ジハン・ウーとは?ツイッターでの発言やビットコインキャッシュとの関わりを解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ジハン・ウー氏とは?経歴や年齢

ジハン・ウーとは、世界最大のマイニング企業であるBitmain社の社長で、仮想通貨業界で最も影響力のある人物として選ばれたことでも知られています。

 

ジハン・ウー氏は中国出身で2009年に北京大学を卒業していますが、年齢や資産は不詳のままです。大学では一定期間に複数の学位を取得できる履修形態である「ダブル・ディグリー」によって、心理学と経済学を学んでいて、経済学では金融を専攻し、貨幣システムの歴史について学んでいたとの情報があります。

 

大学卒業後はアグレッシブな投資を行うベンチャーキャピタルに在籍し、2011年、ビットコインと出会います。これにより、ビットコインに革新性や将来性を知ると、友人とともに「8Btc」というビットコイン情報を中心とした交流プラットフォームを創立しました。

 

同年、ビットコインプロトコルと、「Bitcoin Core」と呼ばれるリファレンス実装をつくった人物とされるサトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した「ブロックチェーンを用いたビットコイン」という構想論文の中国語への翻訳を手がけました。

ジハン・ウー氏が手掛ける事業

Bitmain社を共同設立

2013年、ジハン・ウー氏はマイクリー・チャン氏とともに、ビットコインのマイニング関係の企業である、「Bitmain社」を共同で設立します。Bitmain社は本社を北京に置き、アムステルダムや香港、テルアビブ、青島、成都、深圳に支社を持っています。

 

主にビットコインのマイニング(採掘)を行っていて、マイニングにおける計算回数であるハッシュレートは世界シェアの約40%を占めています。また、マイニング事業自体から利益を得ているだけでなく、ASICチップの開発や販売なども行っており、マイニングプールやクラウドマイニングといった仮想通貨マイニングの関連事業を幅広く手がけています。

 

このほか、Bitmain社ではビットコインのみならず、イーサリアムダッシュビットコインキャッシュといった仮想通貨のマイニングも行っています。特に近年ではシステムの最適化を目的として、マイニングと人工知能を組み合わせるといった最新技術への取り組みがなされていて、Bitmain社の最新技術への期待が高まっています。

Antpool、BTC.comを運営

ジハン・ウー氏はBitmain社のほかに世界最大のマイニングプールである「Antpool」や「BTC.com」の運営も行っています。 マイニングプールとは、協力して作業を行うことにより、マイニングに成功したら報酬を分け合うグループを指します。

 

また、かつては同じように大手マイニングプールであったViaBTCの運営もジハン・ウー氏によって行われていました。ただし、このViaBTCは2018年1月にマイニングの契約市場を廃止すると発表しています。これには中国政府の規制が影響しているといわれています。

ジハン・ウー氏が関わる仮想通貨

2017年、ビットコインは分裂し、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しましたが、この分裂にもジハン・ウー氏は大きく関わっています。 このことからもわかるように、ジハン・ウー氏は大手マイニングプール経営者としてだけではなく、仮想通貨の世界において絶大な影響力を持っています。

ビットコインキャッシュ(BCH)との関わり

ビットコインキャッシュ

2016年、ジハン・ウー氏は自身が運営しているマイニングプールで、スケーラビリティ問題を解決するひとつの方法である「SegWit」と呼ばれる技術において、香港と合意し、署名を行いました。

 

これにより、ビットコインからフォークしてビットコイン・アンリミテッドが誕生することを推進し、さらに2017年、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)と呼ばれる新たな仮想通貨が誕生することとなりました。

 

ビットコインキャッシュはジハン・ウー氏の運営するAntpoolでもマイニングが行われるなど、同氏と密接な関わりがあることが明らかになっていますが、Antpoolといった大手のマイニングプールが関係していることで、今後のハッシュレートにも大きな期待が寄せられています。

 

ビットコインキャッシュについてさらに詳しく知りたい方は、【ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴と仕組みを徹底解説】を参考にしていただければと思います。

TRON(トロン/TRN)との関わり

TRON

TRONとは、動画をはじめとした様々なコンテンツを自由に投稿できるプラットフォームで、クリエイターを支援するための仮想通貨になります。具体的にはコンテンツの作成にはじまり、報酬が支払われるまでトータルでサポートが可能になる動画投稿プラットフォームと考えると分かりやすいでしょう。

 

そして、このTRONにもジハン・ウー氏が関わっており、TRONのICOの際に同氏が関わっていることが明らかになっていたため、TRONは開始30秒で売り切れてしまいました。

 

TRONについてさらに詳しく知りたい方は、【TRON(トロン/TRX)とは?仕組みや特徴、将来性や今後の価格を徹底解説】を参考にしてください。

ジハン・ウー氏のツイッターによる発言

ここまでみてみると、ジハン・ウー氏は仮想通貨の世界で大きな影響力を持っていることがわかりますが、その発言の多くはTwitterによって発信されています。

 

たとえば、2017年10月に、「ナカモトサトシの本当の概念を引き継ぐ仮想通貨はビットコインキャッシュだ」とつぶやくと、ビットコインキャッシュの価格は上昇しています。この他にもジハン・ウー氏の様々なツイートによって相場は敏感に反応しており、彼の影響力の大きさをうかがわせます。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事