コインチェック(Coincheck)が金融庁に業務改善計画を提出!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

コインチェック(Coincheck)が金融庁に業務改善計画を提出!

コインチェック(Coincheck)が3月8日に金融庁から受けた業務改善命令を受け、2018年3月22日に下記の6項目を踏まえた業務改善計画を提出しました。

 

  • 経営体制の抜本的な見直し
  • 経営戦略を見直し、顧客保護を徹底
  • 取締役会による各種態勢の整備
  • 取り扱う仮想通貨について、各種リスクの洗出し
  • マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る対策
  • 現在停止中の取引再開及び新規顧客のアカウント開設に先立ち、各種態勢の抜本的な見直し、実効性の確保

 

また、業務改善計画の実施完了までは、1ヶ月毎の進捗・実施状況を翌月10日までに、書面で報告することになっています。

 

NEMの補償が実施され、二度目の業務改善計画の提出も完了したものの、依然として一部サービスには制限がかかっており、全てのサービスを利用することができない状態です。近日中にも、コインチェックからサービスに関しての発表がされる可能性が高く、そうなれば大きな注目を集めることでしょう。

 

NEMの補償やサービスの再開に関して発表された3月8日の記者会見については【3月8日のコインチェックの記者会見内容まとめ】を参考にしてださい。

 

NEMの補償に関して、一部仮想通貨の出金・売却の再開については【コインチェックがNEM(ネム)の補償を3月12日に実施!一部仮想通貨の売却・出金の再開も】を参考にしてください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事