リップル社幹部が「複数の銀行がxRapidを採用予定」と発言!XRPが20%高騰!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル社幹部が複数の銀行がxRapidを採用予定と発言!XRPが20%高騰を見せる!

リップル社の幹部Sagar Sarbhai氏が、約1ヶ月のあいだに複数の銀行がxRapidを採用し、商業使用が開始される旨をCNBCのインタビューで発表しました。XRPを利用する「xRapid」に関するこのSarbhai氏の発言を受けて、リップル(XRP)の価格は20%ほど大きく高騰を見せました。



Sarbhai氏はリップル社の提供するXRPを利用しないリアルタイム決済サービス「xcurrent」がすでに120社以上の銀行に導入されている実績を挙げ、リップル社の次なる打ち手としてXRPを利用したリアルタイム決済サービス「xRapid」の展開に乗り出すことを述べました。

 

また、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏もxRapidについて「2018年内に金融機関がxRapidを採用することに大きな自信を持っている」と語っていることもあり、xRapidのプロジェクトが順調に進んでいることが伺えます。

 

2019年にはさらに世界中の大きな金融機関がxRapidを採用することも予想されます。xRapidはXRPを利用す仕組みを持っていることから、xRapidはXRP価格を大きく上昇させるトリガーになると言われています。

SWELL2018が10月1日から開催!

リップル社のイベント(swell2018)

また、10月1日〜10月2日は、サンフランシスコで「SWELL2018」が開催されます。今年のSWELLではビル・クリントン元大統領がゲストスピーカーとして登壇することが決まっているなど、リップルに関する大きなニュースが発表されることについても期待されます。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしてください。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事