公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



みずほ銀行が「デジタル通貨」を発行

日本経済新聞によると、日本のメガバンクの1つであるみずほ銀行は2019年の3月より独自の「デジタル通貨」を発行することを発表しました。みずほ銀行は昨年すでにデジタル通貨の「Jコイン構想」について公表していましたが、通貨の名前はまだ決定していません。この構想には全国の地銀約60行が参加する見込みです。

 

日本経済新聞ではみずほ銀行の狙いとして「年間8兆円ともされる日本の現金管理コストの削減」を挙げています。予定通り3月に発行された場合はメガバンクで初のデジタル通貨となります。

みずほ銀行の「デジタル通貨」の特徴

Jコインは、利用者がアプリをダウンロードすることでQRコード決済を行うことができるようになる通貨です。また通貨価値は1通貨単位=1円に固定するため、相場には変動がありません。

 

この2点を見ると、従来の電子マネーに近い通貨と言えますが、Jコインはブロックチェーン技術を使った通貨であり、送金コストは低くなるようです。また、利用者のみならず、加盟店の手数料もクレジットカード等を大幅に下回る水準にするとのことです。

みずほの銀行の「デジタル通貨」とリップルとの関係

みずほ銀行は国際送金の分野でリップル(XRP)社と提携しています。Jコインの発行に伴い、みずほ銀行はリップルとJコインをどのように区別して扱っていくのかについてはまだ公式の発表等がなく、今後の動きが注目されます。

 

リップルは世界でも多くの銀行と提携が進んでおり、その価値が評価されています。世界の銀行とリップルの提携について詳しく知りたい方は【リップル社幹部が「複数の銀行がxRapidを採用予定」と発言!XRPが20%高騰!】の記事を参考にしてください。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしてください。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事