Qtum(クアンタム)がAmazon Web Serviceの中国部門とパートナーシップを提携!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Qtum(クアンタム)がAmazon Web Serviceとパートナーシップを提携!

Amazon Web Service(AWS)の中国部門が、パブリックブロックチェーンプロジェクトであるQtum(クアンタム)とパートナーシップを提携したことが明らかになりました。

 

Qtumは時価総額29位の仮想通貨で、今回の提携は企業や開発者向けに対して、サービスとしてのブロックチェーンのソリューションの開発をすることが目的であるとされています。

 

Qtumチームのプレスリリースによると、今回のパートナーシップによって、AWSユーザーはAmazonマシーンイメージを活用して、素早く、効率的に、そして費用対効果が高い形で、スマートコントラクトの開発や立ち上げを行うことが可能になります。

 

具体的には、QtumとAWSは、顧客からの要望が多いユースケースについてフィードバックを受け、ソフトウェア開発リソースを自身で持っていないクライアントに対して、ガイダンスを提供します。

 

Qtumの最高情報責任者であるMike Palencia氏は以下のように述べています。

 

「私たちはAmazonと協力して、様々な顧客に連絡を取る予定です。私たちはユースケースを検討していますが、最もベストな方法はそういったユースケースを持つ企業と連絡を取ることです。一部のクライアントは、独自のアイディアや開発者を持っており、私たちからより多くのサポートを受け、直接話したいと思っています。」

 

また、AWS中国部門の地域事業開発責任者であるSimon Wang氏は、Emailで以下のように述べ、今回のパートナシップの確認を行いました。

 

「Qtumは、AWSの技術パートナーで、パートナーネットワークメンバーの1社です。」

 

今回AWS中国との提携が発表されたQtumは、「創業者が元アリババの主要メンバーであること」や「トークン破壊プロセス」などで注目が集まっています。

 

Qtumについてさらに詳しく知りたい方は、【Qtum(クアンタム)とは?仕組みや特徴、将来性や今後の価格を徹底解説】を参考にしてください。

 

 Qtum Blockchain Becomes Amazon Web Services Partner in China
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事