公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



MyEtherWallet(マイイーサウォレット/MEW)とは?

MyEtherWalletとは、イーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)、ERC20トークン(ERC20という規格に従って開発されたトークン)を保管することができるウォレットのことです。

 

ICOに参加するときなど、イーサリアムを送金して購入するケースが多いですが、その際、取引所のウォレットからは送金できず、MyEtherWalletからの送金する必要になるケースもあるため、作っておいた方が良いでしょう。

 

また、MyEtherWalletは、秘密鍵をオンラインで管理しないため、セキュリティの観点からもメリットがあります。さっそくMyEtherWalletの登録方法を見ていきましょう。

 

※MyEtherWalletのフィシングサイトに注意してください。ブックマークしたページから必ずアクセスするようにしましょう。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット/MEW)の登録方法

使用上の注意点を読む

まずはMyEtherWalletの公式サイトにアクセスします。以下のような画面が表示されますので、「My EtherWallet is not a Bank」をクリックします。

 

MyEtherWalletの使用に関する注意点が表示されていますので、簡単に目を通しておきましょう。

MyEtherWallet登録01

次に「MyEtherWallet is an Interface」をクリックします。

MyEtherWallet登録03

「WTF is a Blockchain」をクリックします。以下、同じような画面が続きますので、順に右下の水色のボタンをクリックしながら、注意点に目を通しておきましょう。

MyEtherWallet登録04

 

ウォレットの作成

全ての注意点のページが終了すると、以下のようなページが表示されます。まずは言語を英語から、日本語にしておきましょう。

右上の「English」を「日本語」に設定変更します。

MyEtherWallet言語

「パスワード(9文字以上)」を入力し、「お財布の作成」をクリックします。このパスワードは秘密鍵ではありませんが、できるだけ複雑で長いパスワード(30文字以上推奨!)を設定しましょう。

 

MyEtherWalletパスワードの設定

「ダウンロード Keystoreファイル(UTC/JSON)」をクリックします。すると、ファイルがダウンロードされますので、大切に保管しておきましょう。(秘密鍵をなくしたときにウォレットを開けることができます)

 

ファイルのダウンロードが完了したら、「理解できました。続けます。」をクリックします。

 

MyEtherWalletファイルダウンロード

次にMyEtherWalletの秘密鍵を確認することができる画面に進みますので、秘密鍵をコピーして保管するか、「お財布紙情報を印刷」をクリックして、紙で保管します。

 

秘密鍵の保存が間違えなくできたら、「アドレスを保存してください」をクリックします。

※秘密鍵は絶対に他の人に教えないようにしてください。秘密鍵が流出すると、資産が全て盗まれることになります。

※秘密鍵は絶対になくさないようにしてください。(なくすと資産を取り出せなくなります)

MyEtherWallet秘密鍵

ここまでの手続きが完了すると、「MyEtherWallet」の作成が完了します。

 

MyEtherWallet(マイイーサウォレット/MEW)の使い方

ウォレットのアンロック

「お財布情報を見る」→「秘密鍵」を選択して、「秘密鍵」を入力します。正しい秘密鍵が入力されると、「アンロック」というボタンが表示されますので、「アンロック」をクリックします。

MyEtherWalletお財布情報

 

また、「Keystore・JSON File」を選択→先ほどパソコンにダウンロードしたKeyStoreファイルをアップすることでも、ウォレットをアンロックすることができます。

 

MyEtherWalletKeystoreファイルアップ

 

ウォレット情報の見方

アンロックができると、以下のようなお財布情報が表示され、「MyEtherWalletのアドレス」、「アカウント残高」、「トランザクション履歴」などを確認することができます。

 

MyEtherWallet公開鍵

また、ページ右下にある「Show All Tokens」をクリックすることで、MyEtherWalletに対応しているトークンの一覧を見ることができます。

MyEtherWallet対応トークンの見方

 

カスタムトークンの追加

ICOやエアドロップでトークンを受け取った際に、MyEtherWalletに反映させるためには、「カスタムトークンを追加」する必要があります。

「トークン契約アドレス」、「トークンシンボル」、「ケタ数」を入力して、「保存する」をクリックします。これらの情報はICOやエアドロップの公式サイトか、Etherscan.ioというサイトで確認することができます。

 

MyEtherWalletカスタムトークン受け取り

例として、Etherscan.ioのサイトを使用して、EOSの情報について調べてみましょう。まずは検索窓に「EOS」を入力して、検索します。

 

  • トークン契約アドレス→「ERC20 Contract」に記載
  • ケタ数→「Token Decimals」に記載
  • トークンシンボル→トークンの表記名であるため、EOS

 

Etherscan使い方

 

 

送金方法

まずは、「Ether/トークンの送出」をクリック→「秘密鍵」を選択、秘密鍵を入力して、「アンロック」をクリックします。

 

MyEtherWallet送金01

「宛先アドレス」、「送出数量」、「ガスリミット」を入力して、「トランザクションを生成」をクリックします。

ガスリミット(Gas Limit)とは、送金手数料(燃料)の最大値であり、数字が大きくなればなるほど、送金スピードが速くなります。逆に余りにガスリミットを小さい値にしてしまうと、送金に失敗(Out of Gas)してしまうこともあります。

 

デフォルトでは、21000に設定されていますが、参加するICOによってはそれ以上の数値が指定されていることもありますので、指示に従いましょう。

 

MyEtherWallet買い方02

 

また右上で、ガス価格を変更することができますが、指示がない限りは、41Gweiのままにしておいて構いません。

 

トランザクションの生成が完了すると、「トランザクションの送出」と書かれたボタンが表示されますので、クリックします。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事