公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在対象者全員に2,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



JVCEAが仮想通貨レバレッジ取引の上限を4倍に自主規制へ

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は7月24日に、「仮想通貨レバレッジ取引の上限を4倍に制限する」という自主規制ルールを制定する意向であることが報道されました。

 

レバレッジ取引とは、「証拠金取引」と言われる仕組みで、投資家が担保資金(証拠金)の数倍の金額で取引を行なうことが出来ます。現在、レバレッジ取引の倍率上限に特にルールは設定されておらず、無制限となっています。

 

国内取引所ではビットフライヤー(bitFlyer)が15倍というレバレッジ取引の倍率を設定していますが、海外ではレバレッジ100倍で仮想通貨レバレッジ取引が出来るbitMEX(ビットメックス)やレバレッジ200倍で取引可能なCryptoGT(クリプトジーティ/CryptoCM)なども存在しています。

 

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、こうした状況の仮想通貨レバレッジ取引に4倍という上限設定を行なう自主規制を制定する方向で動いています。4倍の上限設定の狙いは「投資家保護」で、価格変動が激しい仮想通貨において、高いレバレッジ倍率は投資家が多額の損失を被る可能性があるため、上限設定を行なうことで、被害額を抑える意図があります。

 

今後、JVCEAに参加している交換業者と調整を行い、自主ルール策定から1年以内にレバレッジ倍率を4倍以内に下げるルールを統一します。移行期間に関しては、経過措置が講じられる予定です。

 

仮想通貨のレバレッジ取引でおすすめの仮想通貨取引所を知りたい方は、「仮想通貨・ビットコインFXの取引所を比較!【レバレッジ最大倍率・追証】」を参考にしてください。

 

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事