• 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • プレゼントキャンペーン プレゼントキャンペーン
    プレゼントキャンペーン第一弾開催!総額約10万円分のビットコインが当たる!
    2018年9月18日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
ビットコインFXアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

ビットコインFXとは?

ビットコインFXとは、レバレッジをかけて、手元資金以上の大きな金額の取引ができる取引のことで、現物取引とは異なり、「差金決済」であるという特徴があります。

 

「差金決済」とは、現物のやり取りは一切行わず、損益のみのやり取りが行われる決済方法のことになります。現物取引の場合は、買い注文が成立すると、実際にビットコインを保有することになりますが、ビットコインFXの場合、買い注文が成立しても、ビットコインを手元に保有する訳ではありません。

ビットコインFXと現物取引の違い

例えば、60万円のときに買い注文を出し、その後、80万で売り注文を出したときは、20万円の利益が出ることになりますが、この利益の20万円のみを受け取ることになります。

 

逆に60万円のときに買い注文を出し、その後、40万円で売り注文を出した場合、20万円損失が出ることになるのですが、この損失の20万円のみを支払うことになります。

 

また、ビットコインFX以外にも、レバレッジ取引には、他の人からお金を借りて取引を行うため、返済期限がある「信用取引」や、特定の期日(限月)に売買を約束する「先物取引」があります。

 

ビットコインFXで抑えておきたい用語

ビットコインFXを始める上で、必ず理解しておきたい用語がいくつかありますので、順に紹介していきます。

ポジション

ビットコインFXでは、「新規注文」と「決済注文」がセットで行われ、2つの注文は必ず逆方向の注文でなくてはなりません。

①新規注文で「買い注文」を出した場合、「決済注文」では売り注文を出す
②新規注文で「売り注文」を出した場合、「決済注文」では買い注文を出す

新規注文が約定(成立)し、決済注文が行われるまでの、形式上は仮想通貨を保持している状態(実際は差金決済のため保持していない)のことを「ポジション(建玉)」と呼び、以下の2種類があります。

 

項目 説明
ロングポジション ・新規注文が「買い注文」

・価格が上がれば利益を出すことができる

ショートポジション ・新規注文が「売り注文」

・価格が下がれば利益を出すことができる

 

新規注文で、買い注文をしたときに持つポジションのことを「ロングポジション」と言い、売り注文をしたときに持つポジションことを「ショートポジション」と呼びます。

 

スワップポイント

スワップポイントとは、ポジションを持っている場合、一定期間ごとに発生する金利のことです。例えば、ビットフライヤーの場合、ポジションを持った状態で日をまたいだ場合、0.04%のスワップポイントが発生します。

 

スワップポイントは、1日ごとに発生するため、例えば5日間ポジションを持ち続けた場合は、0.2%(0.04%×5)の金利の支払いが発生することになります。

ビットコインFXのメリット

下落相場でも利益を出すことができる

2018年に入り、ビットコインを始めとする仮想通貨価格の下落が続いています。特に2017年後半は何もせずに、ただ仮想通貨を持っておけば儲かる時期がありましたが、2018年前半はガチホでは損をし続ける市況になっています。

 

一方、ビットコインFXは、新規注文で売り注文を選択することができるため、価格が下がった場合でも利益を出すことができるというメリットがあります。実際に下落相場でも大きく利益を出している人がいます。

 

少ない手元資金でも、大きな利益を出すチャンスがある

ビットコインFXは手元資金を元手としてレバレッジをかけることができるため、少ない資金でも大きな利益を出すチャンスがあります。

 

最大レバレッジ倍率は、取引所によって異なっていますが、国内取引所ではBITPointQUOINEXみんなのビットコインの25倍が最大になっていますが、海外取引所のBitMEXでは、最大倍率が100倍、CryptoGT(クリプトジーティ)では200倍になっています。

 

レバレッジ倍率100倍の場合、手元資金が1万円しかなくても、100万円の取引をすることができるため、大きな利益を出すチャンスも大きくなると言えます。(※レバレッジが高くなれば高くなるほど、リスクも当然高くなりますので、特に初心者の方は、ハイレバレッジを避けることをおすすめします。)

ビットコインFXのデメリット

現物取引と比較して、リスクが高い

ビットコインFXは、大きな利益を出すことができる可能性がある一方、大きな損失を出す可能性も現物取引と比較して高くなっています。

 

現在保有しているポジションを決済するタイミングは、通常は自分で選ぶことができますが、含み損が一定以上に達すると、追証と呼ばれる追加入金が必要になり、さらに含み損が拡大すると、「強制ロスカット」されてしまい、損失が確定してしまう場合があります。

 

強制ロスカットの基準は、「証拠金維持率」によって各取引所で決められていますが、例えば証拠金維持率75%でロスカットになる場合の例は、以下のようになっています。

仮定:証拠金10万円で、レバレッジ倍率10倍(すなわち100万円分)で、ビットコインの価格が上がると予想し、ロング(買い)ポジションを保有
ケース1:予想が外れてビットコインの価格が100万円から98万円に下落し、含み損が2万円発生
→証拠金維持率は80%なので、この時点ではロスカットされない
ケース2:さらに下落が続き、ビットコインの価格が96万円まで下落
→証拠金維持率が75%を下回るため、強制ロスカットされる
ケース3:ロスカットが何らかの理由(サーバーエラー時や、相場の乱高下時など)で発生せず、さらにビットコイン価格が85万まで下落
→損失(15万)が証拠金(10万)を上回るため、借金が発生

 

強制ロスカットは、損切ができず、いたずらに含み損を増やすのを防ぎ、投資家が借金を背負うのを防ぐための制度ですが、ケース3のように強制ロスカットが発動せずに、証拠金以上の損失が発生した場合、借金を背負ってしまうケースがあります。

ビットコインFXのやり方

ビットコインFXは、以下のような手順で行います。

①チャートを見て、価格が上がるか、下がるかの予測を立てる
②新規注文を行い、ポジションを行う
③決済注文を行い、利確もしくは損切を行う

 

ここではGMOコインを例に具体的なビットコインFXの手順を紹介していきます。また、GMOコイン以外に、ビットコインFXにおすすめな取引所を知りたい人は、「仮想通貨・ビットコインFXの取引所を比較!【レバレッジ最大倍率・追証】」を参考にしてください

GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。

 

まずはGMOコインにログインし、「仮想通貨FX」をクリックし、「通貨ペア」と「レバレッジ倍率」の選択を行います。レバレッジ倍率は5倍もしくは10倍から選択することができます。

GMOコインビットコインFX01

次に注文タイプを選択します。GMOコインは、以下の5つの注文タイプがあります。

 

項目 説明
成行 ・「価格」を指定せずに「数量」のみを指定する
指値 ・「価格」と「数量」どちらも指定する
IFD ・新規注文と同時に決済注文を出す

・新規注文を出す際に、あらかじめ利確ラインもしくは損切ラインを決めておくという使い方ができる

OCO ・指値注文と逆指値注文を同時に出すことができる

・片方が約定した場合、もう片方の注文は取り消される

・損切ラインと利確ラインの両方を設定したいときに使用する

IFD-OCO ・IFD注文とOCO注文を組み合わせたもの

・新規注文と同時に決済注文を出し、なおかつ、決済注文で「指値注文」と「逆指値注文」の両方を出すことができる

 

今回は成行注文の場合を例に紹介していきます。注文タイプを「成行」を選択し、売り注文もしくは、買い注文を選択、「取引数量」と「許容スリッページ」を入力し、「確認画面へ」をクリックします。

 

※成行注文の場合、スリッページが発生し、表示されている価格よりも不利なレートで約定されることがあります。そのため、許容するスリッページを入力しておくことをおすすめします。

GMOコインビットコインFX02

 

GMOコインは、スマホアプリ「ビットレ君」でも、簡単にビットコインFXができます。ビットレ君の使い方は、【GMOコインのアプリ「ビットレ君」の使い方を分かりやすく解説!】を参考にしてください。

 

GMOコインLP
GMOコインのアプリ「ビットレ君」の使い方を分かりやすく解説!
GMOコインのアプリ、「ビットレ君」とは? GMOコインでは、「ビットレ君」というビットコインFX専用のスマホアプリを提供してます。ビットレ君は、チャート機能が豊富で使いやすく、ビ...
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

ビットコインの関連記事
  • ビットコインETFアイキャッチ
    ビットコインETFとは?上場承認はいつになるのかを分かりやすく解説!
  • 仮想通貨
    ビットコイン・仮想通貨を稼ぐ方法!リスク・リターン別5選を徹底解説!
  • ビットコインFXアイキャッチ
    ビットコインFXとは?やり方やメリット、デメリットを徹底解説!
  • ビットコイン・仮想通貨投資のリスクと回避方法の画像
    【ビットコイン・仮想通貨投資のリスク】6つ危険性と回避方法を徹底解説!
  • ビットコイン(BTC)を日本円に換金する方法
    ビットコイン(BTC/Bitcoin)を日本円に換金する方法を徹底解説!
  • ビットコイン(BTC)の買い方と売り方の画像
    ビットコインの買い方(購入方法)と売り方を徹底解説!
おすすめの記事