THEO-Color-Palette(テオカラーパレット)とは?手数料体系や適用条件について解説!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!

THEO(テオ)について

THEO(テオ)とは、テクノロジーを活用した投資一任サービスです。

 

小額(毎月1万円以上)から、運用のプロと同水準のアルゴリズムで「グローバル分散投資」を行える一任型ロボアドバイザーとして、2016年の2月にサービスを開始しました。

 

手数料(投資一任報酬)として年率1.00%(税別、預けている資産の3,000万円を超える分の手数料は年率0.50%)のコストで、ポートフォリオの構築や売買、リバランスを自動的に行なってくれるため、投資の初心者でも悩まず、時間や手間をかけずに資産運用を開始することができます。

そして、2019年4月に新たな手数料体系として、THEO Color Palette(テオ カラー パレット)が発表されました。

THEO Color Palette(テオ カラー パレット)とは

THEO Color Paletteは、利用状況や条件に応じて手数料を最大35%割引とする、手数料体系です。

これにより、長期での資産形成をより続けやすい仕組みになります。

 

なお、いまのところTHEO利用者のみが対象でTHEO+(テオプラス)の利用者には適用されません。

料金体系

今までは投資一任報酬として、預けている資産の3,000万円以下の部分は1.00%、3,000万円を超える分については0.50%と固定されており、このなかには自動で売買される取引手数料や為替手数料などが含まれています。

 

今回新設されたTHEO Color Paletteは、上記の3,000万円以下の部分の手数料を、利用状況をもとに計算されるカラー基準額によって決定したカラー別に、段階的に割引される手数料体系となります。

適用条件

THEO Color Paletteは対象期間に、2つの条件を満たしていることが必要です。

 

対象期間は、

  • A(4月から6月)
  • B(7月から9月)
  • C(10月から12月)
  • D(1月から3月)

の4つに分かれており、各々の対象期間内で「毎月積立をしている」かつ「出金をしていない」ことが条件となります。

適用期間

THEO Color Paletteで、対象期間に決定されたカラーは翌々月から3ヶ月間の適用となります。

 

例えば、対象期間A(4月から6月)の実績で7月中旬ごろにカラーが決定され、8月から10月の3ヶ月間がカラーに応じた手数料体系の適用となります。

THEO Color Paletteのカラーの決まり方

カラーはカラー基準額によって決まり、5段階あります。

 

カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00% 適用条件を満たしていない場合
ブルー 0.90% 1万円以上 50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上 100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上 1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上

 

カラー基準額の算出は、「運用開始から対象期間内の各月末までの入出金額総額の平均」で、例えば期間Aの場合、(運用開始から4月までの入出金) + (運用開始から5月までの入出金) + (運用開始から6月までの入出金)を足して3で割った金額となります。

 

例として、運用開始時に10万円入金済みで、4月から6月まで毎月1万円ずつ積立をしていると、

  • 例) (10万円 + 1万円) + (10万円 + 1万円 + 1万円) + (10万円 + 1万円 + 1万円 + 1万円) ÷ 3 = 12万円

でカラー基準額は12万円となります。

カラー基準の例
画像:https://theo.blue/lp/campaign/color-palette/

申込不要

カラーはTHEOの利用状況に応じて、自動的に決定されるため申し込みは特に必要ありません。

条件を満たしていれば、自動的に割引が適用されます。

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)の注意点

THEO Color Paletteはいくつかの注意点があります。

現在のところ、THEO+のサービス利用者は対象外です(THEO+のサービスごとに順次検討されていくことが予定されています)。

 

また、対象の期間中に一度でもTHEO口座から出金があるとカラー基準額に限らず、カラーはホワイトとなり、割引の対象外となります。

対象期間内に積立の設定をオフ、残高不足などの理由で積立入金ができなかった場合も同様です。

 

各月内に積立が行われたかの判定は、引き落とし日を基準としているため、6月末に引き落としがあり7月になってからTHEO口座へ入金となった場合でも、6月の実績となります。

 

なお、THEO Color Paletteは事前の予告なしに中止、変更される場合があります。

docomoのスマホをご利用中の方は断然THEO+docomoをおすすめします。

ロボアドバイザーに関して、他社と比較したい方は【【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較】おすすめ業者をランキング形式で紹介!】を参考にしてください。

ロボアドバイザー(AI投資)国内16社を徹底比較!おすすめランキング
【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較】おすすめ業者をランキング形式で紹介!
ロボアドバイザー16社を徹底比較! ロボアドバイザー(ロボアド)とは、人工知能を利用して資産管理や資産運用のアドバイスを行うサービスです。投資方針などに関するいくつかの質問に答える...
THEO(テオ)の関連記事一覧
口座開設方法 テオ(THEO)の口座開設、登録方法を解説!
評判・口コミ テオ(THEO)の評判・口コミ、メリット・デメリットを徹底解説!
他社提携サービス THEO(テオ)の他社提携サービスでもっとお得に資産運用!
THEO Color Palette THEO Color Palette(テオカラーパレット)とは?手数料体系や適用条件について解説!
THEO積立投資 THEO(テオ)積立投資とは?メリット・デメリットや設定方法を解説!
比較 ロボアドバイザー(AI投資)とは?メリット、デメリット、評判、口コミを徹底解説!
【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較】おすすめ業者をランキング形式で紹介!
ウェルスナビ(WealthNavi)とTHEO(テオ)を徹底比較!
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

bitpointレクタングルバナー

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!

関連キーワード
  • ウェルスナビとテオの比較
    ウェルスナビ(WealthNavi)とTHEO(テオ)を徹底比較!
  • ウェルスナビの他社連携サービス
    ウェルスナビ(WealthNavi)の他社提携サービスでもっとお得に資産運用!
  • ウェルスナビの各種手数料と入金方法
    ウェルスナビ(WealthNavi)の手数料と入金方法について徹底解説!
  • マメタスとは?仕組みやメリット・デメリット、評判について解説
    ウェルスナビが提供するマメタスとは?仕組みやメリット・デメリット、評判について解説!
  • ウェルスナビアイキャッチ
    ウェルスナビ(WealthNavi)の評判、口コミ、メリット・デメリットを徹底解説!
  • ウェルスナビアイキャッチ
    ウェルスナビ(WealthNavi)の口座開設、登録方法を解説!【5分で分かる】
おすすめの記事