• 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
仮想通貨

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所ランキングはこちら!
1つしか取引所を持っていない方は、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!大切な資産を失うリスクがあります!
 

【1位】Zaif取引手数料の安さNo.1!本サイトオススメ!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)セキュリティが世界一と評価!

【3位】GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!大手GMOグループで安心・安全!

 

▼草コインが買える注目の海外取引所!

【注目】Binance全銘柄の手数料が0.10%!人数制限付きで新規登録再開!

インド財務大臣がビットコイン・仮想通貨の規制方針を発表!

本日2月1日の予算演説でインドの財務大臣のArun Jaitley(アラン・ジャイトレー)氏は、「政府がインドでのビットコインおよび他の仮想通貨の利用を停止させるためにあらゆることを行うつもりだ」と述べました。

 

同氏は、インド政府は仮想通貨を法定通貨として認めないが、代わりに決済システムにおけるブロックチェーン技術の利用に関しては推奨していく姿勢であることを改めて表明しました。

政府は暗号通貨をを合法な法定通貨としては認めず、不法な活動に資金を提供するを暗号通貨資産を排除することを目的にあらゆるすべての措置を講じる。

現在、世界で10回のビットコイン取引のうち1つがインドで行われたものであるほど、インドでの仮想通貨の取引は活発になっています。

 

 

ここ数カ月間、政府とインド準備銀行は、ビットコインやその他の電子通貨に対する不快感を繰り返し表明していました。財務大臣は、仮想通貨の現状をポンジー制度に例えて危機感を表明しました。

 

ポンジー制度に見られるような投資バブルのリスクが本当に高まっており、投資家、特に小売消費者が不安定な資金を失うという急激な長期クラッシュを招く可能性がある。このようなポンジースキームに陥るのを避けるために、消費者は注意深く、非常に慎重である必要があります。

 

 

同時に、Narendra Modi(ナレンドラ・モディ)首相は、バーチャル通貨の影響を理解し、それらを取り巻く世界的な規制を確かめるための委員会の設置を発表しました。

 

この点に関しては、他国も不安を感じていて、 1月には、中国は暗号化取引の一層の強化を準備していると言われています。 それにもかかわらず、首相のこの発表により、仮想通貨トレードに関しては、政府の規制においてある程度のバランスを維持すると主張したことで、多少の希望が残ったようです。

 

 

仮想通貨の規制に関連記事はこちらを参考にしてください。

1月16日に発生した仮想通貨の大暴落は「中国政府の規制ニュース」が原因か?

【規制関連】ビットコイン・仮想通貨の規制問題がG20の議題に!

フィリピン証券取引委員会(SEC)がICOへの規制を計画!

【規制関連】ビットコイン・仮想通貨の規制問題がG20の議題に!

 

 

参考文献:https://qz.com/1195316/budget-2018-busts-bitcoin-arun-jaitley-has-just-killed-indias-cryptocurrency-party/

 

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

 

【1位】Zaif


モナコインや独自トークンなど、他の取引所で取り扱いが少ない期待銘柄の取り扱い!手数料が主要3社で最も安いのも魅力!

【2位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

  • tetherの画像
    BitMEXの調査部門「Tetherは詐欺ではないが、規制によるリスクが高い」
  • ブロックチェーン
    「ブロックチェーン」という言葉は10年のうちに使われなくなる
  • ドバイの画像
    NEM(ネム)が中東市場の拡大に向け、ドバイ開催の世界政府サミットなどの主要会議に参加
  • リップルグローバル
    ウエスタンユニオンがRipple社(リップル)との提携を発表!
  • リップルグローバル
    サウジアラビア中央銀行がRipple(リップル)ネットワークの利用開始へ!
  • IOTA(アイオータ)のロゴ画像
    BOSCH(ボッシュ)がIoT特化仮想通貨のIOTA(アイオータ)に巨額投資!
おすすめの記事