米国の仮想通貨を取り巻くネガティブな規制とポジティブな発言-OverbitInsights

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

米国の仮想通貨を取り巻く新たな規制

この市場が成長を続け成熟していく中で、非法定通貨に対して各国政府はどのように対応し規制していくのか、そして仮想通貨にどのように影響していくのか、は仮想通貨投資家にとっては最大の疑問の一つです。

 

今日のOverbitInsightsでは、特に米国で噂されている規制を中心に紹介します。まずは最近発表された米国下院の法案から。

 

STABLE Actとして知られるこの広範囲な提案は、現実の資産に固定されたコインであるステーブルコイン市場をターゲットにしています。18ページに及ぶこの法案には、これらのステーブルコインに対する様々な制限が盛り込まれており、仮想通貨コミュニティ全体の注目を集めています。

 

このいわゆるステーブル法が可決されると、連邦預金保険公社、銀行設立免許、連邦準備制度理事会の承認など、あらゆるステーブルコイン提供者に米国の銀行の完全なコンプライアンスが求められることになります。法案の作成者は、この法律は、サブプライム・レンディングや貧しい人々のための金融包摂の欠如など、仮想通貨の世界に入ってくる怪しげな銀行行為の拡散を防ぐことを目的としていると主張しています。

 

明示はされていませんが、多くの人はこの法案をFacebookのリブラ(2020/12/1「Diem」に改名)をターゲットとしたものと見ています。

 

しかし、この法案が大規模な巻き添え被害をもたらすことは明らかであり、DAI、テザー、USDCなどのステーブルコインに影響を与えるでしょう。

米国通貨監督庁会計監督官の仮想通貨に対するポジティブな発言

このネガティブな規制当局のニュースから、もう少し楽観的なニュースへと話題を移します。

 

先週、Coinbaseのブライアン・アームストロングCEOをはじめとする仮想通貨業界の多くの人が、トランプ政権退任によって急がれている規制反対の表明をしました。とりわけ、これらの噂されている規制は自己ホスト型ウォレットの概念を破壊し、取引所や他の事業体が取引所以外のウォレットを完全に追跡することを要求するというものでした。

 

しかし、これらの警告にもかかわらず、米国通貨監督庁(OCC,Office of the Comptroller of the Currency)会計監督官であるブライアン・ブルックス氏は、新しい仮想通貨規制が進行中であるが、"誰もビットコインを禁止するつもりはない "と述べています。

 

さらに加えて「これを正しく行うことに非常に重点を置いています。これを殺さないことに非常に重点を置いています。また、ビットコインや他の仮想通貨の背後にあるネットワークを開発することも、マネーロンダリングやテロ資金調達を防ぐことと同様に重要です」と述べました。

 

米国の仮想通貨規制について非常に多くの懸念があるため、米国通貨監督庁からのこのメッセージは非常に心強いものです。政府と仮想通貨の間の本質的な衝突はありますが、どちらの陣営にも常に両陣営の支持者がいることを覚えておくべきです。

2021年にS&P Dow Jones Indicesがクリプトカレンシーインデックスを発売

本日最後の話題として、仮想通貨に関するいくつかのポジティブニュースを見てみましょう。

 

12月3日(木)のロイター通信によると、金融データプロバイダーのS&P Global Inc.の一部門であるS&P Dow Jones Indicesは、取引可能なクリプトカレンシーインデックスを来年発売する計画を発表しました。

 

基礎となるデータには、ニューヨークに拠点を置く仮想通貨企業Lukkaのデータを使用し、トップ取引されている550以上のコインのデータを使用するとのことです。

 

両社は「この提供は始まりに過ぎない。トレーディングパートナーが独自のカスタマイズされたインデックスファンドを作成できるようになる」「より主流で信頼性の高い価格データがあれば、投資家が新しい資産クラスにアクセスしやすくなると期待している」と述べました。

 

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのイノベーションと戦略のグローバルヘッドであるピーター・ロフマン氏は、「仮想通貨のようなデジタル資産が急速に新興の資産クラスになりつつある今、独立した信頼性の高い、ユーザーフレンドリーなベンチマークが求められる時が来ている」と述べています。

 

このニュースは、ビットコインが史上最高値を数ポイント下回り続けている中、仮想通貨市場に参入する大手機関投資家の最新情報に過ぎません。より洗練されたツールを投資家に提供する機関投資家が増えるにつれ、ポール・チューダー・ジョーンズ、スタンリー・ドラッケンミラー、マイクロストラテジーのマイケル・セイラーなどの大規模な投資家が続々と登場しています。

 

このスペースは、わずか10年で数千億ドル規模に進化してきました。大きな飛躍ではありますが、これは投資の世界全体のほんの小さな断片にすぎません。 物事が成長し成熟し続けるにつれて、空間は間違いなく変化します。

 

Overbit.comでは、このような急速に成長するエコシステムの最新情報をお届けするために最善を尽くします。

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事