公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ヒップホップグループCOINOTAKUとは?

COINOTAKUとは、コインオタク伊藤、ビットコイン高橋、YAMATOの3人で構成されるヒップホップグループです。

この3人は、2017年、仮想通貨メディアを運営するために集まった3人で、経営方針は「ユーザーのためになることを全力で」行動指針は「面白いかどうか」。

元々音楽活動をしていたビットコイン高橋氏を中心に楽曲制作は行われています。

一時ブームとなったアーティストの仮想通貨への言及

2017年仮想通貨バブルが訪れ、音楽業界を中心に、アーティストや芸能人の仮想通貨への言及・イベント出演・プロジェクトへの参加が散見しました。

以下代表的なものを紹介します。

Gackt(ガクト)

仮想通貨プロジェクトのスピンドル(Spindle)には、国内でも有名なミュージシャンであるGackt(ガクト)氏が、広告塔しての役割だけでなく、本名である「大城ガクト」名にて、アジア戦略コンサルタントとして参画、ICOの際、220億円の資金調達に貢献しました。

エミネム

2018年8月にリリースされたアルバム『Kamikaze』に収録されている「Not Alike」の中で『今じゃみんなビットコインをやっている』と触れています。

Zhang Zhang(ジャンジャン)

中国のアーティスト。ジャンジャン氏がビットコインをテーマにした楽曲『We Are All Bitcoins』をリリースしたのは2013年頃で、まだ世界的にビットコイン及び仮想通貨が注目される以前のことでした。


仮想通貨ミュージシャンの先駆けとなる楽曲であり、その後の仮想通貨バブルの時期、ジャンジャン氏は中国の富裕層から誘われるイベントに引っ張りだこだったとの噂があります。

ヒップホップグループCOINOTAKUのメンバー

ヒップホップグループCOINOTAKUは3人のシンガー(ラッパー)で構成されています。

コインオタク伊藤

ヒップホップグループCOINOTAKUのリーダー。
暗号資産評論家としても知られ、日本のみならず、シンガポール,マレーシア,韓国,中国など、世界中にネットワークを持っています。

過去にはバイナンスCEOのCZ氏や、TRONCEOのジャスティンサン氏などとも対談をしています。

バイナンスCZ氏とコインオタク伊藤氏

難しい仮想通貨・ブロックチェーンをあらゆる層のユーザーにもわかりやすく伝える伊藤氏のトーク力は広く知られており、今までにも数々テレビをはじめとするメディアへ出演しています。

ビットコイン高橋

ビットコイン高橋氏

元々ラッパーとして音楽活動をしていた高橋氏。知人の紹介で伊藤氏と知り合い、コインオタク起ち上げへ参画。

音楽業界のネットワークが広く、COINOTAKUのメジャーデビューは高橋氏が握っている模様です。

YAMATO

YAMATO氏

英語が堪能で(中国語も?)、海外戦略はYAMATO氏を中心に展開されているようです。

楽曲内では主にハイトーン部分を担当しています。

代表曲「もっと来い!ビットコイン」


COINOTAKUの代表曲「もっと来い!ビットコイン」仮想通貨を理解するためのキーワードがちりばめられており、ライトユーザーには、仮想通貨を知る一歩となり、今までの仮想通貨業界の背景がわかるコアユーザーにも楽しめるものとなっています。

「全くもらえる気配ないビットコインゴールド」

曲中には2017年に起きたビットコインなどのハードフォークラッシュについて言及されており、この頃を経験したユーザーにはなつかしさを覚えるブリッジ部分となっています。

ビットコインキャッシュから始まりクラッシュ
したコインがフラッシュバックする
楽する稼ぎ方 ハードフォークラッシュ
分裂する8つのコイン
そんな強引に分かれて誰得?俺得?(いやいや辞めとけ)
全く もらえる気配ないビットコインゴールド
どこにあるの? 期待させるアプリ
(ここにあるよ)期待外れサムシング
(ここにあるよ)嫌いになるハプニング
(ここにあるよ)コインチェックジャグリング
It is like casting pearls before swine
それじゃつらい 俺もcry 本来
の主の元へ 早く頂戴

当時コインチェックを利用していたユーザーは非常に多く、アプリにビットコインゴールド(BTG)が表示されたが付与されず、期待だけさせられて、いまだに付与されていない状況です。

バイナンスなどの取引所では当時、即時付与されており、コインチェックなどでの付与はいつになるのでしょうか…?

アルバム「コインオタク~仮想通貨教団~」をリリース

2018年10月3日、COINOTAKUは満を持してファーストアルバム「コインオタク~仮想通貨教団~」をリリースしました。

そして11月7日(水)からは全国のCDショップなどで販売がスタートしています。

タワーレコードでも取り扱いがあることが報告されています。

Youtube premiumやamazon prime musicでも配信されていますので、買うほどでも無いという方は一度検索してみましょう。

収録曲は11曲(10曲)

アルバム「コインオタク~仮想通貨教団~」の収録曲は以下の通りとなっています。

1. Always on the Golden Cross feat. MAIAM
2. OKURIBITO
3. Amateur Minning Girl
4. Time Crossing feat. Revival Stance
5. もっと来い!ビットコイン
6. Crypto Dragon feat. Key.i.m from Revival Stance
7. 伊藤健次
8. We Are All Bitcoin ~COINOTAKU ver.~ feat. Zhang Zhang
9. Amateur Minning Girl (Acoustic Version)
10. 分散型台帳
11. ライオン


ダイジェストがYoutubeで公開されています。購入を検討されている方は一度聞いてみることをおすすめします。

7曲目「伊藤健次」は曲ではない??

メディアなどでコインオタク伊藤氏を知り、どんな人間なのか、と思い、この曲を聴いてみると、(いい意味で)裏切られます。

伊藤氏をテーマにした曲かと思いきや、伊藤氏のセミナーを聴いているかのような感覚になります。

この曲の内容は、他のメンバーもスタジオ収録時まで知らされておらず、突然始まった伊藤氏のギャグかと思い、以下のやり取りがされたようです。

 

他メンバー「再収録しますかwww?」
伊藤氏「一発OK!ばっちりです!」
他メンバー「???!!」

 

仮想通貨業界で、今や有名人となったコインオタク伊藤氏ですが、経営方針の「ユーザーのためになることを全力で」にのっとり、今現在も日本各地方での仮想通貨の啓蒙活動をしているようです。

近日、沖縄で初のコインオタクセミナー(ミートアップ)が開催される模様です。
伊藤節を聞いてみたい沖縄の方は是非足を運んでみてください。

当日ライブが開催されるかは不明ですが、【ユーザーからの要望が多ければ】そこがライブ会場になる可能性もあります。
https://twitter.com/BTCtakahashi/status/1136228409736962051?s=20

COINOTAKUの曲で覚える仮想通貨用語

アーティストCOINOTAKUの楽曲は、ヒップホップらしく、歌詞に様々な含みを持たせています。その裏側にある意味も考えながら聴くと2倍楽しめます。

また、初心者がまず抑えるべき仮想通貨用語も随所にちりばめられ、仮想通貨に興味を持ち始めた方は、まず以下のキーワードを覚えることで、仮想通貨のより深い理解が得られるかと思われます。

ガチホ

ガチホ」とは「ガッチリホールド」「真剣に(ガチ)ホールド」などの意味を持ち、数ある仮想通貨の中から自分が「これぞ!」と将来性を見込んだ銘柄を決め購入し、一度購入した仮想通貨は何があっても握り(ホールド)し続けることを指します。

ファンダメンタルズ

「Always on the Golden Cross」にて言及しています。
そのプロジェクトが発表した、主に好材料の時によく使われます。ファンダとも言います。
例)Qtum(クアンタム)がAmazon Web Serviceの中国部門とパートナーシップを提携!

イナゴ

上記のファンダメンタルにより、一時的に急騰した銘柄に我先と集まってくるユーザーのことです。
株のようにストップ高が設定されていない、仮想通貨の名物でもあります。

レバレッジ

手元の資金(取引保証金)を担保として、何倍もの金額の取引ができることです。
例えば、10万円の取引保証金で、10倍のレバレッジをかければ、100倍の取引が可能となります。しかしこれにはリスクもつきものです。

追証(おいしょう)

レバレッジ取引において、取引保証金を下回る損失が出た場合、取引所に対して返済義務を追うことです。

曲中で伊藤氏が「レバレッジなんかかけてたら追証」とも触れているように、無計画なレバレッジは自身の首をしめることにもなりますので、初心者は手を出さないことが賢明です。

また、取引所選定の際、「追証無し」の取引所を選択することも一つです。

仮想通貨取引の醍醐味はボラティリティの高さでもあります。当サイトがおススメする仮想通貨FXが可能な取引所は、ボラティリティの高さを活かし、大きな収益を得ることができる、レバレッジ倍率最大100倍で追証なしのBitMEXです。

ボラティリティ

ボラティリティとは、「資産価値の変動」のことです。ビットコインだけではなく、仮想通貨全体に言えることですが、株やFXなど他の金融商品と比べて、非常にボラティリティが高く、価格の変動が激しすぎるため、急激な価格の下落によって大きな損失を出す可能性が高いと言えます。
逆に、テクニカルやファンダメンタルズを駆使し、波に乗れた際は大きな収益を上げることも可能です。

フィンテック

フィンテックとは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語であり、仮想通貨に限らず、インターネットやスマートフォン、AI、ビッグデータなどを活用した金融サービスが注目されています。

フィンテックには、ブロックチェーンや、分散型台帳技術が利用されることも多く、仮想通貨業界では頻繁に耳にするキーワードです。

分散型台帳

分散型台帳とは、中央管理する会社などがおらず、P2P(peer-to-peer)の技術でクライアント同士が監視しあう仕組みです。ブロックチェーンは分散型台帳であることが多く、単一の管理者が存在せず、取引データは分散して管理されています。

クライアント同士が直接繋がり管理し合うため、サーバーが1箇所停止しても全体に影響は出ません。

マイニング

コンピュータープログラムにより、新たな通貨を採掘すること。掘るという表現から、様々な場面で使われます。

COINOTAKUの楽曲『Amateur Minning Girl』にはどのような含みがあるのでしょうか?

ロジャーバー

ロジャー・バー氏は、ビットコイン情報サイトやマイニングプールなどを運営するBitcoin.comのCEOです。

ビットコイン会議の組織やビットコイン財団の5人の創設者の1人となりビットコインの普及を促しています。

彼の功績により、彼は「ビットコイン・ジーザス(ビットコインの神)」と呼ばれており、その発言は「ロジャー砲」と呼ばれるほど仮想通貨業界に大きな影響力を持っています。

ジハン・ウー

ジハン・ウー氏は、世界最大のマイニング企業であるBitmain社のCEOで、マイニング事業自体から利益を得ているだけでなく、ASICチップの開発や販売なども行っており、マイニングプールやクラウドマイニングといった仮想通貨マイニングの関連事業を幅広く手がけています。

ジョン・マカフィー

アメリカコンピュータセキュリティ会社McAfeeの創業者でもあるジョン・マカフィー氏は、2017年12月に「2000以上読んだホワイトペーパーの中から世界を変える可能性のある仮想通貨を紹介する」と立て続けにツイートを更新しました。
その直後、その通貨は急騰し、マカフィー砲と呼ばれるようになりました。

デジバイト(DGB/DigiByte)その通貨の一つです。

しかしその後、「仮想通貨のプロジェクトや製品の宣伝するツイートをする場合、1件につき10万5000ドルの金額の支払を要求する」とも発表し、影響力は薄くなってきています。

億り人

仮想通貨投資で1億円以上の利益を得た人は「億り人」と呼ばれています。億り人の傾向としては、古くから仮想通貨業界にかかわり、クローズドな情報を得て、市場の拡大とともにキャピタルゲインを得た人と、テクニカル分析を駆使し、時流に乗った人の2パターンが見られます。

マカフィー砲ほどの威力はありませんが、こういった億り人の発信する情報は、影響力があり、主にツイッターで多くのフォロワーを獲得しています。

楽曲「OKURIBITO」の中ではそういった億り人の人気を、ツイッターに「おはよう」と投稿するだけでいいねが100件集まると、面白く紹介しています。

ゴールデンクロス

「ゴールデンクロス」は価格が下落した後、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜ける現象を指しており、今から価格が上がるであろう”買いサイン”として知られています。

楽曲の中では、気分が上がる意味合いで使用されています。

ヒップホップグループCOINOTAKUの活動履歴

ヒップホップグループCOINOTAKUは様々な場所でライブ活動を行っています。

突発的にライブが開催されることもあり、ビジネスの場で「商談中にうるさい」などの声もささやかれることもありますが、総括して、仮想通貨を一般に広めるための手法として一定の市民権を得ていると言えます。

AKB48も出演したタイのジャパンエキスポにてライブ開催
https://twitter.com/_coin_otaku_/status/1089507359771115520?s=20

COINOTAKUが「仮想通貨」を「暗号資産」という呼び方で統一することを発表

金融庁が「仮想通貨」の呼び方を「暗号資産」と改める方針を決定したことを受け、2018年12月27日、COINOTAKUも「暗号資産」で統一することを発表しました。

それを受けて、仮想通貨メディアのCOINOTAKUで「仮想通貨」表記が全て「暗号資産」に置き換えられました。

代表曲「もっと来い!ビットコイン」のフック部分はどうなるのでしょうか?
そして「暗号資産」をテーマとした新曲はいつリリースされるのか?度々伊藤氏のライブ配信や、関係者の間でも話題となっています。

「暗号資産」への呼称の徹底は、楽曲の歌詞にも影響?

「暗号資産」への呼称の徹底は、楽曲の歌詞にも影響?

アーティストCOINOTAKUのメンバーサイン入りCDを抽選でプレゼント!

当サイトでは、当記事の執筆にあたり、アーティストCOINOTAKUへの承認を仰いだところ、コインオタク伊藤氏、ビットコイン高橋氏、YAMATO氏のサイン入りCDが事務所へ送られてきたため、抽選で読者様へプレゼントします。

プレゼント内容

  • サイン入りCD…5名様
  • リップル3000円分…3名様
  • amazonギフト券5000円分…1名様

応募方法

  1. コインメディアのツイッター(@coinmedia2018)をフォロー
  2. 該当のツイートをリツイート
  3. コインメディアのLine@へリツイートしたツイッターアカウントを報告

アカウント

・コインメディアツイッター
https://twitter.com/coinmedia2018

・コインメディアLine@
https://line.me/R/ti/p/%40791nlxlq

抽選方法

抽選はあたれらを利用します。

抽選日

6月24日(月)19時

仮想通貨メディアCOINOTAKU

なおCOINOTAKUは仮想通貨メディアもやっています。

これからが期待されるアーティストCOINOTAKUの活動最新情報も以下のサイトで確認ができます。

COINOTAKU公式サイト

(各ICOプロジェクトの動向や世界の情報も発信しています)

https://coin-otaku.com/
COINOTAKU公式Line@

(業界の最新動向もリアルタイムで発信しています)

http://line.me/ti/p/%40eae0487b
COINOTAKU公式ツイッター

(伊藤氏のツイッターLiveはこちらで視聴できます)

https://twitter.com/_coin_otaku_

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事