公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



テオ(THEO)の口座開設方法、登録方法を分かりやすく解説

「THEO(テオ)」は、ウェルスナビに次いで国内で2番目に人気のロボアドバイザーサービスです。「THEO(テオ)」の特徴としては、分散投資の対象となる金融商品が豊富なため、自分の趣向に沿った資産運用を行なうことができる点や自動積立機能や自動リバランス機能があり、自動運用性が高い点が大きな魅力となっています。

最大15万円GET!現在『夏のボーナスキャンペーン』実施中! さらにTHEO×CoinMediaタイアップ企画で現金500円もらえる!

また、ウェルスナビと比べて最低投資金額が1万円に設定されていることからロボアドを始めやすく、口座開設は最短3分で完了するので開始するまでのハードルが非常に低いのも大きな特徴です。ロボアドバイザーを始めてみたいという方には非常にオススメのサービスです。

THEO(テオ)の特徴
GOOD DESIGN AWARD 2017年度」受賞の洗練されたデザイン
②手数料:1%
自動運用性:自動積立機能・自動リバランス機能あり
投資ポートフォリオ:分散投資の金融商品が豊富
最低投資金額ミニマム1万円からなので少額から始められる!

THEOのメリット・デメリットや実際に利用されている方の評判や口コミは【THEOの評判や口コミ、メリットやデメリットを徹底解説】で分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

また、当サイトがおすすめするロボアドバイザーを知りたい方は【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較!おすすめ業者をランキング形式で紹介!】を参考にしてください。

 

THEO(テオ)の無料診断

それでは、早速THEO(テオ)の登録、口座開設方法の説明をしていきます。まずは公式サイトにアクセスします。公式サイトにアクセスできたら、「無料でTHEO」を体験をクリックし先に進みましょう。

最大15万円GET!現在『夏のボーナスキャンペーン』実施中! さらにTHEO×CoinMediaタイアップ企画で現金500円もらえる!

 

THEO_logo1の画像

 

無料診断では下記の5つの質問に回答することで適切な投資方法の提案をしてくれます。簡単な質問ではりますが、これを元にどのような方針で資産運用を行なっていくかのアドバイスがもらえます。

 

  • 年齢
  • 現在の年収
  • 毎月の貯金額
  • 現在の金融資産額
  • いくらからTHEOを始めるか

 

THEO_3の画像

 

無料診断結果の確認

全て入力すると「あなたの資産予想」が表示されます。図では開始金額が100万円で毎月30万円ほど積立を行うと(計3700万円)、5,315万円までお金が増えるという予想を表しています。また定期預金をするのに比べて1,500万円程度多いと読み取れます。

 

THEO_4の画像

 

この図に関しては資産運用には関係ないですが、同世代の人がどの程度貯蓄をしているのかというデータになります。参考程度に20代後半の表を見てみましょう。800万円以上貯蓄している人はわずか7.9%のみで、最も多いのは31.9%の100万円以下ということになります。自分がどの位置にいるかというのを把握することができます。

 

THEO_5の画像

これは10年後(30代後半)の貯蓄額の分布になります。こちらも参考程度に見ると、25%以上の方が800万円以上の貯蓄があり10年前と比べると20%近く上昇しています。確認し終えたら「次へ」をクリックしましょう。

THEO_6の画像

THEO(テオ)のサービス紹介

「THEO(テオ)」の紹介ページです。資産運用の方法として「THEOにおまかせ」と「自分でカスタマイズ」の2つがあるということや、毎月1万円から資産運用を行うことができるということなど、になります。こちらを確認し終えたら「次へ」をクリックしましょう。

 

THEO_7の画像

 

口座開設の申込み

ユーザー登録

いよいよ登録作業に入っていきます。ご自身の登録するメールアドレスを入力し、「メールアドレスを登録する」をクリックしましょう。「利用規約」、「個人情報保護に関する基本方針」、「反社会的勢力に対する基本方針」に同意した上でクリックするようにしてください。

THEO_9の画像

 

メール認証

登録したメールアドレスにメールが届くので、「メールアドレスを認証する」をクリックしましょう。有効期限はメールを受信してから72時間後までとなっていますので、このまま「メールアドレス認証」を行いましょう。

 

THEO_10の画像

 

「メールアドレス認証する」ボタンをクリックすると、公式サイトにアクセスして先ほど入力したメールアドレスとパスワードを入力して、ログインを行いましょう。そうすると下記画像のページに遷移するため、それぞれ入力していきましょう。

 

THEO(テオ)の個人情報
氏名
生年月日
性別
郵便番号
住所
電話番号
職業
投資経験
THEOをどこで知ったか

こうした個人情報を全て漏れなく入力し終えたら「次へ」をクリックしましょう。

 

 

THEO_12の画像 THEO_13の画像

 

続いて「TEHOの口座種別選択」を行います。質問内容としては「確定申告はTHEOに任せるかどうか?」と「今年の1月1日から住所を変更したかどうか」という内容になります。「確定申告をTHEOに任せるか?」という質問に関しては、特に理由がなければ「THEOに任せること」を推奨します。

 

THEO_14の画像

 

「日本人であること」や「反社会勢力」でないことを宣言するので必ず全てに目を通してからチェックを入れるようにしてください。全て同意することができたら「次へ」をクリックしてください。

THEO_15の画像

「個人情報保護に関する基本方針」の書面を開き、確認していきましょう。内容を確認して問題がなければ「同意して次へ」をクリックしてください。

 

THEO_16の画像

 

最後に入力に誤りがないかの確認画面に移ります。内容に誤りがなければ「この内容で登録する」ボタンをクリックしましょう。

 

THEO_35の画像

本人確認書類の提出

ユーザー登録が完了したら「本人確認書類の提出」を行いましょう。THEOで本人確認書類として提出できるパターンは下記の3つとなります。以下のフローに従って進めていきましょう。

 

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバー通知カードと本人確認書類
  3. マイナンバー記載住民票と本人確認書類

 

マイナンバーカードを所有している方は、マイナンバーカードでやるのが1番簡単です。一方でマイナンバーカードを持っていない場合は、2か3のいずれかで行いましょう。準備ができたら3つのうちのいずれかの欄の「提出する」をクリックします。

THEO_19の画像

 

1.マイナンバーカード

下記の画像を参考にマイナンバーカードの表裏両面の写真をアップロードしていきましょう。

THEO_20の画像

2.マイナンバー通知カードと本人確認書類

アップする書類は2つです。マイナンバー通知カードの表裏両面の写真をアップロードしましょう。

 

THEO_22の画像

 

3.マイナンバー記載住民票と本人確認書類

マイナンバー記載住民票の写真をアップロードしましょう。

 

THEO_23の画像

 

 

マイナンバーカード以外の本人確認書類の方法

本人確認書類として認められているのは下記の通りです。本人確認書類として1つの書類を提出すれば良いものと2種類必要なものがあります。

 

THEO_24の画像

 

1種類提出すれば問題ない本人確認書類は下記の通りです。

本人確認書類(1種類提出)
運転免許証
パスポート
運転経歴証明書
特別永住者証明書
在留カード
住基カード

2種類必要な本人確認書類は下記の通りです。

本人確認書類(2種類提出)
健康保険証
年金手帳
住民票
印鑑登録証明書
住民票記載事項証明書

 

これ以降は「運転免許証」を提出する場合を例に、説明していきます。運転免許証を提出するボタンを押しましょう。そうすると、運転免許証の表面と裏面の画像をアップロードしていきます。

 

THEO_25の画像

 

チェック項目

自分が入力住所とマイナンバーに記載された住所が一致しているか確認した上で、「入力した住所とマイナンバーカードに記載された住所は一致しています。」にチェックを入れて、「アップロードする」をクリックしましょう。
THEO_35の画像
本人確認書類のアップロードが完了すると、最後に「契約者様確認」を行います。契約書を確認の上、問題がなければ「承諾する」をクリックします。いくつか契約書類があるので全て確認しましょう

 

THEO_27の画像

すべての契約書類を確認すると、下記の画像のようにチェックマークが付きます。チェックマークがついた状態で「内容に同意して契約を申し込む」をクリックしましょう。

 

 

THEO_30の画像

 

全ての契約書類を確認し終えたら「内容に同意して契約を申し込む」をクリックしましょう。これにて登録・口座開設の作業は終わりになります。

 

THEO_32の画像

あとは書類の到着を待ちましょう。審査完了後メールにて審査結果が届くのでそちらの確認も忘れないようにしてください。審査が完了すると上記のようなメールが届きます。メールが届いてから約1~3日間でTEHOから簡易書留の郵便物が届きます。

 

THEOの口座開設後のメール画像

 

口座開設が完了すると上記のようなメールが届きます。入金を行うためにまずは「クイック入金する」をクリックしましょう。

 

THEOの口座開設の画像

 

「クイック入金」をクリックするとログイン画面になるので、ログインを行いましょう。すると上記のような画像に遷移するので「THEO口座へ入金してください」をクリックしてください。

テオの入金画像

 

そして「THEO積立」の登録を行いましょう。「積立額」と「引落し口座」のそれぞれの登録を行います。積立投資を行わない方は「銀行振込」か「クイック入金」を選択し入金を行いましょう。「クイック入金」の場合は、手数料が無料なのでそちらを推奨しています。

テオの積立の画像

 

「毎月の積立」を設定します。毎月の積立は10,000円以上に設定する必要があります。また、「ボーナス月の積立」を設定することができるのでご希望の方はそちらも忘れずに登録してください。

 

最後に引き落とし口座の設定を行います。一般的に利用されている銀行は「引き落とし口座」として利用可能なので、口座設定を行いましょう。下記がTHEOが対応している代表的な銀行ですが、他にも多くの銀行で引き落とし口座として利用可能です。

テオの銀行口座

 

以上で、THEO(テオ)の登録は完了です。ロボアドバイザーを利用した資産運用を始めましょう。

 

THEO(テオ)の登録が完了した方で、THEO以外の当サイトがおすすめする「ロボアドバイザーサービス」を知りたい方は【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較!おすすめ業者をランキング形式で紹介!】を参考にしてください。

THEO(テオ)の関連記事一覧
口座開設方法テオ(THEO)の口座開設、登録方法を解説!
評判・口コミテオ(THEO)の評判・口コミ、メリット・デメリットを徹底解説!
THEO+docomo(テオプラスドコモ)THEO+docomo(テオプラスドコモ)とは?特徴やメリット、口座開設方法などを解説!
他社提携サービスTHEO(テオ)の他社提携サービスでもっとお得に資産運用!
THEO Color PaletteTHEO Color Palette(テオカラーパレット)とは?手数料体系や適用条件について解説!
THEO積立投資THEO(テオ)積立投資とは?メリット・デメリットや設定方法を解説!
比較ロボアドバイザー(AI投資)とは?メリット、デメリット、評判、口コミを徹底解説!
【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較】おすすめ業者をランキング形式で紹介!
ウェルスナビ(WealthNavi)とTHEO(テオ)を徹底比較!
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事