公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



Qtum(クアンタム)がAmazon Web Serviceとパートナーシップを提携!

Amazon Web Service(AWS)の中国部門が、パブリックブロックチェーンプロジェクトであるQtum(クアンタム)とパートナーシップを提携したことが明らかになりました。

 

Qtumは時価総額29位の仮想通貨で、今回の提携は企業や開発者向けに対して、サービスとしてのブロックチェーンのソリューションの開発をすることが目的であるとされています。

 

Qtumチームのプレスリリースによると、今回のパートナーシップによって、AWSユーザーはAmazonマシーンイメージを活用して、素早く、効率的に、そして費用対効果が高い形で、スマートコントラクトの開発や立ち上げを行うことが可能になります。

 

具体的には、QtumとAWSは、顧客からの要望が多いユースケースについてフィードバックを受け、ソフトウェア開発リソースを自身で持っていないクライアントに対して、ガイダンスを提供します。

 

Qtumの最高情報責任者であるMike Palencia氏は以下のように述べています。

 

「私たちはAmazonと協力して、様々な顧客に連絡を取る予定です。私たちはユースケースを検討していますが、最もベストな方法はそういったユースケースを持つ企業と連絡を取ることです。一部のクライアントは、独自のアイディアや開発者を持っており、私たちからより多くのサポートを受け、直接話したいと思っています。」

 

また、AWS中国部門の地域事業開発責任者であるSimon Wang氏は、Emailで以下のように述べ、今回のパートナシップの確認を行いました。

 

「Qtumは、AWSの技術パートナーで、パートナーネットワークメンバーの1社です。」

 

今回AWS中国との提携が発表されたQtumは、「創業者が元アリババの主要メンバーであること」や「トークン破壊プロセス」などで注目が集まっています。

 

Qtumについてさらに詳しく知りたい方は、【Qtum(クアンタム)とは?仕組みや特徴、将来性や今後の価格を徹底解説】を参考にしてください。

 

 Qtum Blockchain Becomes Amazon Web Services Partner in China
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事