントの上昇を達成しました。

SWELLでxRapidの商用化が発表され、さらにXRPへの期待が高まる

9月19日にリップル社のCEOであるBrad Garlinghouseから、RippleNetを国際的に事業拡大すると発表があった直後に急激に価格変動が起きました。

 

その後、リップル社は10月1日に「国際送金の決済システムxRapidの商用化」を公式に発表しました。xRapidは従来の国際送金よりも迅速かつ低コストで利用できる事から注目されています。

 

xRapidは5月からの試験運用期間を経て商業利用を開始し、運用している金融機関は、メキシコのCuallix、ロンドンのMercuryFX、1400の信用組合が加盟しているCatalyst Corporate Federal Credit Unionの3社です。

 

現在、Cuallixはアメリカからメキシコへの主要送金ルートを管理しており、一方でMercuryFXはxRapidを欧州からメキシコへの送金ルートに配置する予定であるとされています。また、Catalyst Corporate Federal Credit UnionはxRapidを利用して新たなクロスボーダー決済サービスを開発すると発表しました。

 

xCurrentはXRPの必要が無いとされていますが、xRapidはXRPの利用が義務付けられています。xRapidの商用化についてさらに詳しく知りたい方は、【SWELLでxRapidの商用化が発表!XRPの使用が開始される!】を参考にしてください。

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

xRapid商業利用開始について元記事はこちら

リップル(XRP)ベストパフォーマンスについての元記事はこちら

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事