仮想通貨

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事株式会社や株式会社電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

インド財務大臣がビットコイン・仮想通貨の規制方針を発表!

本日2月1日の予算演説でインドの財務大臣のArun Jaitley(アラン・ジャイトレー)氏は、「政府がインドでのビットコインおよび他の仮想通貨の利用を停止させるためにあらゆることを行うつもりだ」と述べました。

 

同氏は、インド政府は仮想通貨を法定通貨として認めないが、代わりに決済システムにおけるブロックチェーン技術の利用に関しては推奨していく姿勢であることを改めて表明しました。

政府は暗号通貨をを合法な法定通貨としては認めず、不法な活動に資金を提供するを暗号通貨資産を排除することを目的にあらゆるすべての措置を講じる。

現在、世界で10回のビットコイン取引のうち1つがインドで行われたものであるほど、インドでの仮想通貨の取引は活発になっています。

 

 

ここ数カ月間、政府とインド準備銀行は、ビットコインやその他の電子通貨に対する不快感を繰り返し表明していました。財務大臣は、仮想通貨の現状をポンジー制度に例えて危機感を表明しました。

 

ポンジー制度に見られるような投資バブルのリスクが本当に高まっており、投資家、特に小売消費者が不安定な資金を失うという急激な長期クラッシュを招く可能性がある。このようなポンジースキームに陥るのを避けるために、消費者は注意深く、非常に慎重である必要があります。

 

 

同時に、Narendra Modi(ナレンドラ・モディ)首相は、バーチャル通貨の影響を理解し、それらを取り巻く世界的な規制を確かめるための委員会の設置を発表しました。

 

この点に関しては、他国も不安を感じていて、 1月には、中国は暗号化取引の一層の強化を準備していると言われています。 それにもかかわらず、首相のこの発表により、仮想通貨トレードに関しては、政府の規制においてある程度のバランスを維持すると主張したことで、多少の希望が残ったようです。

 

 

また、インド以外の各国の規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

 

参考文献:https://qz.com/1195316/budget-2018-busts-bitcoin-arun-jaitley-has-just-killed-indias-cryptocurrency-party/

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(Coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事